ナナランド:【ライブレポート】TIF2019 3日目 ライブステージ@ SMILE GARDEN 『TIF2019最終日の最高のスタートとなった、ナナランドのエネルギー溢れる、熱量MAXのステージ』

ナナランド:【ライブレポート】TIF2019 3日目 ライブステージ@ SMILE GARDEN 『TIF2019最終日の最高のスタートとなった、ナナランドのエネルギー溢れる、熱量MAXのステージ』

魔法省の指示によって『ナナランド王国』に所属した魔法使いの大場はるか、小日向麻衣、峰島こまき、雪村花鈴、安藤ゆきね、笹原琴音、西嶋菜々子で構成されている7人組アイドルグループ「ナナランド」は、8/2、8/3、8/4に開催された世界最大規模のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL(通称:TIF)」に全日出演。毎回のステージで大きな盛り上がりを見せ、TIFというイベントを更に熱くさせていた。最終日となる8/4ではSMILE GARDENのスタートステージを務めた。今回は最終日の最高のスタートとなった、ナナランドの活気溢れるステージをレポートでお伝えする。

TIF2019最終日のSMILE GARDENステージのトップバッターとなったのは、ナナランド。既に日差しが強く、かなり灼熱の天候になっていたが、その暑さに負けないほど、エネルギー溢れるパフォーマンスを披露した。

7人のメンバーがゆっくりと登場すると、スタートでコールされたのはライブで盛り上がり必至のナンバー「冗談じゃないね」。タイトルコールから既に大きな完成が上がった。
勢いのあるナンバーに合わせてステップを踏みながらクラップしてターンしていく。そんな活気あるパフォーマンスに観客も大きくコールしていった。スタートでは大場はるかが煽った。体全体を使い、キレのあるダンスを魅せていき、全員が笑顔で魅力的なパフォーマンスを披露していた。観客も一緒に歌ったり、フリコピしたり、コールしたりスタートからエンジン全開。全員で拳を上げ、振っていく。「冗談じゃないね」という曲を通して会場が一つになっていくことが見てすぐに分かった。終盤では小日向麻衣→峰島こまき→大場はるか→笹原琴音と歌い継いでいく。そして峰島こまきが気持ち良さそうに笑顔で<世界は今日も回る>と大きく叫んだ。終盤では、ナナランドの名前通りに「ナーナーナーナ」と歌っていき、最後はメンバーがステージ中央に集まり、拳を中心で合わせ、ポーズを決めて終了した。スタートから高い盛り上がりを魅せた。

そして2曲目はロックなキラーチューン「走れ」をドロップ。結果としてこのロックなナンバーをナナランドの7人は迫力を付けながら力を込めてパフォーマンスしていく。クールな楽曲を表現するように拳を振り上げて歌い上げていく。観客に拳を振るように煽っていく姿もパワフルでクール。そしてサビでは力強くかつ勢いよく歌唱していった。サビ後では全員が大きくヘドバンしていった。それに合わせて観客は同様にヘドバン、大きくコール。この迫力、そして一体感は心を漲らせていく。それくらいパワーがあり、力を与えていくようなパフォーマンスだった。終盤では7人が肩を組みながら再度ヘドバン、そしてサークルになってターン、勢いよくジャンプ、ステージを駆け回るなどパワフルでクールな姿を魅せていった。最後はこのパフォーマンスに相応しく美しくクールなポーズを決め、このナンバーを終えた。

MCで全員の自己紹介を行い、告知を経て最終日SMILE GARDENトップバッターとしてのステージは最後1曲になった。

最後は「満月に遠吠え」。小日向麻衣の美しい歌声からこの楽曲はスタート。綺麗に腕を振ったり、歩き出すようなステップを踏んだりと活発なダンスを魅せていく。そして観客の盛り上がりを感じるように気持ち良さそうな表情で強く歌っていたのもすごく印象的だった。それだけでなく7人が中央に集まったり、フォーメーションを入れ替えたりと流動的なステージングを魅せ、非常に見応えのあるパフォーマンスだった。サビでは手を上に上げ、観客の盛り上げを引きつけるように手を振っていった。また<やってられない”わ”>という歌詞では”わ”を強調するように手で輪を作る。これを観客は真似して輪を作って、一体感を高め、更に盛り上がっていった。雪村花鈴がソロで美しくパフォーマンスしていく姿も印象的。そして最後まで7人のチームワークの良さ、観客の盛り上がり、大きな声援、勢いの良さ・・・全てが最高のステージとなっていた。最後まで大盛況の様子を見せ、SMILE GARDENトップバッターのステージは幕を閉じた。TIF2019最終日の最高のスタートをナナランドが作った。

TEXT:石山喜将
PHOTO:菊島明梨

【セットリスト】

1.冗談じゃないね
2.走れ
MC
3.満月に遠吠え