8月29日(火)UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦/敗者復活戦!

/8月29日(火)UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦/敗者復活戦!

8月29日(火)UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦/敗者復活戦!

60大学70チームが参加した大学対抗女子大生アイドル日本一決定戦 成城大学の「成城彼女」が悲願の初優勝を達成!
〜QTTA応援ソングオリジナルダンスコンテストグランプリは同志社大学「”i CRUSH」〜

学生団体UNIDOL実行委員会は、大学生主催の大学対抗女子大生アイドル日本一決定戦「UNIDOL(ユニドル)2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦/敗者復活戦」を、2017年8月29日(火)に新木場STUDIO COASTにて開催し、述べ3,517人の来場を記録した。また、シークレットゲストとして、「NMB48」と「SUPER☆GiRLS」が登場し、会場は大いに盛り上がりを見せた。

今回、全国5大都市(東京・大阪・名古屋・福岡・札)で行われた60大学70チームによる予選を勝ち抜いた14チーム、同日開催の敗者復活戦を勝ち抜いた2チーム、スペシャル枠1チームが決勝戦に出場。各チーム、本物のアイドル顔負けの非常にハイレベルなダンスパフォーマンスを披露した。そして、見事、優勝を勝ち取ったのは準優勝チームとわずか3ポイント差の激戦を制した成城大学の「成城彼女」。 「成城彼女」は、前回大会「UNIDOL2016-17 Winter 決勝戦」で準優勝したチームであり、今回悲願の初優勝を勝ち取り、前回大会の雪辱を晴らした。

「成城彼女、初めて日本一になりました。皆さんのおかげで、やっとここまで来ることができました。本当にありがとうございました。」とコメント。

一方、惜しくも準優勝となったの同志社大学の「i CRUSH」は、今回冠協賛としてサポートして東洋水産株式会社の「全ての若手を応援する」というブランドコンセプトの「MARUCHAN QTTA」の応援ソングに合わせオリジナルダンスコンテストのグランプリである「QTTA賞」を獲得するなど、過去稀に見る激戦となった。

QTTAテーマソング「セーのでエールを」でダンスコンテスト栄えある「QTTA賞」受賞チームは「i CRUSH」に決定!!

「QTTA賞」とは、東洋水産株式会社が展開する全ての若手を応援するプロジェクト、「QTTAエールプロジェクト」の一環として、本大会の本戦とは別に設けられた特別賞である。

OKAMOTO’SプロデュースによるQTTAのテーマ曲「セーのでエールを」を課題曲とし、全国のUNIDOL達がオリジナルダンス動画を制作。8月10日〜8月21日までの期間、WEBでの一般投票で投票数が多かった上位3チームが大会当日、この「QTTA賞」を懸けてオリジナルダンスを披露し、熱い戦いが繰り広げられた。ダンスパフォーマンスを審査員の厳正なる審査及び、来場者の投票により、「QTTA賞」は、「i CRUSH」に決定した。

「QTTA賞」受賞 同志社「i CRUSH」

「まず素直に嬉しいです!WEB投票で3チームに選ばれたからには、絶対優勝しようねってみんなで話していました。どうにかして目立ちたかったので、頭にQTTAを乗っけて踊りました。東洋水産さん、CMお待ちしています(笑)」とコメント。賞品としてQTTA1年分が贈呈された。

WEB投票で3位の大妻女子大学「Grant saga」。「QTTA旋風を巻き起こします!」と意気込んだパフォーマンス。QTTAの「Q」を表現したキュートな振り付けでトップバッターを飾った。

畿央大学の「ばんびっ子」。少数精鋭でありながらステージを大きく使ったパフォーマンスは人数の差を感じさせない圧巻のステージを披露した。

当日の会場内には、「MARUCHAN QTTA」を試食できるブースを設置。多くの来場者の方々が試食をし、「MARUCHAN QTTA」の美味しさを感じていた。

【UNIDOL(ユニドル)】
UNIDOL(ユニドル)とは、東京大学・慶應義塾大学・早稲田大学・上智大学・中央大学などが出場する、 日本唯一の大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト。今回で10回目を迎え、昨年の年間総動員数は2万人を記録するなど、年々規模を拡大しているイベントである。

また、毎回様々な企業様が協賛し、今大会では、東洋水産株式会社の若年層向けブランド「MARUCHAN QTTA」に冠協賛として大きくサポート。毎シーズン大学生の大きなイベントになっている、「UNIDOL」。このイベントから実際にアイドルになっている人も増えてきている。

毎回ドラマチックなシーンを描く当イベントは新たな「大学生の青春」として恒例の物となっていくことだろう。「UNIDOL Winter」にも期待が高まる。

2017-09-06T13:51:19+00:002017年 9月 6日|Categories: ライブ・イベント情報|