【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜GANG PARADE編〜【写真多数あり】

/【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜GANG PARADE編〜【写真多数あり】

【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜GANG PARADE編〜【写真多数あり】

今夏にも開催されたnotall主催のライブイベント「宴-notage-」が、アップアップガールズ(仮)、GANG PARADEを招き、12月13日再び開催された。前回にも増して熱い内容となったライブの様子をレポートしていく。今回はGANG PARADE編をお届けする。

スクリーンに「GANG PARADE」という文字が表示されると会場からは大きな拍手が巻き起こった。壮大な電子音とドラム音が強く強調されたSEが流れ、メンバーが登場した。

1曲目の「Are you kidding?」ではメンバーが円陣となり手を合わせ、パフォーマンスがスタート。メンバーのコールに対して、観客もコールで応え、1曲目から一体感が生まれていた。ノビがある力強い歌唱に合わせ、リズミカルなダンスを披露し、見ても聞いても気持ちが良く、一気にGANG PARADEのステージに引き込まれた。スタートから「ギャンパレ」のステージの凄みを感じた。

2曲目のイントロでは「こんばんわ!GANG PARADEです!今日はお祭りを楽しむ準備できていますか?一緒に私たちと遊びましょう!」とコメントし、会場を盛り立てた。そして「QUEEN OF POP」はスピード感溢れる、少しPOPな楽曲を披露。サビで手を上げ左右に振るフリに合わせて、ファンも同様に振っていた。これにより観客席が波を打ち、揺れている様子が見られた。この臨場感はライブでしか体験できないだろう。

3曲目はグループ名のセルフタイトルとなっている「GANG PARADE」。激しいサウンドが特徴の当楽曲は、始まりからキックやヘドバンを行い、サウンドに負けないパフォーマンスを披露した。キレのある独特のダンスは迫力満点。リズムが強く強調されたメロディーは心にズシンと響き渡った。サビでは拳を突き上げパワフルさを強調、間奏前にはシャウトも行い、迫力あるパフォーマンスだった。ダンスではステージ上での大きな移動、サークルになって回る姿に加え、力強く高い歌唱力を生かした歌声が会場に響き渡り、セルフタイトルが物語るように「GANG PARADE」の魅力が大きく詰まったパフォーマンスだった。楽曲自体の評価はもちろん高いが、是非とも一度ライブで見ていただきたい。圧巻のパフォーマンスに脱帽させられるだろう。

3曲連続で披露するとMCヘと映った。ここでは「Enjoy play!みんなの遊び場、GANG PARADEです!」とグループの自己紹介を行った。その後、notallに対し、呼んでもらったことに感謝の意を述べた。「本日は宴ということで、楽しい曲をいっぱい持ってきました。一緒に楽しむ準備できていますかー?」と観客に問いかけると大きな歓声で返答が。そして再びパフォーマンスへと戻った。

4曲目は「Happy Lucky Kirakira Lucky」。イントロから大きなコールが飛び交い、会場は熱気に包まれた。歌詞にもある「一緒に踊ろう」の通り踊りたくなるような、リズミカルでポップな楽曲とダンスで観客は心が躍っただろう。曲中のコールアンドレスポンスにより会場の盛り上がりは更に加速した。

その後、大きなクラップとコールで盛り上がり、7人の幾重にも重なったハーモニーが綺麗な「Who am I?」、少ししっとりした出だしからミドルテンポに合わせた大胆なパフォーマンスが特徴的な「pretty pretty good」を披露し、会場がGANG PARADEのステージに魅了されていた。

7曲目に披露された「Plastic 2 mercy」は、GANG PARADEの前々身グループに当たる『プラニメ』からの楽曲である。そして前身グループに当たる『POP』の名は”Period Of Plastic 2 Mercy”の頭文字であり、当楽曲名が入っていた。そしてその曲は「GANG PARADE」としてもなお歌い続けられている。またメンバーは、当楽曲をアンセムソングだと語る。それ程、重要な楽曲である。少しゆったりとしたスタートからエンジンがかかるように勢いが加速。サビ前の歌詞「不安でも蹴り上げて飛べ」で足を大きく振り上げる姿は最高にクールだった。サビの前半ではサウンドのみが強調され、歌唱が入らない、異質な楽曲となっているが、そのパートでは観客が大きく揺れ、踊り明かすかの如く非常に盛り上がりを見せた。クールなパフォーマンスに合わせてオーディエンスはコール、一緒に歌唱、肩を組み左右に揺れるなどを行い、盛り上がりは最高潮に達した。凄まじく気合いの入った、パワフルすぎるパフォーマンスはこの重要な楽曲への思い入れの証だろう。

そしてメンバーの歌唱力が存分に発揮された「FOUL」を披露。最後まで観客のコールは止まらず、盛り上がりが落ちることはなかった。合計8曲を披露した後、簡単な挨拶を済ませ、GANG PARADEのステージは終了した。

GANG PARADEの圧巻のステージに、初めて見た人は非常に衝撃的だっただろう。”みんなの遊び場”というキャッチコピーは正にその通り、ライブで遊ぶことができ、ストレスを解放してくれる。GANG PARADEのライブは素晴らしい。この一言に尽きる。是非ともライブに行き、”遊んで”頂きたい。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:菊島 明梨名和 洋助平田桂樹、山口 賢人 他)

【セットリスト】

SE
1.Are you kidding?
2.QUEEN OF POP
3.GANG PARADE
MC
4.Happy Lucky Kirakira Lucky
5.Who am I?
6.pretty pretty good
7.Plastic 2 mercy
8.FOUL

2018-01-12T01:53:02+00:002018年 1月 2日|Categories: GANG PARADE, ライブ・イベント情報|