Ange☆Reve:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『夏の集大成となった、パワフルで魅力的なライブ』

/Ange☆Reve:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『夏の集大成となった、パワフルで魅力的なライブ』

Ange☆Reve:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『夏の集大成となった、パワフルで魅力的なライブ』

2018年8月25日、26日と今年も@JAMシリーズ最大規模のフェス「@JAM EXPO2018」が横浜アリーナにて開催された。今年も豪華出演陣と大勢の観客で大きな盛り上がりを見せた。セカイベでは@JAM EXPO2018の取材を行い、短期連載として取材したグループのライブレポートをお届けする。平成最後の夏、最後の大型アイドルフェスの様子を少しでも感じて頂けたらありがたい。

Ange=天使、Reve=夢というグループ名で“天使のようなアイドル”として活動しているAnge☆Reveは、8月26日の出演となった。今回は18:05〜から行われた「ブルーベリーステージ」の様子をお届けする。

普段と変わらず、天使が舞い降るにふさわしいキラキラとしたサウンドのOPSEが流れると観客から大きなクラップがされ、その後、大きく「Ange☆Reve〜!」とコールが起こった。そのコールを受け、メンバーはゆっくりとステージに登場した。今回の衣装はこの夏にお披露目した、爽やかな青とスカートの水玉、フリルが非常にキュートな衣装を身に纏っていた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

そしてすぐに1曲目「運命的%」を披露。乙女の恋心を忠実に表現した当ナンバーにぴったりのジャンプ、軽快なステップを早速魅せた。サビでは指を上に向け、くるくると回す特徴的なフリを行い、観客もフリコピで応え、会場が一つになっていくのが分かった。相乗効果でメンバーもどんどん楽しそうな表情を浮かべていた。松脇がクラップを煽り、さらに熱気が帯びていく。スタートから会場は美しい風景が広がっていた。まさに@JAMに舞い降りた天使と言ったところだろう。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

2曲目は、盛り上がり必至のナンバー「勇敢な恋のセレナーデ」を披露した。以前から評判のあるシンクロ率の高いダンスはこの日も健在。6人が非常にうまく連携を取り、ステージという空間を見事に使っていく。時に3:3になり、3人組がパフォーマンスする一方、他の3人は座り、それを交互に入れ替えていくダンスは非常に躍動感があった。赤の照明も相まって非常にクールにパフォーマンスしていく。
グループだけでなく、個人も非常に際立っていた。
佐々木璃花の歌で引っ張っていく姿、吉橋のアイドル性抜群の笑顔でのパフォーマンス、松脇の観客と一緒にノリノリで踊る姿、権田の手先まで美しく踊る姿、さいごうの安定感のあるパフォーマンス、水野の感情が入った歌唱…全てが非常に高い水準のパフォーマンスだ。そんな高いアビリティのあるパフォーマンスに負けないよう、観客も大きくコールを送っていた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

2曲の披露を終えると、MCヘと移った。
グループの紹介を終えると、「@JAM盛り上がっているかー?」観客に聞くと、大きな返事が。そして続けて「今年の夏のアイドルフェスがラストで、このステージがラストなので、夏に培ったパワーをここで全部、集大成として出していきたいと思います!」と高らかに宣言。結果としてその言葉通り、パワー溢れるパフォーマンスを行った。

MCを終えたあとは3曲目「堕天使の心モヨヲ」。この楽曲が発表されると会場から大きな歓声が湧いた。
こちらは「天使」ではなく「堕天使」としてパフォーマンスする、非常にクールなナンバーである。堕天使盤としてもリリースしており、この切り替えができるのはAnge☆Reveの魅力の一つである。
堕天使という言葉にマッチしたクールなパフォーマンスは非常に目を引かれた。キレのある腰使い、ターンを繰り返すフリ、キリッとした表情・・・。間奏では、個人それぞれに目がいってしまうような激しいダンスを披露。全てが楽曲にマッチしており、カッコ良い楽曲もできるAnge☆Reveは改めて素晴らしいと思った。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

熱気が漂うブルーベリーステージで、最後にAnge☆Reveが披露したのは、ライブの定番曲にもなっているアンセム「Colorful」である。表題にぴったりなカラフルな照明の中で踊る姿は非常に美しく、ステージ映えしていた。最後の最後まで、パワフルで気合いの入ったステージで、観客を魅了。そして観客も負けないようにずっとコールを送っていた。
そして惜しまれつつ、Ange☆Reveのステージは終了した。

この夏最後のアイドルフェスにふさわしいステージを魅せたAnge☆Reveは今後も素晴らしいライブを魅せてくれることだろう。ファンにとっては良い夏の思い出となったに違いない。

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:名和 洋助

【セットリスト】

1.運命的%
2.勇敢な恋のセレナーデ
MC
3.堕天使の心モヨヲ
4.Colorful

2018-08-29T21:57:50+09:002018年 8月 29日|Categories: Ange☆Reve, ライブ・イベント情報|