GANG PARADE:【ライブレポート】全国ツアー「PARADE GOES ON TOUR」初日@ 横浜BayHall 『“遊び場”というこの場でしか見れない景色をこれから作っていきましょう』最高のスタートとなった大熱狂の”遊び場”

GANG PARADE:【ライブレポート】全国ツアー「PARADE GOES ON TOUR」初日@ 横浜BayHall 『“遊び場”というこの場でしか見れない景色をこれから作っていきましょう』最高のスタートとなった大熱狂の”遊び場”

WACK所属「みんなの遊び場」をコンセプトに活動している10人組アイドルグループ『GANG PARADE』が全国ツアーをスタート。5月26日に行われた日比谷野外音楽堂公演にて新メンバーのナルハワールドを加えて10人体制となってから初のツアーとなる。またこのツアーはギャンパレ(GANG PARADEの略称)にとって「GANG PARADE REBUILD TOUR」以来、単独としては1年ぶりの全国ツアーとなる。今回の全国ツアーでは10箇所12公演を行う、前回のツアーよりも大規模なものとなっている。1年ぶりの、10人体制初のツアーは9/7、9/8の横浜BayHall公演にて封切られた。今回はツアー初日、9/7のライブの様子をレポートにてお伝えしたい。

再びGANG PARADEの単独全国ツアーがスタートした。5月の大阪、東京で開催した「CHALLENGE the LIMIT TOUR」ではギャンパレに勢いを表すように大盛況をみせ、更に夏には初挑戦の舞台を大成功させたばかり。ここから更に前へ進むためのツアーがいよいよ始まった。
初日の会場となった横浜BayHallには多くの遊び人(GANG PARADEのファンの総称)が詰めかけ、会場は超満員となっていた。

そしてギャンパレお馴染みのOPSEが響くと、会場から大きな歓声とクラップが湧いた。そしてゆっくりと10人が登場。一言、挨拶を述べると早速楽曲披露となった。

ツアーの1曲目は、初披露となった新曲「Wake up Beat!」。EDM調のサウンドが鳴り響き、ビートを刻むように体を揺らしていくメンバー。遊び人もメンバーのそんなエネルギッシュでノリノリなパフォーマンスに反応するように、コール、フリコピで応えていった。サビではビートを刻みつつ両手を振り上げて会場をヒートアップさせていく。時に艶やかに、時に楽しげに踊りながら、スタートから大きな盛り上がりを作っていった。終盤ではメンバー1人1人がセリフを言っていく。最後までこのアッパーナンバーを、メンバー、遊び人共に全力で楽しんでいた。最後は10人が肩を寄せ合わせ終えた。

2曲目はメロコア調のサウンドとパワフルなダンスパフォーマンスが特徴の「BREAKING THE ROAD」を投下。メンバーはギターを弾くフリや大きくジャンプなど、勢いのあるアクトを魅せていく。そしてサビでは両手を振り、熱狂していく様子が見られた。ファンも大きな声を出し、フリコピなどで呼応していった。終盤では<Looking for 勇者>と全員で歌い一つになっていく。ヤママチミキは力強く、こぶしを入れた迫力のある熱唱を魅せる。ココ・パーティン・ココは更に熱狂の渦を作るため観客を煽っていった。スタートから既に会場には熱気を帯びていた。しかし、ここからギャンパレは畳み掛けていく。

3曲目は盛り上がり必至の人気高いナンバー「Happy Lucky Kirakira Lucky」。スタートから遊び人のコールが響き渡った。そしてギャンパレは手と足を前に出すという活力のあるパフォーマンスを披露。カラフルな照明が点灯する中、躍動的なパフォーマンスを魅せていく。そしてサビでは<Happy Lucky Kirakira Lucky>と歌いながら、スピード感溢れるダンス、流動的なターンをしていった。10人は遊び人へクラップを煽り、会場を更に熱くさせていった。曲中、ハルナ・バッ・チーンとテラシマユウカが体を寄せ合うなど、チームワークの良さも垣間見えた。終盤では”HAPPY” “LUCKY”とコールアンドレスポンス。これにより遊び人から大声援が聞こえ、フロアの温度が高まっていた。最後のサビではこれまで以上にアクセル全開。勢いのあるギャンパレのパフォーマンスに見惚れながら全力で楽しむ様子が観客からは見られた。

3曲を披露すると、一度MCへ。ここでは自己紹介とナルハワールドからツアー開幕の宣誓が行われた。ナルハワールド「私がGANG PARADEに加入して3ヶ月、10人体制初のワンマンツアー始まりました! 今日ここにきてくれた皆さんを私たちは絶対に幸せにします。いつも学校や仕事で毎日を乗り越えている皆さん、今日は私たちがそんな皆さんに”ギャンパレパワー”を届けたいと思います!今、この瞬間、いつもの現実を忘れて、最高に私たちと存分に遊びましょう!」とコメント。会場から大きな声援が起こった。

ここから連続で楽曲をアクトしていく。

まずはメジャー1stシングルで、サビでギャンパレポーズや拳を掲げて”遊び場”を体現するようなパフォーマンスが魅力の「ブランニューパレード」、”ギャンパレいくぞ!3、2、1ゴー”という掛け声からスタートし、泳ぐような滑らかなダンスを魅せた後、サビでは印象的な海老反りダンスを行う「pretty pretty good」、ラップのような軽快に歌唱に合わせて全員が手を翳してリズムを取りつつ、ギャンパレの音楽を存分に楽しんでいた「Message」、”日常の幸せ”をテーマに、バトンのフリなどキュートにパフォーマンスしていくナンバー「sugar」、初披露の新曲で11月リリースのALBUM『LOVE PARADE』に収録予定の楽曲、様々なダンスを組み合わせながら更に盛り立てていったダンスソング「Plastic Smile」と連続で楽曲を披露した。前半から高い盛り上がりを見せ、会場の温度がかなり上昇していることがすぐに分かるほど熱狂の様子を見せていた。

ここでMCとなった。突然、テラシマユウカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの3人が「ライブしんどい」と駄々をこね始めた。そして「私たち女優やで? こんなにライブはしない」とテラシマユウカが話す。キャン・GP・マイカが「ステージ上なんだからちゃんとしないとだめ!」と注意を促した。しかしココ・パーティン・ココは「そういうのいいから素直になりなよ」とキャン・GP・マイカの本音を聞き出そうとする。すると突然、キャン・GP・マイカは禁断症状的に”パンスト”を被りたいと言い始めた。

そう、これはギャンパレのライブで定番になっている、”パンストを誰が被る問題”がスタートしたのだ。2018年4月のワンマンライブ「GANG 2」まではキャン・GP・マイカがパンストを被ってパフォーマンスし、その後の『REBUILD TOUR』では2代目として月ノウサギが被った。その後、5月の日比谷野外音楽堂公演ではナルハワールドが加入祝いということもあり、パンストを被った。今回からは誰が被ることになるのか、期待の眼差しがステージに向けられた。その後、ユイ・ガ・ドクソンが『第一回パンスト王決定戦』をやろうと言い始め、ギャンパレのメンバーほとんどが”パンスト”で大盛り上がり。そんな中、ナルハワールドが割って入るように「私はパンストを被りたくてここに入った訳じゃない!」と状況を打開。しかしここで天の声が・・・。「GANG PARADEは売れるか売れないかどちらかの分岐点に立っています。ナルハさんはGANG PARADEとして上に上がりたいですか?」、ナルハは「もちろん上にいきたいです」と応えた。すると、天の声「それではそちらのパンストをお被りください」。

こうしてパンストは今回もナルハワールドが被ることになった。毎回恒例のこのコントはこのツアーでどのように変わっていくのか、そしてツアーファイナルまでには誰が被るようになるのか、楽しみにしたい。

ナルハワールドがパンストを被ったまま「WE ARE the IDOL」へ。”私たちはアイドルです”と宣言するように全員が丁寧に綺麗な歌唱を魅せていく。サビでは指を上げた手を上へ翳し、天を仰いでいく。終盤ではカミヤサキ、ヤママチミキが熱唱。最後まで綺麗なパフォーマンスを披露していった。この楽曲を終えると、ナルハワールドは「こんなもの絶対に意味ない!!」と叫んだ。このコメントが次の楽曲に繋がった。

次の曲は”意味ない”と言った通り、「イミナイウタ」。スタートでココ・パーティン・ココがアクロバティックな側転を連続で魅せ、観客から大きな歓声が飛んだ。そしてアクティブなダンス、脱力ダンス、艶やかなダンスなど、様々なダンスが入ったこのナンバーを見事に披露していく。

ここから、”愚連隊行進”と歌いながらヘドバンなどクールかつ力強いパフォーマンスが特徴のセルフタイトル「GANG PARADE」、リズミカルに歌いながらパワーが込められた、10人の全身全霊のアクトが非常に気持ち良い「本当に僕が生きたかったのはこんなんじゃ無え!」、GANG PARADEの歴史の中でいつも支えてくれていたエモーショナルなナンバー「Beyond the Moutain」と連続で楽曲を披露。様々なジャンルの楽曲の数々をギャンパレは見事に披露していった。ギャンパレは豊富なジャンルの音楽を持っているため、楽しませてくれることはもちろんのこと、時に我々の気持ちを代弁してくれることも一つの良さである。

ここで再度MCへ。ここでのMCはココ・パーティン・ココが担当することに。

ココ・パーティン・ココ「単独でツアーをするというのは、約1年以上ぶりとなっていて、こうやってツアーで全国を周ることができる、またこうしてみんなと一緒に遊んで、楽しんで、ツアーを開催できることを嬉しく思っています。今日を本当に楽しみにしてきました。みんなも楽しみにしてきてくれましたか? 今年の夏はですね、GANG PARADEにとってすごく勝負の年で、私たち初めて舞台をやらせて頂いて、色んな挑戦をしてきたんですけど、夏にライブがあまりないというのは、アーティストとしてはなかなか無くて。この準備期間中に、色々準備している間に、私たち以外の他のところで色んな発表があるなど、何というか、耐え凌ぐ期間というか、みんなに会えなかったりして、早く会いたいのに!というもどかしい期間があって。でもその表に出ていない、この夏に私たちが得たパワーだったり、自信だったり、待たせた分、沢山色んなものを吸収して強くなって、こうしてまたツアーを開催することができました。今はこうしてこの10人になって1年以上ぶりとなるこのツアー、私たちの成長した姿、そして全国で待ってくれている皆さんにまた逢いに行けるツアー、絶対に最高のツアーにしたいと思います。今まで以上に遊び人のみんなとここにいる10人とGANG PARADEを愛してこの”遊び場”を楽しんでいけますように」

ココ・パーティン・ココは、淡々と話しながらもその目にはこのツアーへの意気込み、想いが前面に出ていた。

大熱狂の渦に包まれ、会場が汗ばむほどの熱気があったギャンパレツアー初日も本編最後のブロックとなった。

このライブでの14曲目は「FOUL」。スタートからギャンパレの10人は滑らかなダンスを魅せながら想いを込めて歌い上げていく。特にサビでは感情を前面に出すように美しく歌唱していく。それに合わせ会場の全員が左右に手を振っていった。そして終盤では、この曲のお馴染みの遊び人が歌い上げていく<BODY & 10 SOUL>。GANG PARADEと遊び人の絆を再確認しているようだった。汗ばむ会場でも非常に心地よく、多幸感を感じることができていた。

15曲目では初披露のクールなロックナンバー「ALONE」をドロップ。熱量をそのままに勢いのあるパフォーマンスを魅せていった。曲中、キャン・GP・マイカとナルハワールドが対決するようにお互いを見合いながらパワフルなダンスを魅せていく。そんな熱い展開に観客から声援が飛んだ。熱いステージングを展開していた。

次はGANG PARADEの歴史の中でも非常に重要であり、不屈な思いを曲に込めたナンバー「LAST」をアクト。全員が思いを込めて迫力のある歌唱、ダンスを魅せていく。サビでは感情をそのままに手を大きく振って全員が熱唱。そんな気持ちが溢れたパフォーマンスに遊び人は心の中で共感し見守っていた。

“全員が手を取り合って前に進んでいこう”、”みんな違ってみんな良い”と多くの人を肯定し、沢山の人を救ってきたであろうナンバー「CAN’T STOP」では、サビでメンバー、遊び人同士が手を繋ぎ、左右に振って、更に一体感を作っていった。

そして本編はGANG PARADEの意気込みを体現したようなエモーショナルなナンバー「GANG 2」で終了。

すぐさま遊び人から「まだ足りない」とコールされると、数分後にGANG PARADEの10人が再登場。

アンコールを受け、楽曲を再度行う前にユメノユアがコメントを残した。

ユメノユア「今日は『PARADE GOES ON TOUR』初日、横浜公演に来てくれて本当にありがとう! 私、横浜出身なんですけど、横浜でワンマンライブするのが実は今日初めてなんです! いつも関東でよくライブするんですけど、ワンマンライブはいつも東京ばかりで(笑)。横浜出身も沢山いると思うんですけど、帰ってくることができて本当に嬉しいです。今回は10都市12公演あって、私たち初めてツアーの衣装を作ってもらったんです。それで横浜にも来れたし、浜松も初めて行くことができたり、そして今まで行ったことある都道府県も今まで行ったことないライブハウスに行けたり、一個前のツアーよりも大きい会場でやらせてもらうことができています。そうやって一つ一つの夢を叶えることができているのは紛れもなく今日ここに来てくれている、一人一人、みんなのおかげです。いつもありがとうございます! 今本編のライブ終わって、アンコールで登場したんですけど、私、ここまでの約1時間半がとってもとっても楽しかったです! すごく幸せな気持ちになれました。みんなありがとう。過去のライブで私はみんなでもらってばかりで、これからはGANG PARADEがみんなに何かを届けたいと言ったことがあるんですけど、今日もみんなから、自分たちと同じ以上のパワーをもらいました。多分、日常生活で色んなことがあると思うんですけど、みんなそれぞれが戦ってその中で今日、時間やお金、たくさんの力を使って、こうやって集まってくれたことが本当に奇跡のような日だなと思っています。私たちにできることはこのステージから色んな思いを届けること、そしてこのライブ会場でみんなにとっての夢だったり希望だったりを持てる、そんな時間を一緒に作ることだと思っています。このツアーで私たちはみんなのことを最高に楽しませて幸せにすると約束します。『PARADE GOES ON TOUR』の初日という大切な大切な日に横浜に集まってくれてありがとうございました! みんなの”遊び場”でした! “遊び場”というこの場でしか見れない景色をこれから作っていきましょう!」

何度も感謝の言葉を込めたユメノユアのこの言葉は、全ての人を大切にしているからこそ出たのだろう。そしてこの”遊び場”を通して全員を幸せにする。
以前、カミヤサキは”GANG PARADEの音楽は世界一、人を幸せにすることができる”と語っていた。ギャンパレのメンバー全員は同じ気持ちを抱き、ステージを通して全員を幸せにしたいと心の底から願っている。

そんな思いの詰まったコメントから、アンコールに応え、再度楽曲を披露することに。

アンコール1曲目は先日、ハワイで撮影されたMVが公開された「LOVE COMMUNICATION」。タオルを大きく回していくアッパーナンバーだ。海を想起させるように7人で波を模したダンスを魅せたり、艶やかに歌唱したりと気持ち良くパフォーマンスしていく。遊び人も大きく声を出して、体を揺らし、タオルを振って感情を解放するように盛り上がっていった。大熱狂する様子が見られた。

そしてこのライブ最後の曲はGANG PARADEの代表曲「Plastic 2 Mercy」。ずっと歌い続けているこの曲を、この日も全員が非常に楽しんでいた。ステージ左右に移動し、手を上げてビートを刻んでいく。横浜Bay Hallのフロアが大きく揺れていた。遊び人の一人一人の顔は物凄く楽しそうな表情を浮かべ、最後までギャンパレのステージに引き込まれていた。狂騒的なフロアとなり、ボルテージは最高潮へ。最高の盛り上がりを見せた後、ツアー初日は終了した。

最後にギャンパレが告知があったが、それは記事の最後に記載する。

こうしてGANG PARADE、待望の全国ツアー『PARADE GOES ON TOUR』はスタートした。このツアーを通してきっと数多くの人を幸せにしていくに違いない。またこのツアーの中でどんなドラマが待ち受けているのか。勢いの止まらないGANG PARADEにはまだまだ目が離せない。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi)

【セットリスト】

1.Wake up Beat!(初披露)
2.BREAKING THE ROAD
3.Happy Lucky Kirakira Lucky
4.ブランニューパレード
5.pretty pretty good
6.Message
7.sugar
8.Plastic Smile(初披露)
9.WE ARE the IDOL
10.イミナイウタ
11.GANG PARADE
12.本当に僕が生きたかったのはこんなんじゃ無え!
13.Beyond the Moutain
14.FOUL
15.ALONE(初披露)
16.LAST
17.CAN’T STOP
18.GANG 2

アンコール
19.LOVE COMMUNICATION(初披露)
20.Plastic 2 Mercy

公式ファンクラブ『愚連隊行進応援團』が会員制ファンコミュニティアプリ fanicon(ファニコン)にて開設&オフィシャルHPがリニューアルされることが発表された。こちらには、SNSには載せていないプライベートな投稿や、普段SNSでは見せない本音など公開の他、faniconだけの限定ライブ配信、ファン同士で盛り上がることができ本人も登場するグルチャも楽しむことができます。初回入会特典も用意されているので、遊び人の皆さまは、奮って参加しよう。

【FC概要】
<名称>「愚連隊行進応援團」
<金額>月額500円
<内容>
シーン:SNSで上げない写真などを見ることが可能です。
グルチャ:入会しているファン同士での会話が楽しめアイコンもたまに登場します。
ライブ:faniconだけの限定ライブ配信&ラジオ配信を行います。
グッズ:会員しか買うことの出来ない限定グッズの販売を行います。
チケット販売:会員限定の先行チケット販売を行います。

<ダウンロード>
アプリ名:fanicon
価格:無料
対応端末:iPhone/Android版
提供場所:App Store/Google Play
URL:https://fanicon.net/fancommunities/1477

<初回入会特典>
●9月中にご入会頂いた方には愚連隊行進応援團特製の腕章をプレゼント
●「PARADE GOES ON TOUR」会場にて愚連隊行進応援團のデジタル会員証提示で限定トレーディングカードを1枚プレゼント(Wack Family Club会員の方は会員証提示でさらにもう一枚プレゼント)

【リリース情報】
GANG PARADE
Major 1st Full Album
「LOVE PARADE」
11月13日(水)発売

【初回生産限定盤】WPZL-31666~31668
¥12,000+税 CD2枚組+Blu-ray1枚組
(100P写真集ブックレット+スペシャルBOX仕様)

【通常盤】WPCL-13110
¥3,000+税 CD1枚組

WARNER MUSIC JAPAN/FUELED BY MENTAIKO

先行配信リンク
https://GANGPARADE.lnk.to/LP0907Pu

予約購入リンク
https://GANGPARADE.lnk.to/LOVEPARADEPu

<収録曲>
【DISC1】CD(※初回生産限定盤/通常盤共通)
1.らびゅ(作詞:松隈ケンタ×JxSxK 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
2.ブランニューパレード(AL ver.)(作詞:松隈ケンタ×JxSxK  作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
3.Wake up Beat!(作詞:根本宗子 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES Rap詞:ヤママチミキ)
4.ALONE(作詞:ユメノユア 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
5.Youthful Hero(作詞:テラシマユウカ 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
6.Ready Go!(作詞:ユメノユア 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
7.FAKE and FANTASY(作詞:momen 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
8.POISON(作詞:ココ・パーティン・ココ 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
9.Plastic Smile(作詞:SHiLL 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
10.Wonderful World(作詞:ナルハワールド 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
11.LOVE COMMUNICATION(作詞:松隈ケンタ×ヨウタ颶風(ハリケーン) 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)

【DISC 2】CD(※初回生産限定盤のみ)
未定

【DISC3】Blu-ray(※初回生産限定盤のみ)
未定

※収録内容は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

<CDショップ特典>
■TOWER RECORDS:オリジナルB2ポスター(TOWER RECORDS Ver.)
■Loppi・HMV:オリジナルオリジナルB2ポスター(Loppi・HMV Ver.)
■ヴィレッジヴァンガード:オリジナルB2ポスター(ヴィレッジヴァンガードVer.)
■楽天ブックス:ステッカー
■Amazon:デカジャケ

※ライブイベントやツアー会場でのご予約・ご購入は対象外となりますので予めご了承ください。
※特典の有無は店舗にご確認ください。
※デカジャケはそれぞれの形態のJ写を24×24cmに引き伸ばした形となります。
※絵柄は後日解禁いたします。
※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。

GANG PARADE
Live Blu-ray
「CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂」
発売中

【初回生産限定盤】WPXL-90204~90205
¥15,800+税 Blu-ray2枚組
100P写真集ブックレット+スリーブケース付トールサイズ・デジパック仕様

【通常盤】WPXL-90206
¥7,000+税 Blu-ray1枚組

WARNER MUSIC JAPAN/FUELED BY MENTAIKO

購入リンク
https://GANGPARADE.lnk.to/CtLTPu

<収録曲>
【DISC1】(※初回生産限定盤/通常盤共通)
『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂』
ブランニューパレード
pretty pretty good
Jealousy Marionnette
Happy Lucky Kirakira Lucky
QUEEN OF POP
3rd FLOOR BOYFRIEND
Are you kidding?
Beyond the Mountain
WE ARE the IDOL
BREAKING THE ROAD
Dreamer
GANG PARADE
FOUL
LAST
PALET
UNIT
Plastic 2 Mercy

[ENCORE] GANG 2
CAN’T STOP

『「CHALLENGE the LIMIT TOUR at 大阪城野外音楽堂」SPECIAL DIGEST』

【DISC 2】(※初回生産限定盤のみ)
『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 大阪城野外音楽堂』
ブランニューパレード
pretty pretty good
Jealousy Marionnette
Happy Lucky Kirakira Lucky
QUEEN OF POP
3rd FLOOR BOYFRIEND
Are you kidding?
Beyond the Mountain
WE ARE the IDOL
BREAKING THE ROAD
Dreamer
GANG PARADE
FOUL
LAST
PALET
UNIT
Plastic 2 Mercy

[ENCORE] CAN’T STOP
GANG 2

『「CHALLENGE the LIMIT TOUR」BEHIND THE SCENE & SPECIAL INTERVIEW』

<CDショップ特典>
■TOWER RECORDS:オリジナルB2ポスター(TOWER RECORDS Ver.)
■Loppi・HMV:オリジナルB2ポスター(Loppi・HMV Ver.)
■楽天ブックス:J写サイズステッカー
■Amazon:トートバッグ

※ライブイベントやツアー会場でのご予約・ご購入は対象外となりますので予めご了承ください。
※特典の有無は店舗にご確認ください。
※絵柄は後日解禁いたします。
※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。

【ライブ情報】
<ワンマン>
『PARADE GOES ON TOUR』
■2019年9月8日(日)神奈川 横浜Bay Hall
Open/Start 14:00/15:00 [問]KM MUSIC 045-201-9999

■2019年9月14日(土)愛知 DIAMOND HALL
Open/Start 17:00/18:00 [問]ジェイルハウス 052-936-6041

■2019年9月15日(日)静岡 浜松窓枠
Open/Start 16:00/17:00 [問]ジェイルハウス 052-936-6041

■2019年9月21日(土)福岡 DRUM LOGOS
Open/Start 17:00/18:00 [問]BEA 092-712-4221

■2019年9月22日(日)広島 CLUB QUATTRO
Open/Start 16:00/17:00 [問]夢番地広島 082-249-3571

■2019年9月29日(日)大阪 なんばHatch
Open/Start 17:00/18:00 [問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

■2019年10月5日(土)北海道 PENNY LANE24
Open/Start 16:00/17:00 [問]WESS 011-614-9999

■2019年10月6日(日)北海道 PENNY LANE24
Open/Start 15:00/16:00 [問]WESS 011-614-9999

■2019年10月12日(土)宮城 仙台Rensa
Open/Start 16:00/17:00 [問]G/I/P 022-222-9999

■2019年10月20日(日)新潟 NEXS NIIGATA
Open/Start 16:00/17:00 [問]キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

■2019年11月4日(月祝)東京 中野サンプラザ
Open/Start 17:00/18:00 [問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

■チケット料金/(税込)
【通常チケット※ライブハウス】
スタンディング¥4,000(税込) ※入場時にドリンク代別途必要
2階指定席¥5,000(税込) ※なんばHatchのみ

【通常チケット※中野サンプラザ】
全席指定¥5,000(税込)
年齢制限/スタンディングチケットの未就学児童入場不可

発売中

【GANG PARADE プロフィール】
「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールドの10人からなるアイドルグループ。2014年に結成されたプラニメが前身ユニットで、2度の改名とメンバーの増減を経て、2019年4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。
同年5月に東阪野音ツアーを成功させ、5月26日より同事務所所属グループWAggよりナルハワールドが加入し、現体制での活動をスタートさせる。PCゲーム「マジカミ」の主題歌および挿入歌を担当し、その楽曲を収めた配信限定EP「THE MUSIC AND THE GAME CREATES MAGIC」を6月19日にリリース。9月より全国ツアー「PARADE GOES ON TOUR」を開催中。

【FUELED BY MENTAIKO YouTube Channelリンク】
https://www.youtube.com/fueledbymentaiko

【関連リンク】
GANG PARADE公式WEBサイト http://www.gangparade.com/
Official Twitter @GANG_PARADE