純情のアフィリア、イケてるハーツ:【ライブレポート】純情のアフィリア vs イケてるハーツ 振り返りレポート【写真多数あり】

/純情のアフィリア、イケてるハーツ:【ライブレポート】純情のアフィリア vs イケてるハーツ 振り返りレポート【写真多数あり】

純情のアフィリア、イケてるハーツ:【ライブレポート】純情のアフィリア vs イケてるハーツ 振り返りレポート【写真多数あり】

11/23、HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3にて純情のアフィリアとイケてるハーツの対バンライブが行われた。今回はコラボあり、重大発表ありの白熱したステージの様子を振り返っていく。

【純情のアフィリア】

さいたま新都心 VJ-3は超満員となり熱気を帯びる中、先に登場したのは「純情のアフィリア」。大きな歓声で迎えられた。「みなさんこんばんわー!純情のアフィリアです!」と挨拶し、1曲目の「はじめてのSEASON」が披露された。躍動感があるダンスと綺麗な歌声のハーモニーが非常に綺麗だった。それに応えるように会場には大きな歓声とコールが沸き起こり、綺麗に点灯したサイリウムがステージに彩りをもたらした。スタートからメンバー、ファンどちらもエンジンがかかっている状態だった。

1曲目が終了し、MCを迎えた。まずは、当対バンの夜の部に多くの人が集まったことに感謝の意を述べた後、一人一人自己紹介を行った。当イベントでは対バンで多くの楽曲を行うことを述べ、「飛んで盛り上がっていけますか!」と観客を煽り、次曲「Jumping」へと移った。

「Jumping」は疾走感溢れるメロディーに加え、サビでメンバーとオーディエンスが共にジャンプするのが特徴な楽曲だ。楽曲に合わせて会場は大きな盛り上がりを見せた。
その後、凛とした表情とキレのあるダンスで魅せた「セピア」、楽曲派にも評価が高い、爽やかなメロディーに乗せた強いメッセージ性のある歌詞が魅力の「Never say Never」を披露した。会場が汗ばむほど熱量が高くなってきた。

そして次曲では煌めくメロディーと綺麗で力強い歌声が響き渡った「この世界に魔法なんてないよ」を披露した。パワフルなパフォーマンスに負けじと観客もコールやクラップでステージを盛り立てた。

その後再度MCとなり、「ラストスパート楽しんでいけますか!」とファンの気持ちを掻き立て、次曲の披露となった。

6曲目の「Bitter Sweet」ではノスタルジックメロディーと11人の美しいハーモニーが会場に響いた。熱を帯びた会場は一転し、穏やかな雰囲気となった。

そして激しいながらコミカルなフリに特徴がある「S・M・L☆」で再び会場は盛り上がり、続く「Embrace Blade」では、煽りによるクラップやメンバーの横移動に合わせてファンも大きく左右に揺れる動作で会場に一体感が生まれ、盛り上がりは最高潮へ。

最後は「恋のWizard百年戦争」を披露。最後までキレキレのダンスを魅せた。盛り上がりの余韻を残しながら約50分の純情のアフィリアのステージは終了した。満員の会場に大きな熱量。圧巻のパフォーマンスを魅せた純情のアフィリアに改めて魅了されたファンは多いだろう。

純情のアフィリアセットリスト

1.はじめてのSEASON
MC
2.Jumping
3.セピア
4.Never say Never
5.この世界に魔法なんてないよ
6.Bitter Sweet
7.S・M・L☆
8.Embrace Blade
9.恋のWizard百年戦争

【イケてるハーツ】

疾走感溢れるクールなSEが流れると、メンバーが登場。会場は大きな声援で包まれた。早速1曲目「カルマストライプ」した。アイドルの悩みのようなメッセージを表現した当楽曲は、その苦労や悩みを具現化するが如く、激しいフリで表現された。観客も大きなコールで応え、会場の熱量は依然保たれたままだった。

その後MCに入り、一人一人が自己紹介を行った。自己紹介するごとに歓声が沸き、当イベントの盛り上がりを証明した。新メンバー加入後、初の長編ライブということで、メンバーも気合い十分だった。

次曲は先ほども披露された純情のアフィリアの楽曲「Jumping」。純情のアフィリアに引けを取らないほどのパフォーマンスで、会場は大きく沸いた。メンバーも楽しそうな表情で踊るのはもちろんの事、ファンも良い表情をしているように見えた。この楽しさはどんどん加速していく。

その後、ディスコミュージックのようなサウンドに合わせて綺麗にフォーメーションを変える「イケイケ BIG HEARTS♡」を披露した。ファンもディスコのように踊り、熱を帯びながらも解放感溢れるような”ストレスフリー”の様子が見られた。次曲「罪証のルシファー」では一変し、クールな表情とダンスで会場を魅了した。

その後、再びMCとなった。メンバーもコメントしていたがイケてるハーツのステージは前半でありながらも既に会場は凄まじい熱気に包まれていた。メンバーがこのMCで、10月25日に発売されたシングル「カルマストライプ」の売り上げが、前回シングルの売り上げを1売り上げを6,000枚以上も上回っていることを報告し、ファンを喜ばせた。さらに嬉しい発表としてイケてるハーツ初のアニメタイアップが決まったことが報告された。1月放送の「ミイラの飼い方」のEDテーマとして起用されるとのことなので、是非ともチェックして頂きたい。

そして後半戦一発目の曲は手を使った振り付けが特徴的な「Dreaming love」。切なさと”キミ”への恋心が見事に表現されており、11人が奏でる綺麗な歌声が楽曲の描く世界観を助長した。聞くだけで感情移入できるに違いない。

その後、会場に大きくクラップ音が響き渡った「シュリンプガール」、『イケてるハーツがNo.1』というオリジナルコールが特徴的な「世界へはばたけ!」を披露し、会場の盛り上がりは更に加速した。

そしてイケてるハーツのステージは終盤へ。クールな楽曲に合わせた端麗なダンスが特徴的な「ルミカジェーン」を披露。その後、スキップをしたり、オーディエンスに向けて手を振るなど、ノリの良い楽曲「ハッピーエンド」を披露し、イケてるハーツのパフォーマンスは終了した。

しかし満足度の高い当イベントはまだまだ終わらない。最後に2組によるコラボステージが披露された。

イケてるハーツセットリスト

1.カルマストライプ
2.Jumping
3.イケイケ BIG HEARTS♡
4.罪証のルシファー
5.Dreaming love
6.シュリンプガール
7.世界へはばたけ!
8.ルミカジェーン
9.ハッピーエンド

【コラボステージ】

コラボステージ1曲目は、純情のアフィリアよりナナ、モエ、ユミ、クロエ、ミルモ(略称)、イケてるハーツより新、越智、橘、虹香、愛瀬、城木が登場し、イケてるハーツの楽曲「オトメゴコロ」を披露した。純情のアフィリア vs イケてるハーツで分かれるように、交互に歌唱する姿はいつもとは異なる様子に見応えがあった。またハートを作るフリや間奏でウェーブを会場を沸かせた。

コラボステージ2曲目は、純情のアフィリアの前々身グループの「アフィリア・サーガ・イースト」時代の楽曲である「ニーハイ・エゴイスト」を、純情のアフィリアからマホ、モモコ、カナ、カオリ、アンナ、セラ(略称)、イケてるハーツから宇咲美、内田、舞波、今井、小泉で披露した。人形のように踊るフリは非常にインパクトが強く、キャッチーなメロディーと歌詞が心地良く耳に残るナンバーだ。落ちサビ前では「E・G・O・I・S・T(エゴイスト)」のコールアンドレスポンスを行うのが恒例である。このパフォーマンスで会場は更に一体感が増し、満足度の高いコラボステージは終了した。

その後、2グループのメンバー全員が集まり、「緊張した」や「楽しかった!」など、各々コラボステージの感想を述べ合った。お互いのグループの楽曲をカバーし合うことは今まであったが、半々に分かれて披露することは珍しいため、この日来たファンは非常に貴重な姿を見れて満足だったことだろう。

そしてこの日、イケてるハーツの新リーダーが発表された。投票制で決められ、多く投票されたメンバーがリーダーとなる。この説明を純情のアフィリアのマホからされ、新リーダーの名前が書かれた手紙が今までイケてるハーツのリーダーとして2年間引っ張って来た新ユウユの手元に渡り、発表となった。

そして新リーダーは虹香に任命された。虹香は「不安は大きいが、投票制で一番多く票が入ったと言うことで、信頼されているんだなと思っています。イケてるハーツをもっと大きいグループにできるよう頑張ります」と涙ながらコメントした。これに合わせ、観客から「虹香」コールがされ、リーダー就任を祝した。

更にサプライズとしてリーダーだけで無く、サブリーダーの発表された。投票数2番目のメンバーがサブリーダーに就任することになった。再び新ユウユから発表され、新サブリーダーは内田琴音となった。リーダー、サブリーダーが変わったことで、今後どのようにイケてるハーツが発展していくのか、目が離せない。

大きな盛り上がりと大きな発表をされた当イベントは大盛況で幕を閉じた。まだまだ大きくなっていくであろう2グループの動向には注目せざるを得ないーー。

コラボステージセットリスト

1.オトメゴコロ(新、越智、橘、虹香、愛瀬、城木、ナナ、モエ、ユミ、クロエ、ミルモ)
2.ニーハイ・エゴイスト(マホ、モモコ、カナ、カオリ、アンナ、セラ、宇咲美、内田、舞波、今井、小泉)

(文:セカイベ編集部 石山喜将 / 写真:名和 洋助