【インタビュー】アイドルスポッティングVol.21 開催インタビュー〜仲村コニー編〜

/【インタビュー】アイドルスポッティングVol.21 開催インタビュー〜仲村コニー編〜

【インタビュー】アイドルスポッティングVol.21 開催インタビュー〜仲村コニー編〜

横浜へイチゴの国からやってきたお姫様が降臨!!
ところが、このお姫様実はとんでもない雨女で・・・!?
キュートなだけじゃ収まらず、止まらない姫のお喋りをとくと堪能していただきたい!

――自己紹介をお願いします。

仲村:コニニこと、仲村コニ―です。イチゴの国から来たお姫様です。

――えっと・・・。こりん星的な?

仲村:そうですね。

――あ、そうなんだ・・・。イチゴの国はちなみにどこにありますか?ヨーロッパあたり?

仲村:全然違います(笑)。地球じゃなくて、宇宙の星です。みなさんまだ発見していないだけで、ちゃんとあるんです。

――姫は、どうやって地球に下りられたのですか?

仲村:歌手になるという使命を果たすために、自ら地球に来ました。

――なるほど。イチゴの国はどんなところですか?

仲村:その記憶があまりなくて。地球に降り立ってからの記憶しかないんです。それ以前はあまりないんです。

――イチゴの国・・・栃木とかではない?

仲村:違います(笑)。食べ物はイチゴのほかにお菓子とかが好きなんです。

――この王冠もお姫様とのことで。

仲村:そうです。ライブの時につけています。普段は普通に生活しないと、見られちゃうから。

――お姫様ってバレると・・・!大変!!

仲村:そうなんです。普段はマスクしてます。

――でも、お姫様オーラで気が付くんじゃないですか?

仲村:いつもサングラスしていたんですけど、結構外でコニ―ちゃんだ!ってバレちゃうんです。それを今度マスクにしたらそれもバレて、両方したらそれでもバレちゃうので、どうしようって・・・。

――姫のオーラは隠せないですよ!でも、サングラスとマスクじゃファンの人じゃなくても警察の人が・・・(笑)。

仲村:本当に警察の人に職務質問よくされます(笑)。

――よくされるなんて(笑)。

仲村:なんでかなって思ったんですけど、マスクしてなくてもキャリーバックを転がしているからみたいで。やっぱり怪しいみたいで。全身ピンクでキャリーもピンクなので、困っちゃって。警察の人に身分証明書出せって言われるんですけど、お姫様だから持っていなくて。出すものがCDしかなくて、CDだすとOK!って言われます。

――CDで大丈夫なんだ!(笑)。

仲村:そうするとちゃんとした人だってわかるみたいで(笑)。

――身分証明書としてCDを出すんですね(笑)。

仲村:持っているのがそれしかないから(笑)。結構怪しいみたい。

――日本というなかでは、そういう面で住みずらいんじゃないですか?

仲村:そうですね・・・。

――ライブとかはどんな感じですか?お話している感じだと、あまり踊ったりしないのかなって。

仲村:あ、バレてますか?そうなんですよ。アイドルなのに踊らないんですよ。

――・・・。何をするのですか?

仲村:私は歌なんです。歌手って感じでやってます。イチゴの歌も何曲かあって、夢とかファンタジーを歌ってます。あとは、恋愛ってものが分からないので片思いの歌とかですね。

――姫は恋愛がわからない・・・。

仲村:進行形ってものが分からないです。私は地球人じゃないので、よく分からないです。

――なるほど。結構ラブリーな感じですね!お客さんはどんな感じのお客さんがいますか?

仲村:お客さんは、男の人しか居なくて、それが悩みです。女の子の仲間が欲しいです・・・。アイドルでは居るんですけど、一般の女性には頭がおかしいって言われちゃう(笑)。友達が居ないです。結婚式に呼ばれたことが無いんです。

――それは本当に問題アリ・・・?(笑)。

仲村:一度も呼ばれたことが無いんですけど、一回行ってみたくて。

――結婚式に呼ばれたとして、どんな服装で行きますか?

仲村:気持ち的には、白いフワフワの・・・。

――1番ダメ(笑)。

仲村:あとは、ピンクのフリフリを・・・。ティアラ付けたらダメですかね?

――それもダメ(笑)。・・・私でも姫は呼びたくないかも。

仲村:(笑)。

――地球にほかの星から来たとのことで、日本全国、海外にも行かれてますよね。

仲村:海外でもライブしています。

――海外はどちらに?

仲村:アメリカのグアムで。6回ほどライブしました。今年の秋に7回目を予定しています。

――コニ―さん英語もできるんですね!

仲村:実は出来るんです。

――地球で覚えるのは大変だったのでは?

仲村:大変・・・でした。

――実は雨女と聞きましたが・・・。

仲村:そうなんです。お誕生日ライブを毎年やっているんですけど、誕生日が11月1日で。1日にお誕生日イベントをすると雨が降るんです。じゃあずらそうってなって、2日とか3日にしても雨が降るんです。必ず雨が降って。2年前だったかな、一回降らなかったことがあって。良かったー!って思ったら、会場出た瞬間に雨が降り始めたんです。だから、ほんっとうに雨女!!遠征とか、野外とか、お気に入りのライブハウスで歌うときには雨がよく降ります。

――姫のテンションが上がると?

仲村:そうですね。大事なライブや野外は大体雨が降ります。中止になっちゃうんですよ。音響さんとかに迷惑掛かっちゃって。私が出番終わると晴れてきたりとかよくあります。

――きっちりとした雨女ですね(笑)。今日はまだ降っていないですね?

仲村:今日は室内だからまだ大丈夫だと思います。この前野外に遠征行ったときに大雨降らせちゃって。お仕事先の人に怒られます。「もう呼ばないです。」って(笑)。雨が降るからイベントに呼びたくないって(笑)。

――先日も岡山の方に遠征しての復興ライブでしたが・・・。

仲村:そうなんです。雨で中止になりました。大雨降らせちゃうんです。

――どうして降ってしまうんですかね?

仲村:うーん・・・。冬だと大雪が・・・。

――困る!とても困る!!じゃあ、主催となると皆ファンの方は、お金と、グッズと・・・。

仲村:レインコートです。

――傘では間に合わないか(笑)。

仲村:そうなんです(笑)。雨女って本当に存在するんですよ。

――それはもう認めていくんですか?

仲村:最初は気が付いていなかったんですけど、もうそうだろうなって思って。皆も本当だ!ってなったので(笑)。

――夏は晴れてる時にやりたいですよね。

仲村:もちろん、晴れているときも歌ったことはあります。でも、80%くらいの確率で降ります。

――なかなか高い(笑)。お姫様も大変・・・。

仲村:本当に(笑)。

――地球上に降り立ったお姫様、いろいろ生活に苦労されているみたいですが、最後に男性のファンの方へメッセージをお願いします。

仲村:これからも応援してほしいです。

――では、なかなか好きになってくれない女性の方へ!

仲村:私の何がダメなんだーーー!!(笑)。女の人って、おしゃれしないと厳しいのかなって。メイクを濃くしたりすると今度は男性が離れていっちゃうんですよ。服もタイトめなのを着たりすると、女性は可愛いねって言ってくれるけど、男性ファンが離れていっちゃうんですよ(笑)。

――お姫様も大変ですね・・・。

仲村:バランスが凄く難しくて、地球での万人受けを研究しています。

――姫クラスになると、馴染むのはなかなかに大変かと・・・。最後に、これから予定してあるライブとかありますか?

仲村:関西になっちゃうんですけど、今年もバースデーライブを11月3日に大阪でやります。

――その日は雨ということで・・・。

仲村:多分そうだと思います。あと、私の3rdシングルを、全国のタワレコさん、HMVさんにもあるので、是非お願いします!

Text 茉奈佳

2018-08-30T17:12:44+00:002018年 8月 30日|Categories: インタビュー記事, グループ情報|