【インタビュー】無敵アイドル祭Vol.30 in 中野坂上 S,U.B TOKYO〜『蒼天のグルーム』編〜

/【インタビュー】無敵アイドル祭Vol.30 in 中野坂上 S,U.B TOKYO〜『蒼天のグルーム』編〜

【インタビュー】無敵アイドル祭Vol.30 in 中野坂上 S,U.B TOKYO〜『蒼天のグルーム』編〜

個性派アイドルとはまさにこの3人!!
研究者に、ゲーマー、一級娘・・・。ステージに立てば、人々の抱える悩みや鬱憤を晴らす爽快娘たち!彼女たちの底知れぬエネルギーは一体どこからやってくるのか??驚愕なことだらけな彼女たちのインタビューをご覧あれ!

――まずは、自己紹介をお願いします。

杏南:STAP細胞でちょっと有名になった理化学研究所でガンの新薬開発の研究をしていました、川瀬杏南です。

――え!?そこからアイドルですか!?

杏南:(笑)。今は歌で皆を元気にします!

はな:戦争ゲームが大好きで、9年間ずっとやっています。YouTubeで今はゲーム実況をしていますが、配信するたびに大荒れする19歳、双葉はなです。

――・・・炎上??

はな:炎上というか、荒れるのですが、どんどんコメントが・・・。双葉はなと検索していただければ。

みさき:被服検定の和装洋装一級と、調理検定を一級持っている蒼天の一級娘、都辺みさきです。

――だからなんで今アイドル!?

みさき:一級持っていて、アパレルとかじゃないという(笑)。

――いやはや・・・キャラしかないグループですね。

杏南:そうですね(笑)。

はな:変な人を集めたって聞いた(笑)。

みさき:個性があるメンバーを集めたって(笑)。

――肩書きが凄すぎる・・・。顔合わせの時びっくりしませんでしたか?

杏南:その時は皆全然知らなくて、「何かある?」って聞かれたときに、初めて自分でそれって珍しいことなんだって。

――いや、元研究者って珍しいですから!(笑)

一同:(笑)。

杏南:あと、結構みんなそういう個性を持ってるんだなって知りました。

はな:自分の中で当たり前すぎて、人に言われないと気付かないっていう。

――なるほど。じゃあ、まだまだ掘り起こされていないところもありそうですね。

杏南:あるかも、ですね。

――ちょっと怖いな・・・。

――グループはどんなコンセプトですか?

杏南:青空の中の一つの雲みたいに、すごい元気な明るい人でも心の闇だったり、暗い部分持っていたりすると思うんです。そういうところを私たちと吹き飛ばせたらいいなと。

――はなちゃんは銃で吹き飛ばして?

はな:そうですね(笑)。そのくらいの爽快感を皆さんに与えられる存在に。

――いや、銃は痛いな(笑)。逆に、元気を与える側ではあると思いますが、自分が元気がないときはどうしてますか?

みさき:私はアニメが好きなんですけど、アニメ見るか、ゲームするかですね。

――ゲームという部分でははなちゃんと共通ですね?

みさき:私は、携帯ゲームとかですね。

はな:私はパソコンでがっつりですね。

みさき:私は今どきな感じ(笑)。

はな:私は、家にとにかく閉じこもって絶対外に出ずに、ひたすらゲームをしますね。

――家で発散するから外に出ない感じかな?

はな:そうですね。私はもうゲームばっかですね(笑)。ゲームするかアイドルするか。あとは、お父さんの影響でバス釣りしてます。蒼天のグルームには『BLUE』っていう曲があるのですが、これは私が好きなゲーム「Call of Duty(R)」のテーマソングがあったらいいなと思って、プロデューサーに頼んで創ってもらって、勝手に歌ってます。

――えーーそうなんだ。本気だね。で、それはつまり、はなちゃんの中におっさんが住んでるの・・・?

はな:男らしく育ちましたね(笑)。

杏南:私は、違う世界に行きます。

――はい???

杏南:なんか、違う自分になる・・・。

みさき:ちょっとごめん!よくわからない!!

杏南:妄想の世界に閉じこもります(笑)。

――それはわかる!だけど、考え方がちょっと変わってる(笑)

杏南:外部と遮断して・・・。

――一番杏南ちゃんが不安です。

一同:(笑)。

杏南:違う世界に住んでる自分を想像する・・・。

みさき:妄想だね(笑)。

杏南:アンダーワールド(杏南ワールド)に閉じこもります(笑)。元気になったら戻ってくるみたいな(笑)。

――11月11日にはワンマンライブが予定されています。場所はどちらで行いますか?

みさき:渋谷のDESEO mini with VILLAGE VANGUARDです。

杏南:新曲も6曲増えるんです。

――6曲も!更に進化していく姿楽しみです。バタバタな日々を過ごされますが、みんなお客さんの鬱を晴らすために頑張っているとのことで。そのワンマンに向けても一言ずつ頂けますか。

杏南:初の蒼天のグルームワンマン、成功に向けて私たちも絶対「来てよかった!」って、「明日からも頑張れる!」って思ってもらえるようなワンマンにしたいです。一緒に笑顔に、元気になりたいと思います。

みさき:初めてのワンマンなので、三人でここまでやって来て、ファンの方の皆さんとか、私たちの憂鬱とかも一緒にワンマンで楽しんで晴らせたらと思います。是非来てください!

はな:8月の頭に三人の蒼天のグルームが始動して、ちょうど3カ月くらいで突然ワンマンライブをやることになるという、結構なスピード感に私自身が結構取り残されないように必死にしがみついている状態なんです。蒼天のグルームは今のところインターネットに音源とか映像とか何にもなくて、現地でライブを見た人しか知らないある意味アナログなグループだと思っていて。だからこそ、その日だけでもいいからとりあえず来て頂きたいです。私だったらYouTubeから知ってくれた人とか、面白がってとか興味本位でもいいから、渋谷に足を運んでくださったら嬉しいです。得体のしれないグループかもしれないけど是非に来てほしいです!!

Text 茉奈佳
Photo イベントオフィシャル提供

【ライブ情報】

蒼天のグルームワンマンライブ ~はじまりの目撃者~

日時:2018年11月11日(日)OPEN 17:00/START 17:30

会場:DESEO mini with VILLAGE VANGUARD 東京都渋谷区桜丘町 3-12

入場料:予約 2,500円 当日 3,000円 (別途1D)

予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/74bcee19588546

当日精算希望の方はこちらから予約をお願いします。

チケット購入:https://ironcreative.stores.jp/items/5bad91d85496ff46f100085a

チケットを購入される方こちらからお願いします。レターパックで発送いたします。
ライブにいらっしゃる方は、ライブ会場でも販売しております。

蒼天のグルームオフィシャルサイト

2018-10-28T10:11:16+00:002018年 10月 28日|Categories: グループ情報, ライブ・イベント情報|