アイドルカレッジ:【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アイドルカレッジ編〜

/アイドルカレッジ:【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アイドルカレッジ編〜

アイドルカレッジ:【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アイドルカレッジ編〜

TIPと@JAMが手を組んだビッグイベント「ニューイヤープレミアムパーティー2018(通称:NPP2018)」が、Zepp Tokyo、Zepp Diver Cityを中心にお台場で1月2日、3日と2日間に渡って開催された。ほとんどのグループが2018年のライブ初めとなるため、より気合いの入ったパフォーマンスを披露し会場を大いに盛り上げていた。まさに新年のスタートに相応しい、アイドルたちの意気込みと勢いを強く感じるイベントとなった。

連載としてお送りしていくライブレポートで、様々なグループのステージを紹介していく。今回はアイドルカレッジ編をお送りする。

壮大でクールなSEが流れ、メンバーが登場。ビートを強調するサウンドが流れ、早速メンバーは激しいダンスを披露した。石塚汐花が「ここからアイドルカレッジが盛り上げていくよー!」と煽ると会場からは大きな歓声が飛んだ。

そして1曲目「トゥルーエンドプレイヤー」を披露した。大所帯であるにも関わらず、シンクロ率の高いダンスは見応え抜群だった。また歌声も全員のハーモニーが非常に綺麗であり、見ても聞いても非常に圧巻のパフォーマンスだった。曲中の赤の照明があたり、転調のされたサウンドに合わせたダンスは非常にクールで印象が強かった。アイドルカレッジのステージはスタートから大きな盛り上がりを見せていた。

2曲目は恋する相手に思いと強い決意の気持ちを表現したナンバー「あのコが、髪を切らない、理由。」を披露した。大迫力のダンスと全員の綺麗で伸びがある歌声に観客全員がステージに引き込まれた様子だった。

2曲の披露が終わるとMCへと移った。グループの自己紹介を行った後、リーダー・海老原優花から昨年行われた8大都市ツアーで新メンバーが一人ずつ加入し、昨年末にメンバーが25人になったことを報告した。そして次の曲は新メンバーのみでパフォーマンスすることがアナウンスされた。

今回のイベントは新メンバーだけで初めてパフォーマンスを行ったため、緊張した様子が見られた。そんな新メンバーのみで披露された楽曲は「いちごパフェ」。初々しさがあるものの、非常にキュートなパフォーマンスを披露した。リズミカルに踊る様子に観客は大きなコールで彼女たちのパフォーマンスをアシスト。今後、新メンバーがどのように成長していくか非常に期待が持てる。

新メンバーの楽曲披露が終わると、現状の最新曲「Wonderful Story」を披露した。クールで気合いの感じられる楽曲に彼女たちの思いが乗ったパフォーマンスを魅せた。彼女たちの力強いパフォーマンスに負けじと観客も大きな歓声を飛ばし、会場には一体感が生まれていた。

アイドルカレッジのステージも後半戦に入り、「せいしゅんしもベティック」、「#常夏女子希望!!!」を披露し、会場を盛り上げた。

そして終盤にはライブの定番曲である「YOZORA」を披露。洗練されたアクティブなダンスパフォーマンスに目を奪われた。アイドルカレッジ最後は「フジヤマサンライズ」を披露した。リズミカルでありながら、少しコミカルな楽曲で盛り上がりは最高潮に達した。最後にお知らせを話し、盛り上がりの余韻を残しながらアイドルカレッジの2018年初めてのステージは終了した。昨年末にメンバーが25人になり、大きく変わったアイドルカレッジが2018年にどのように進んでいくのか、動向をチェックしたい。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:平田桂樹

【フォトギャラリ(全14枚)】

【セットリスト】

1.トゥルーエンドプレイヤー
2.あのコが、髪を切らない、理由。
MC
3.いちごパフェ
4.Wonderful Story
5.せいしゅんしもベティック
6.#常夏女子希望!!!
7.YOZORA
8.フジヤマサンライズ

2018-01-27T02:19:59+00:002018年 1月 27日|アイドルカレッジ, ライブ・イベント情報|