エラバレシ:独占インタビュー 「様々な方面で活躍できる、国民的アイドルへ!」

/エラバレシ:独占インタビュー 「様々な方面で活躍できる、国民的アイドルへ!」

エラバレシ:独占インタビュー 「様々な方面で活躍できる、国民的アイドルへ!」

チームワークの良さが伝わるイベント!

―エラバレシさんのイベントの特徴や魅力を教えて下さい。

神崎:私たちのイベントには、会場によって小学生以下のお子様が無料で握手できる「子供握手券」というのがあるんですが、そのおかげで子供連れの方が多くなりました。セカンドシングルの「ミス・ラビット」はアニメの主題歌だったんですが、子供と一緒にそのアニメを見てくれたりもしてるみたいです。

松本:女性の方や小さいお子さんほんとに多くなったよね。

針尾:癒されますね~。それにアイドルとして小さな子から憧れられる存在でありたいなと思っているので、少しだけ近づけたのかなって気がして嬉しいです。

松本:あとは個性豊かなメンバーが揃っているのも魅力ですね。

―皆さんすごく仲が良さそうですよね。

松本:めちゃめちゃ仲良いですね。暇な時間があれば携帯のゲームでずっとみんなで一緒に遊んでます。

針尾:人狼ゲームとかがメンバー間で流行ってますね。

神崎:昨日もやりました(笑)

針尾:すごい盛り上がって楽しかったです。ほんとに仲良いですね~。

―チームワークも良さそうですよね。

針尾:メンバーのバランスが良いなって思いますね。今日はふわふわメンバーで来ちゃったんですけど、他にもちゃんとまとめてくれるような落ち着いてる子もいるので。

松本:あとは曲によってうさぎさんやバスケなど、色々なコンセプトがあるので、曲ごとに違った私たちの表情を見て頂けると思います。そこも楽しんで頂けるポイントかなって思います。

―イベント前やイベント時に心がけていることはありますか。

針尾:浜口藍子ちゃんっていう子がいて、毎朝ランニングしているて体育会系なんですよ。ライブ前以外にもその子みたいに体力作りを日々頑張ってる子がいたり、もえちゃんはライブ前にごはんいっぱい食べて体力を蓄えたりとかしてます。

神崎:ライブ中では、初めて見て下さる方もいるので、できるだけ多くの人を見ようとか、できるだけ遠くの人とも目を合わせようと心がけてます。

針尾:私もたくさんの方に楽しんでもらいたいので、できる多くの方と目を合わせたいなと思ってますね。

―それはファンの方は嬉しいですよね。後ろの方にいても見てくれてると思うと、ライブに行った甲斐があります。

針尾:あわわ!嬉しいです。一回一回のライブがチャンスだと思ってるので、できるだけたくさんの方にエラバレシの魅力を届けたいなと思って全力でやってます。いつも全力で生きてます(笑)

「エラバレシ」全体が好きって言ってくれる方が増えました!

―握手会についての想いを教えて下さい。

松本:私握手会めっちゃ好きなんです。

針尾:確かにふーちゃんは握手会のイメージがあるな~。

―是非存分に語って下さい。

松本:私握手会大好きすぎて、自分がめっちゃ喋っちゃうんです。握手会は限られた時間ですけど、できるだけその時間を楽しんでもらいたいなと思うので、ついつい喋りすぎてしまいます。

針尾:私も喋りすぎちゃうところがあります。前エゴサしたら、「針尾さんに一方的に喋られて終了した」って書いてあったのでちょっと反省しました(笑)

神崎:あとはランダムでツーショットを撮れる券があるんですが、ランダムということは誰が当たっても良いって思ってくれてる訳じゃないですか。それがすごい嬉しいですね。

松崎:ここ最近はエラバレシ全体が好きって言ってくれる人めっちゃ増えたよね。

針尾:7人もいるのにみんな好きって言ってくれるのすごい嬉しいなって思いますね。

―ランダム抽選は目の前で抽選するんですか。

針尾:特典券とかでカードを引くことができて、名前を書いてあるメンバーと写真が撮れたりします。

松本:こっちも「当たれ~!」ってドキドキしてるよね(笑)

針尾:かんちゃんはよく当たるよね。

神崎:そうですね。よく当たりますね。

針尾、松本:私たち全然当たんないのに~!

神崎:もちろん一回も当たらない日もありますよ(笑)

針尾:当たらないと悲しいよね。しゅんってなる。

松尾:でもそのドキドキも楽しいよね。

―イベントも魅力たっぷりですね。お話をしていてもアットホームな感じがするので、初めての方でもイベントに参加しやすい雰囲気だと思います。

針尾:嬉しいです。私たちアイドル好きで現場もたまに行ったりしてたので、ファンの方の気持ちもすごく良くわかります。

3人の個性溢れる趣味とは!?アイドルの休日に迫る!

―今ハマってることがあれば、まずは神崎さんから教えて下さい。

神崎: 私はアニメが好きなんですが、最近はドラえもんにハマっています。見ていない時期もあったんですが、最近改めて面白いなと思って。深夜アニメも好きですが、必ずドラえもんは毎週録画しています。

松本:そうなんだ。私はクレヨンしんちゃんと名探偵コナン派だな。

針尾:私はちびまる子ちゃん派かな。暇さえあれば昔のちびまる子ちゃんを見てます。でもドラえもんも好きだな~。

神崎:私もちびまる子ちゃん好きです(笑)

―松本さんはハマっていることはありますか。

松本:私がハマっているのは、リアル脱出ゲームに行くことです。今までも4回ぐらい行ってて、そのうち3回は脱出成功しました!

神崎、針尾:へ~すごい!

―逆にその失敗した一回が気になります…(笑)

松本:凄い難しかったんですよ。延長もしたんですけどダメでした…。

針尾:延長とかあるんだ。脱出ゲームってほんと面白いよね~。

松本:構携帯のアプリでも寝れない時にやったりするぐらいはまってます。

―針尾さんはいかがですか。

針尾:ゲームがすごい好きです。ハマってるとは少し違うんですけど、以前とある番組で「Nintendo Switch」をやらせて頂く機会がったんですが、すごく楽しかったので今すごい欲しいです(笑)あとPS4のVRも面白そうだなあと思ってるのでやってみたいです。

―結構ゲーマーなんですね。

針尾: ゲーム大好きです。パルプンテガールもドラクエの呪文から取ってるぐらいなので。

―休日はどのように過ごしていますか。

松本:脱出ゲーム意外だと、よく漫画を読んでますね。携帯の漫画アプリを5、6個落として使ってます。めっちゃ課金しちゃうんですよ。

針尾:え!課金してるんだ。

松本:今までは単行本買うのにハマってたけど、 置く場所がなくなってきちゃって。今はアプリで同じ値段で買えるから、そっちにお金をかけることにしたの私。

針尾:えらいね!…ん?えらいのかよくわからないけどえらい!!

松本:ありちゃんは休日どう過ごしてるの?

針尾:それこそゲームして過ごしてるかなあ。あと漫画もすごい好きです。最近は「頭文字D」を読み始めました。

―おお!イニDですか。

針尾:そうなんですよ。結構男の子っぽい漫画が好きで。「カイジ」が好きです。

松本:カイジ?!しぶいね(笑)

針尾:メジャーなところだと「ドラゴンボール」とか「スラムダンク」とかも大好きでしたね。やっぱり休日はゴロゴロしながら漫画読んで過ごしてることが多いかな~。

松本:私と一緒だね(笑)かんちゃんは?

神崎:録画してた深夜アニメを延々と見てます。

松本:ここにいる全員がインドア系だ。引きこもりだね(笑)

神崎:あとは弟を買い物に連れ出すのもはまってます。高校二年生なんですが、あんまりオシャレに興味ないから服を選んであげてます。

針尾:え~めっちゃ良いおねえちゃん。でもおしゃれになったらモテモテになっちゃうからおねえちゃん大変だね。

神崎:いやいや(笑)

―お買い物はどの辺りですることが多いんですか。

神崎:埼玉出身なので、埼玉で服がいっぱい買えそうなところに行きます。

針尾:私は千葉出身なんですけど、最近はわざわざお買い物しに出かけようとはあまり思わなくて、東京でた時にせっかくだからお買い物しよっかなと思って買い物するぐらいです。

松本:そういえばエラバレシって7人もいるのに東京出身の子がいないんですよ。

針尾:確かに都会っ子ではない感じはするよね。

―でも千葉や埼玉は比較的都会のような気がしますが…。

針尾:そうかなあ~。でも嬉しいです。…まあたしかに千葉も埼玉も東京みたいなもんですね(笑)

様々な方面で活躍できる、国民的アイドルへ!

―最後に個人、グループそれぞれの今後の目標や意気込みをお願いします。

針尾: 個人としては、昔からアニソンとかが好きなんでアニソンシンガーや声優さんになりたいなと思っています。ふーちゃんは声が可愛いので声優さんに向いてると思いますが、私はおとなしい系の役のような少し違った路線を演じてみたいです。でもエラバレシはアニメやゲームとタイアップさせて頂く機会も多いので、まずはそこでゲームやアニメのファンの方に認めてもらえる実力を兼ね備えたグループになりたいなと思っています。そしていつかは国民的アイドルになりたいです。

松本:私はありちゃんも言ってくれたように、個人としては声優にチャレンジしてみたいなと思っています。最近のどの治療で1ヶ月ほど休養しましたが、復活して元の声を取り戻せました。お母さんもアニメが好きなので、親孝行のためにも、自分のためにも夢を追いかけていきたいなって思います。グループとしては、この7人で活動を続けて、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんにも、「アイドルといえばエラバレシ」と言ってもらえるような素敵なグループになりたいです。

神崎: 私もアニメが好きなので、アニメ関係のお仕事も良いなって思うんですけど、映像系の演技とか色々なことに興味があります。グループとしては、ゲームやアニメのタイアップが多いので、アイドルが好きっていう方意外にも、ゲームやアニメから私たちを知ってくれた方にも好きになって頂けるようなグループになりたいですね。そして興味をもって頂いた方に、元気や色々な感情を届けられ続ける存在でいたいなって思います。

イメージギャラリー

【エラバレシ独占インタビュー目次】

(インタビュアー/second innovation編集部 石山喜将)

2017-05-29T21:49:35+09:00