11月26日(日)電気通信大学にて『アイドルフェスティバル in 調布祭』が開催された。この「お祭り」では今勢いのある3組のグループが出演した。仮面を被った地下最強の「仮面女子」、改名が話題となった学院型アイドルグループ「純情のアフィリア」、神宮前+原宿が名前の由来である”可愛い”を届ける「神宿」の3組である。大盛り上がりを見せた当イベントを当記事では神宿のレポートをする。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:菊島 明梨

アンセムのようでありながらドラム音が響き渡るSEでメンバーが登場。メンバーカラーに合わせたワンピースの衣装を身に纏っていた。登場すると「盛り上がる準備できてるかー!」の声と神宿の頭文字「K、M、Y、D」のコールアンドレスポンスがされ、スタートから会場は大盛り上がりだった。

そして一曲目の「星空帰り道」への披露となった。ピアノの美しいイントロから5人の幾重にも重なった歌声が非常に綺麗で会場に響き渡った。うっとりとする優しいフリで楽曲の夜空を想起させるような雰囲気にマッチしていた。しっとりとした歌声、綺麗なファルセットが聴き心地が良く、不思議と穏やかな気持ちになった。

2曲目は「Ultra cheer」だった。爽やかなメロディーに合わせてサビでは拳を振り上げ、力強さを表現した。観客も一緒に拳を振り上げ、会場は一体となった。爽やかな聴きやすい楽曲で、フリコピもしやすいため、ライブで一緒にフリをすることで満足度は高いだろう。スタート2曲からパフォーマンスの完成度の高さを見せた。

2曲目が終了すると、MCに入った。グループの「原宿発!せーの(パンパン!)神宿です!」という挨拶はファンの間でも人気が高い。この神宿のステージを楽しんで欲しいというコメントを行ったあと、観客の声出しを行うことになった。上手、下手、中央の順に「イエーーーイ」と大きな歓声が上がり、既に会場は大きく盛り上がっていた。その勢いのまま3曲目を披露した。

3曲目の「Life is やっぱBeautiful」はイントロから太鼓を叩くようなフリと和風の雰囲気がマッチしており、そこから一気にメロディーが加速した。電子音が混ざりあったスピード感あるメロディーに合わせてキレのあるダンスを披露し、オーディエンスもパフォーマンスに合わせて大きな歓声を上げていた。メンバーの表情の豊かさが会場の盛り上がりを誘い、メンバー自身も楽しんでいるように見えた。間奏では羽島めいが煽りを行い、「はい!はい!はい!」と観客がそれに答え、一体感が生まれていた。前半2曲とはまた違ったパフォーマンスを見せ、盛り上がりが加速した。

4曲目は神宿の代表曲の一つである、「原宿戦隊!神宿レンジャー」を披露した。メンバーについての歌詞もあり、神宿の自己紹介代わりのソングだ。忍者のように忍び足でささっと踏むステップが印象的で、コミカルなダンスは見応え抜群だ。ポップなメロディーとキャッチーな歌詞に合わせてノリノリで歌い、踊る姿はなんとも愛くるしく、見る者を一気に引きこみ、神宿を知らない人もこの曲を聞いて、パフォーマンスを見れば、神宿に引き込まれるだろう。

5曲目の「Action」では最初から「まだまだ盛り上がろう」というメッセージが込められた煽りを行い、会場は更に熱を帯びた。ポジション移動による立体的なパフォーマンス、華麗に踊る姿がより観客を引き込み、会場の盛り上がりは最高潮へ。

最後は、サビで観客と共にタオルを振り回す「Summer Dream」を披露し、神宿の約30分のステージは幕が下りた。神宿は楽曲の良さと大きく盛り上がるパフォーマンスが非常に魅力的である。前述の通り、初めて見ても印象は強く、一回見ると頭からなかなか離れない。そんな楽しさが神宿のパフォーマンスには詰まっている。まだ神宿のステージを見たことがない方は一度見に行くことをオススメする。

セットリスト

1.星空帰り道
2.ultra cheer
MC
3.Life is やっぱBeautiful
4.原宿戦隊!神宿レンジャー
5.Action!
6.Summer Dream

【アイドルフェスティバル in 調布祭 目次】