Lily of the valley:【ライブレポート】「セカイベ エキシビジョン。」ステージ『Lily of the valleyのライブは熱狂の花を会場中に咲かせていった』

Lily of the valley:【ライブレポート】「セカイベ エキシビジョン。」ステージ『Lily of the valleyのライブは熱狂の花を会場中に咲かせていった』

アイドルメディアとして気になるアイドルたちをピックアップしては、石山編集長の熱い文章で紹介し続けている「セカイベ」。同サイトが主催するイベント「セカイベ エキシビジョン。」が 、11月23日(土)に代官山LOOPを舞台に行われた。出演したのが、ゑんら、BLACKNAZARENE、全力少女R、Lily of the valleyの4グループ。当日の模様を、編集長に変わり、ここにお伝えしたい。

大阪からお洒落タウンの代官山へ足を運んだのが、Lily of the valley。鐘の音に続き、勇壮なSEが鳴りだしたのに合わせ、メンバー一人一人がステージへ。その姿を目にしたとたんにフロアから沸き上がった歓声。

Lily of the valleyのライブは、沸き立つ情熱へ哀愁を重ねながら歌う「オレンジ」から幕を開けた。一人一人が、想いを詰め込んだ歌声をリレーしてゆく。それぞれの心に秘めた情熱が、歌声を通して花開いてゆく様を感じれたのも嬉しかった。全員の歌声が重なりあったときには、未来を照らす輝きをそのハーモニーに覚えていた。華やかなステージングはもちろん、5人の光をつかもうとする気持ちが、歌い踊る姿を通しキラキラと輝きを増してゆく。楽曲に刺激を受け気持ちは熱く沸き立ちながらも、何時しか心は、そのステージングに引き寄せられていた。「キラキラ光る未来」、ぜひ一緒につかみたい。

「叶えたい夢がある Hello夢を今 この手を伸ばして」 「叫びたい想いがある この声を今 君に届けたいから」、高ぶる気持ちを力強く振り上げた拳に伝えながら。自分たちが胸に抱えた想いや熱情を、5人は「Hello 夢を」へ熱くぶつけてきた。軽快にステップを踏みながら歌う姿もチャーミングだ。でも、それ以上にLily of the valleyのライブからは「叶えたい夢」をつかもうとする情熱を感じずにいれなかった。その歌声に触れながら、5人と一緒に未来を観たい気持ちが心を騒がせていた。愛らしいステージングも魅力だが、それ以上に、胸の内に秘めた想いを光輝く力強い歌声に変え届ける姿に、心が強く惹かれてゆく。「この歌を君とずっと歌いたい」。これからも彼女たちと一緒に夢を追い求めながら、その歌を交わしあおうじゃないか。

高ぶる感情。メンバーたちと「ヘイヘイ」熱いやりとりを交わしながら、楽曲は、熱を増幅させるように「幸福ご飯」へ。「お腹いっぱい 夢がいっぱい」と、5人はわちゃわちゃ弾けながら力強く歌をぶつけていく。間奏でフロアから飛び交った「うっほい」の熱い声。愛らしいのにパワフルなステージングも魅力的だ。気持ちを一つに熱く歌声を重ねる5人の歌声にお腹がいっぱいになるどころか、もっともっとお代わりしたい気分だった。

最後は、会場中を熱狂の風景に染めあげた超パワフルナンバーの「シリウスなキミ」だ。舞台を目一杯使い、あふれでる元気を会場中へ振りまくように歌う彼女たち。その想いに触発され、フロアのあちこちから口上が響き渡る。ステージとフロアが気持ちを一つに熱を上げてゆく、この最強のパワーをもっともっと増幅させたい。そんな力強いステージングを持って、Lily of the valleyのライブは熱狂の花を会場中に咲かせていった。去りぎわに言った「なんでやねーん」 「おおきにぃ」の挨拶も可愛いかったよ。

最後に、出演者全員がステージへ。最後にこの日の感想を述べ、イベントの幕を閉じていった。

PHOTO:NEW163
TEXT:長澤智典