【速報レポート】TIF2018 2日目:BiS1st、BiS2nd ライブレポート@HOT STAGE『良い意味で裏切られたラスト』

/【速報レポート】TIF2018 2日目:BiS1st、BiS2nd ライブレポート@HOT STAGE『良い意味で裏切られたラスト』

【速報レポート】TIF2018 2日目:BiS1st、BiS2nd ライブレポート@HOT STAGE『良い意味で裏切られたラスト』

2018年8月3日、4日、5日と開催されている世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」が今年も開催。セカイベでは写真を中心としたライブレポートをお伝えする。

今回はHOT STAGEで行われた、BiS2nd、BiS1stのライブレポートをお届けする。

BiS LEAGUEの投票により1st、2ndのメンバーが決まってから間もなく、今回のTIFのステージで楽しみにしていた方は多いことだろう。結果的に最高のエンターテイメントを魅せてもらった。

【BiS2nd】

まずはBiS2ndからのステージとなった。開始の時間になると、「BiSBiS」のイントロが流れ、メンバーが登場した。BiS 2ndは本来、ペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタール、ミュークラブ、ネル・ネール、YUiNA EMPIRE、ムロパナコの6人、1stはゴ・ジーラ、アヤ・エイトプリンス、パン・ルナリーフィ、トリアエズ・ハナと決まったが、この日は、ネル・ネールとアヤ・エイトプリンスがトレードされ、パフォーマンスを行った。

そして1曲目の「BiSBiS」では、力強く、表情豊かにパフォーマンスを披露。全員の強い個性が際立ちつつも全体でも美しかった。そして2曲目も再び「BiSBiS」を披露した。
3曲目も「BiSBiS」…。WACK所属のアーティストは時に1曲を連続で、終わりまで行うことがある。3曲目を披露している最中、ここにいる会場の誰もが4曲目も「BiSBiS」を披露し、BiS 2ndのステージを終えると思っただろう。

しかし、3曲目を終えると、、メンバーは「BiSBiS」のフォーメーションとは違う。これはなんだ? そんな風にみんなが思っただろう。
そしてイントロがかかった。披露したのは同じくWACK所属のアーティスト『GANG PARADE』の楽曲「GANG2」。この展開にファンからは大きな歓声が飛んだ。鳥肌が立った。

GANG PARADEで新アンセム曲になりつつあるエモい楽曲「GANG2」を見事に披露し、大きな盛り上がり、感動を生んだ。BiS 2ndの約20分のライブは非常に満足度が高かった。
きっと同じ曲で来るだろうーー。そんな予想を良い意味で裏切ってくれた。最高の展開だった。

【BiS 2nd セットリスト】

1.BiSBiS
2.BiSBiS
3.BiSBiS
4.GANG 2(GANG PARADEカバー)

【BiS 1st】

BiS2ndのステージが終了し、すぐにBiS 1stのステージとなった。BiS 2ndと同様に、「BiSBiS」のイントロがかかり、メンバーが登場した。そして2ndと同様に「BiSBiS」を連続で披露。1stもパワフルな歌声、キレのあるダンスと圧倒的なパフォーマンスを披露し、回数を重ねる毎に会場に熱が帯びていく。そして残り時間が少なくなってきた。

2ndと同様に「GANG2」を披露するのか、それとも2ndとは違く、全て「BiSBiS」で終えるのか、それとも、他の楽曲をやるのか、それとも・・・・
様々なパターンが脳裏をよぎった。何が来るのか。ドキドキとワクワクが同居し、気持ちが昂ぶってきた。

そして1stが最後に披露したのは、2nd同様に『GANG PARADE』から「Plastic 2 Mercy」。イントロが流れた瞬間から観客から大きな歓声が湧いた。GANG PARADEの代表曲をBiSが披露することに非常に感動が生まれた。「Plastic 2 Mercy」の特徴であるメンバー、観客全員が肩を組んで左右に移動するパフォーマンスをしっかりと行い、盛り上がりから会場に熱を帯びていた。この楽曲を披露し、BiS 1stのステージは終了した。

良い意味で裏切ってくれるBiSは最高に素晴らしく、最高にエンターテイナー集団だ。TIFで素晴らしいステージが見れた。

【BiS 1st セットリスト】

1.BiSBiS
2.BiSBiS
3.BiSBiS
4.BiSBiS
5.Plastic 2 Mercy (GANG PARADEのカバー)

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:写真:抹茶らて利休 @MacchaLatte_MD

2018-08-04T17:05:48+00:002018年 8月 4日|TIF2018, ライブ・イベント情報|