天晴れ!原宿:【ライブレポート】TIF2019 ライブステージ@ HOT STAGE『念願のメインステージに登場した、天晴れ!な熱狂空間』

天晴れ!原宿:【ライブレポート】TIF2019 ライブステージ@ HOT STAGE『念願のメインステージに登場した、天晴れ!な熱狂空間』

「原宿」のように「天晴れ!」なKAWAIIカルチャーを創造し、世界に発信していくために
結成された、朝比奈れい、成実みく、藤宮めい、永堀ゆめ、七瀬れあ、工藤のか、藍井すずの7人組アイドルグループ「天晴れ!原宿」は、8/2、8/3、8/4に行われた世界最大規模のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL(通称:TIF)』に全日出演。天晴れ!原宿も大いにTIFを盛り上げた。また今回のTIFでは出演4回目にして念願だったHOT STAGE(Zepp DiverCity(TOKYO))に立つことができた。存分に攻め、熱狂的な空間を作った天晴れ!原宿のTIFメインステージの様子をレポートしていく。

念願のメインステージが始まる。天晴れ!原宿はTIF出演4回目だ。この4年目には天晴れ!原宿の勢いを象徴するかのようにメインステージでライブすることになった。

TIFはそれまで数多くのアイドルがライブを行い、大盛況を見せていた。そして高い熱量があったHOT STAGEで、天晴れ!原宿が更にボルテージを上げていった。

まずは天晴れ!原宿のOPSEが会場に鳴り響いた。”天晴れ!”と囁く音声と電子音の強いサウンドのSEが流れると、観客から大きな歓声が湧いた。そしてメンバー1人ずつ登場。

天晴れ!原宿のメインステージの1曲目は「アッパライナ」。このブチ上がるナンバーをメンバーは全身全霊のパフォーマンスで表現し、勢いを高めていった。
スタートで藍井すずが「HOT STAGE全員で拳あげるぞ!!」と大きく煽った。その言葉通り、拳を上げながらこのパワフルなナンバーを力強くパフォーマンスし、会場の熱を高めていく。ターンしたり、体を揺らしたりとアクティブなダンスで魅了。そしてサビでは拳を天へと上げていき、観客も同様に行い、一体感が増していった。時にシャウトのような気持ちの入った歌声を出していく。また転調し、ヘビーメタルのようなサウンドになるパートではメンバー、観客の会場全員がヘドバンを行い、熱狂的な空間になっていった。会場にはコールが響き渡り、観客は体を揺らし、全身で楽しんでいる姿が見られた。最後に7人はクールに拳を上げてこの楽曲を締めた。

2曲目は「アイネクライネ幼き恋だね」を投下。手を揺らしながら、頭を揺らし、この楽曲でもエネルギッシュなダンスパフォーマンスを魅せていた。サビでは勢いをつけて大きく脚を広げ、ステップしていく。そんな勢いあるパフォーマンスに負けじと、大きなコールで応戦していく観客の姿が見られた。列になったり、横に手を翳したりと印象的なダンスも天晴れ!原宿の特徴。7人がステージを駆け回ったりと大胆なパフォーマンスを披露していった。間奏では観客が力強くコール、高速クラップ。最後まで活性的なパフォーマンスを行い、この曲でも天晴れ!原宿のライブの”強さ”を存分に見せつけていた。

3曲目は「えいりあんず・えいりあんず」。「我々はHOT STAGEを侵略しにきた、えいりあんず・えいりあんず」とコメントとタイトルコールがされた。ポップなサウンドに乗せてリズミカルにパフォーマンスしていく。この印象深いナンバーをエンジョイしながらパフォーマンスしていく様子が非常に印象的だった。
サビでは<えいえいえい えいりあん>と何回もリズムよく歌っていく。それに合わせてステージ上でちょっとずつ歩を進めていく。そして大きく手を振っていく。それに合わせて観客も会場を左右へと移動。これにより、会場の熱量は更に上がっていった。
この特徴的なパフォーマンスは印象が強く、コール、声援を更に引き出し、観客の心を躍らせていった。やっぱり天晴れ!原宿のライブステージは熱い。

そしてMCでは4年目にして初のHOT STAGEに立てたことに歓喜しながら感謝を述べた。また天晴れ!原宿が一番HOTなステージにすることを約束した。

その後の4曲目は今後リリースされる「あっパレサマーっ!!」を披露。手にタオルを持ちタオルを使いながら開放的なパフォーマンスを披露していく。サビではタオルを会場にいる全員が大きく回し、一つになっていった。このタオルを回すことで、会場は更に熱狂的な雰囲気になっていた。それくらい、天晴れ!原宿のライブで大きく盛り上がっていたのは言うまでもない。終盤ではタオルを使って、綱引きのフリなど面白いパフォーマンスを見せていた。ジャンプ、体を揺らすなど、HOT STAGEの会場は”狂騒”状態、そしてハイになっていた。まだまだ天晴れ!原宿は畳み掛けていく。

5曲目は「キミだけのワンダーランド」をドロップ。メンバーがステージを少しずつ移動し、ファンも再度会場の左右に移動してボルテージを上げていく。メンバーは7人のブロックを作りながらキュートなフリを行った。それを見て高まるように、観客はジャンプしていく。サビでは手を翳し、揺れていく。揺れたこのフロアは非常に熱量が高く、気持ちがどんどん高まっていく。また終盤では朝比奈れいが力強く熱唱。これにも大きな歓声が湧いた。
最後までこのHOT STAGEにいる全員が元気よく歌い踊り、気持ち良さそうに天晴れ!原宿の音楽、パフォーマンスを楽しんでいた。最高の”熱狂”空間だった。

そして天晴れ!原宿のHOT STAGEの最後は、ライブでも定番曲の「原宿サニーデイ」。スタートから凄まじいコール、声援が響き渡っていた。足でリズムよくスキップのようなダンスを見せたり、1人の歌唱に対して6人が囲むというパフォーマンスを見せたりと7人のチームワークは抜群で、シンクロ率の高いパフォーマンスを魅せていた。サビでは手を大きくぐるぐると回していた。観客もフリコピを行い、存分に楽しんでいた。間奏では電子音の強いサウンドに対して、メンバーが煽りを行い、観客がどんどん声を出していた。そしてフロアが揺れていた。むしろ揺れていたと言うより波打っていた、くらいの表現が適切かもしれない。それほど高い盛り上がりを見せていいた。最初から最後まで凄まじい熱さ、強さを見せた天晴れ!原宿のHOT STAGEでのライブは終了した。本当に30分という時間が短く感じた。それくらい熱狂的なステージを天晴れ!原宿は見せてくれた。

TEXT:石山喜将
PHOTO:名和洋助

【セットリスト】

OPSE
1.アッパライナ
2.アイネクライネ幼き恋だね
3.えいりあんず・えいりあんず
MC
4.あっパレサマーっ!!
5.キミだけのワンダーランド
6.原宿サニーデイ