11月26日(日)電気通信大学にて『アイドルフェスティバル in 調布祭』が開催された。この「お祭り」では今勢いのある3組のグループが出演した。仮面を被った地下最強の「仮面女子」、改名が話題となった学院型アイドルグループ「純情のアフィリア」、神宮前+原宿が名前の由来である”可愛い”を届ける「神宿」の3組である。大盛り上がりを見せた当イベントを出演順でレポートをする。今回は「純情のアフィリア」のライブレポートをお届けする。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:菊島 明梨

アイドルフェスティバル in 調布祭のスタートを切ったのは「純情のアフィリア」。壮大なSF映画のようなSEが鳴り響くと、会場からは大きな声援が飛び交った。アフィリア制服でメンバーが登場。早速「S・M・L☆」を披露した。リズミカルな楽曲に合わせて、11人のコミカルでありながら激しいダンスを見せていた。11人のフォーメーション移動や2人1組となり、踊る姿は見ているものを魅了した。メルヘン溢れる楽曲と力強いパフォーマンスでスタートから会場は大いに盛り上がった。

2曲目の「ニーハイ・エゴイスト」ではクールなイントロと会場から発するコールが相まって非常に迫力を生んでいた。リズム感溢れる当ナンバーに人形のように踊る彼女たちが非常に特徴的だった。独特のコールアンドレスポンスが曲中にあり、会場を更に沸き立てた。心に響くメロディー、艶やかな歌詞、独特なダンスの当楽曲のパフォーマンスは一回見ると”クセ”になってしまうほど、印象が強いだろう。

2曲目が終了するとMCに入った。グループの紹介とメンバーの自己紹介を行った後、電気通信大学の文化祭ということで、話題は出店についてだった。メンバーが観客に「出店で何か食べましたか?」の質問に対して、「オムそば」や「お好み焼き」などの回答がされた。その後、電気通信大学の学生による出店の宣伝タイムとなった。その様子は文化祭にふさわしく、普段のライブではない面白い光景だった。最後に「宣伝代として純情のアフィリアの物販に来てください」としっかりとオチをつけてMCは終了した。

3曲目は「La*La*La ラボリューション」。「ダーリン」のフレーズで始まるイントロからキュートな振りを披露し、その愛らしい様子は見ている者を虜にした。左右2グループ分けてのダンスフォーメーションでパート毎に踊る様子も見応えがあり、最後まで楽しめる演出だった。

その後、楽曲派も満足する魅惑のメロディーと歌詞、綺麗に揃ったダンスを見せた「Never say Never」、上品さがありつつも力強さがあるパフォーマンスを見せた「はじめてのSEASON」を披露した。

純情のアフィリアのステージの最後は「Embrace Blade」を披露した。流動的なダンスとサークルになって踊るダンスに合わせて、観客のクラップで会場は大きく盛り上がった。
会場の熱量を保ったまま、約30分のステージは終了した。純情のアフィリアは立体的かつ流動的なダンス、メルヘンなものからメッセージ性のある楽曲を披露し、見ている側が魔法に掛けられたような気持ちになる、そんな魅力の溢れるパフォーマンスだったと言える。

セットリスト
1.S・M・L☆
2.ニーハイ・エゴイスト
MC
3.La*La* La ラボリューション
4.Never Say Never
5.はじめてのSEASON
6.Embrace Blade

【アイドルフェスティバル in 調布祭 目次】