11月26日(日)電気通信大学にて『アイドルフェスティバル in 調布祭』が開催された。この「お祭り」では今勢いのある3組のグループが出演した。仮面を被った地下最強の「仮面女子」、改名が話題となった学院型アイドルグループ「純情のアフィリア」、神宮前+原宿が名前の由来である”可愛い”を届ける「神宿」の3組である。大盛り上がりを見せた当イベントを当記事では仮面女子のレポートをする。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:菊島 明梨

壮大でアドベンチャー映画を想起させるような音楽と英語のナレーションの入ったSEが流れた。「Call me〜!」と叫ぶと激しいメロディーが流れ、メンバーがチームコンセプトの武器を持ち続々と登場。「仮面女子」とアナウンスされ、ステージに照明が上がり仮面を被った10人が姿を現した。当イベントでは仮面女子から「アリス十番」、「アーマーガールズ」の出演となった。

1曲目の「大!逆!転!」ではラップのような歌い出しからスタート。疾走感がありつつもラップが入り混む当楽曲は面白さがあり、聞き応え抜群だった。全体で見ても綺麗なダンスをしており、個人を見ても個性際立つダンスを披露した。仮面を被ったままのダンスは迫力がある。終盤では観客も歓声を飛ばし、一緒に歌うなど1曲目から大盛り上がりだった。

2曲目の「大冒険☆」では激しいロックサウンドのイントロからドラム音が強調されつつも爽やかなメロディーが流れた。当楽曲も曲中ラップパートがあり、こちらも面白さがある。「大冒険☆」という表題の通り、前向きなメッセージが込められており非常に聞き応えがあった。大きく体を使いながらもキレのあるダンスは非常に見応えがあった。2曲目も盛り上がりは落ちず、熱量は保たれたままだった。

2曲目が終わるとMCとなった。電気通信大学とは関わりが深く、様々なコラボをしていると話す。メンバーは授業も受けたことや学生と一緒に食事をするなど、学生にとっては非常に嬉しいコラボを実施していた。そして次曲で披露となった、「アドベンチャー」は、坂本教授が研究している「AI」で色やイラストからAIで言語を抽出し、作詞を行ったと話した。

そして3曲目はMCで話した、仮面女子の楽曲「アドベンチャー」を電気通信大学とのコラボということで「電アドベンチャー」と題し、披露した。AIが作詞をしたと思えないほど、見事な歌詞で完成度の高い楽曲と化した。現代技術の進歩を感じる瞬間だ。パフォーマンス自体も間奏でヘドバンを行うなど、激しさが溢れていた。それに合わせ、観客も大きな歓声を送っていた。youtubeにも上がっているので、元の楽曲の「アドベンチャー」と「電アドベンチャー」を是非とも比較して聴いて頂きたい。

4曲目では「全開☆ヒーロー」を披露。こちらもイントロから激しいヘドバンを行い、パワフルなスタートを切った。全体を通してもスタートのインパクトに負けないパワフルなダンスを披露し、圧巻のパフォーマンスを見せた。

4曲目が終了すると再びMCへと移った。今回のMCでは仮面女子の活動内容についてコメントした。仮面女子は秋葉原の「仮面女子カフェ」で365日公演を行っている。地下アイドル最強と謳う当グループはステージの数もどこにも負けていない。

MCが終了すると、「仮面大陸〜ペルソニア〜」が披露された。しっとりとしたイントロから曲調にマッチした歌い出しでスタートしたが、Aメロに入ると激しいメロディーとラップが入った。当楽曲もメッセージ性が強く、大きく強いダンスも相まって、楽曲の壮大な世界観が心に響く。また響き渡る歌声と転調するメロディーに合わせ、曲中で変化するパフォーマンスは非常に面白さを感じさせてくれる。ここまで披露したどの曲も非常に見応えがあった。

仮面女子のステージの最後は定期公演等でも定番となっている「夏だね☆」。蝉時雨が鳴るイントロから夏らしさを感じさせてくれる楽曲だ。タオルを振り回す当楽曲は、会場の盛り上がりに更に一体感を加えた。終盤にはトイレットペーパーを用いたガトリングの発射やゴムボートにアリス十番のメンバー、立花あんなが乗り客席に下りた。この仮面女子恒例となっているパフォーマンスは、エンターテイナーとしての力量の高さを見せつけた。楽曲の最後にもオーディエンスから大きな歓声が飛び、熱量を保ったまま、仮面女子のステージは終了した。

様々なジャンルと面白い構成の楽曲を多く持ち、圧巻のパフォーマンスを見せる仮面女子は自他共に認める「地下アイドル最強のアイドルグループ」と言える。その実力の高さは目を見張るものがあるだろう。一度ステージを見ると、納得がいくはずだ。今後も多くの業界で話題を作り続ける仮面女子から今後とも目が離せない。

セットリスト

1.大!逆!転!
2.大冒険☆
MC
3.電アドベンチャー(AI作詞曲)
4.全開☆ヒーロー
MC
5.仮面大陸〜ペルソニア〜
6.夏だね☆

【アイドルフェスティバル in 調布祭 目次】