FES☆TIVE:【ライブレポート】ゑんら主催イベント「百鬼夜行祭」 ステージ『ポジティブかつアクティブなパフォーマンスで、”お祭り”のように大熱狂の空間を作り上げたFES☆TIVEのステージ』

FES☆TIVE:【ライブレポート】ゑんら主催イベント「百鬼夜行祭」 ステージ『ポジティブかつアクティブなパフォーマンスで、”お祭り”のように大熱狂の空間を作り上げたFES☆TIVEのステージ』

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組アイドルグループ「ゑんら」が主催対バンライブイベントシリーズ「百鬼夜行祭」の実施している。
今までの「百鬼夜行祭」でも豪華出演グループを迎え、大盛況を見せていた。同時に開催している、全国ツアー「ゑんら道中」も好評、確実に前に進んでいるゑんら。このイベントで大きくファンを熱狂させると共に、更なる高みを目指している。

11/15には現状発表されている「百鬼夜行祭」のラストが開催された。ゑんらにとって最大対バンイベントとなったこのイベントでは「神使轟く、激情の如く。」 「天晴れ!原宿」 「煌めき☆アンフォレント」 「FES☆TIVE」とゑんらを合わせた5組の出演となった。この豪華出演グループにより、会場の新宿LOFTは大盛況を見せた。今回はそんな熱いイベントの様子をレポートにてお伝えしたい。

4番目に登場したのは、”お祭り系アイドル”の青葉 ひなり、白石 ぴあの、真野 彩里愛、土光 瑠璃子、近藤 沙瑛子、南 茉莉花の6人組グループ「FES☆TIVE」。『フェスティバル』 『ポジティブ』 『アクティブ』がグループ名の由来となっており、その力強くて明るいパフォーマンスで今まで多くの人を魅了してきた。そのFES☆TIVEがトリ前に登場。変わらずパワフルで勢いのある、明るさ全開のアクトによって、この日も多くの観客を魅了していた。正にお祭り状態だった。

FES☆TIVEのステージはお馴染みの、祭囃子とエレクトロが共存したサウンドのSEから。既に観客はジャンプをしていた。それほどFES☆TIVEに期待を寄せていたのだろう。大きな手拍子が起こる中、メンバー、一人一人が登場。SE中に華麗なダンスを魅せていく。
そして1曲目を披露した。

1曲目は「ホムラノシズク」。縦一列のフォーメーションを形成してから分散し、大きく手を広げていく。イントロから観客の熱いコールが響き渡った。この曲の”切ない夏”という世界観をパフォーマンスに反映させ、的確に表現していた。それは手の振りや表情の浮かべ方、気持ちを込めた歌唱によるもの。同時に横移動など、6人の息の合ったパフォーマンスを魅せていた。観客はその見事なパフォーマンスを更にアシストするように、声を出していく。間奏では体を屈ませた後、手を左右に上げていき、アクティブなアクトを魅せる。終盤では土光瑠璃子のソロ歌唱から青葉ひなりへ歌い継ぐ。その美しい歌声が会場にこだました。最後まで手を大きく振ったり、クロスさせたりと端麗にパフォーマンス。観客が一気にFES☆TIVEのステージに引き込まれた。

更にFES☆TIVEはたたみかけていく。
2曲目に披露したのは、FES☆TIVEの代表曲の一つであり、アッパーチューン「大和撫子サンライズ」。イントロがかかると歓喜から声を出す観客。そしてすぐに大きなコールがされた。メンバーがターンを開始すると、観客もすかさず振りコピ。多くの観客がターンをして愉しんでいた。メンバーは流動的にポジション変更しながら、アクティブにパフォーマンス。確かに会場が熱くなっていくのが分かった。そしてサビでは手をダイナミックに振り上げ、会場を盛り上げていく。それに呼応するようにファンもコール、ジャンプをして高まっていった。このアップテンポのナンバーを、メンバーはしっかりと楽しむように笑顔でパフォーマンス。そしてエネルギッシュなダンスを魅せてくれていた。イキイキとステップしていき、拳を強く振っていく。間奏では頭を大きく振り、拳を上げる。そして手を大きく回してステップ。躍動的で元気の漲るパフォーマンスを披露していた。ボルテージが上昇した会場は最高の空間となっていた。サークルになって回り、最後はキュートな表情を浮かべ、この曲を終えた。ここからどんどんヒートアップしていく。

3曲目に披露したのは「FIREWORKS!」。ゆっくりとした歌い出しから一気にエンジンが掛かっていく。クールに歌いながら、クールにダンス。時に盛り上がりを確認するように観客に向かって指を指す。サビでもカッコ良く、熱量高く歌い上げていく。そして力強さを見せ付けるように地面を強く踏んでいく。痺れるサウンドにクールなパフォーマンス。みんながFES☆TIVEの虜に。最後まで気持ちを込めて熱唱、勢いよくターンなど、圧巻のパフォーマンスを魅せていた。ファンもどんどん熱くなるように強いコールをメンバーへ届けていく。会場の熱さは更に高くなっていった。

3曲を連続で披露すると、MCとなった。
最初にグループ紹介、自己紹介を終えると、ゑんら主催イベントに呼んでもらったことに感謝を述べた。MCを終えると、再度楽曲の披露となった。

4曲目は日本文化の良さを伝える、リズミカルなナンバー「ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ」をドロップ。スタートからファンの「オイ! オイ! オイ!」と合いの手が入り、会場の盛り上がりを更に高めていく。メンバーは手を頭上でヒラヒラとさせた後、下で両手を振りながら、ステージ左右を移動。これに合わせてフロアもどんどん揺れていった。終始、テンポ良く歌いながらステージ左右を移動していく。時に列になって歩くなど、緩急のあるアクトを展開。サビでの盛り上がりは凄まじく、多くの人がジャンプして、思う存分愉しんでいた。<ジャッパニーズ>とみんなで歌い、FES☆TIVEと心を一つにしていた。最後までメンバー全員が楽しいパフォーマンスをしてくれていた。最後は花火が上がるサウンドが流れ、メンバーは手をヒラヒラと振って終了した。

大熱狂のFES☆TIVEのステージもラスト1曲となった。最後は「夏色とりどリボン」を披露した。手を広げながら綺麗に、丁寧に歌い上げていく。”夏の青春”を描いたこのナンバーを、しっかりとイメージさせてくれるようにパフォーマンスで表現。時に2列になり、ジャンプしたり、手を振ったりと気持ちの良いほど爽快なアクトを魅せていく。サビでは座ったり、手でハートを作ったりと、楽曲のテーマを見事に体現。その魅力的なパフォーマンスを見ると、こちらも非常にドキドキとさせられる。それくらい虜になるようなパフォーマンスを魅せていた。観客も一緒に歌い、声を出して、笑顔でFES☆TIVEを見守っていた。その関係性は素晴らしい。最後にも手でハートを作り、この曲およびFES☆TIVEのステージは終了した。最後に観客と共に『わっしょーい!』と言って、メンバーはステージを後にした。

FES☆TIVEもこのステージで熱狂の渦を作り上げていた。”お祭り系”というコンセプトは伊達じゃない。それほど大きく盛り上げ、正しく”お祭り”のように活気のある空間を作り出していた。尚且つパフォーマンスは『アクティブ』で、『ポジティブ』になれるほど快活なものだ。今後もその持ち前のポテンシャルでどんなステージも盛り上げてくれることだろう。FES☆TIVEのライブにも一度行っていただき、一緒に熱狂してもらいたい。今後もFES☆TIVEには目が離せない。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:菊島明梨(@voulpiw)

【セットリスト】

SE
1.ホムラノシズク
2.大和撫子サンライズ
3.FIREWORKS!
MC
4.ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ
5.夏色とりどリボン