【速報レポート】TIF2018 2日目:GANG PARADE ライブレポート@HOT STAGE『BiSへの”アンサーステージ”』

/【速報レポート】TIF2018 2日目:GANG PARADE ライブレポート@HOT STAGE『BiSへの”アンサーステージ”』

【速報レポート】TIF2018 2日目:GANG PARADE ライブレポート@HOT STAGE『BiSへの”アンサーステージ”』

2018年8月3日、4日、5日と開催されている世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」が今年も開催。セカイベでは写真を中心としたライブレポートをお伝えする。

今回はHOT STAGEで行われた、GANG PARADEのライブレポートをお届けする。

TIF2018のHOT STAGE会場である、Zepp DiverCity(TOKYO)には多くの「遊び人」(=GANG PARADEのファンの略称)が集まり、会場は超満員。GANG PARADEのステージに期待を寄せる遊び人が数多く見られた。

そしてGANG PARADEお馴染みのOPSEが流れるとメンバーが登場。早速楽曲披露へ移った。1曲目に披露したのは、GANG PARADEの代表曲である「Plastic 2 Mercy」。
GANG PARADEにとって、ライブでは欠かせない大切な楽曲を披露した。曲中、肩を組んで左右に移動するフリでは、観客も一緒になって移動する。そして超満員の会場は大きく波を打つようだった。1曲目から会場の非常に熱量が高く、それを感じたメンバーからも非常に楽しそうな様子が見られた。

全員が体を揺らし、手を翳し、大きく揺れる。非常に楽しそうで、気持ち良い、正に”遊び場”を体現しているようだった。
そして2曲目も同様に「Plastic 2 Mercy」を披露。3曲目も・・・・

連続で「Plastic 2 Mercy」を披露していく。何回も繰り返す中で、ココ・パーティン・ココが手で遊び人を煽ったり、ハルナ・バッチーンが「まだ足りてなくないですかー?」と煽ったりしていた。この様子に、ファンからも自然と、「まだ足りない!」と歌う場面が見られた。

「まだ足りない」。この合言葉が会場に強い盛り上がりをもたらした。数をこなせばこなすほど、熱量は高くなっていき、ファンも大きく盛り上がる。メンバーもさらに煽り、求める。そんな様子が非常に気持ち良かった。

5曲連続で「Plastic 2 Mercy」を披露した後、変化が見られた。披露した楽曲はBiSの『BiSBiS』のカバーである。これは先ほどあげたBiSのライブに結果的に応えるという”アンサーステージ”となった。

【速報レポート】TIF2018 2日目:BiS1st、BiS2nd ライブレポート@HOT STAGE『良い意味で裏切られたラスト』

イントロがかかると、会場からは大きな歓声が。
GANG PARADEが歌う、『BiSBiS』は非常に楽しそうで、ノリノリな様子が見られた。『BiSBiS』は、ワクワクが込められた楽曲である。それを見事に表現し、美しく見えた。

ソロ歌唱のパートでは、ハルナ・バッチーンとカミヤサキが担当し、会場を盛り上げた。
観客も、サビのジャンプを一緒に行うなど、終始楽しそうな様子が見られた。最高潮の盛り上がりを見せた後、GANG PARADEのステージは終了した。
最後は何もコメントせず、ステージを後にした。その様子が非常にクールだった。

今回のBiSとGANG PARADEのやりとりは非常に楽しく、大きな満足度が得られ、TIFと言うステージを大きく盛り上げた。正直、「最高」以外に言葉が出ない。そんなステージだった。

【セットリスト】

1.Plastic 2 Mercy
2.Plastic 2 Mercy
3.Plastic 2 Mercy
4.Plastic 2 Mercy
5.Plastic 2 Mercy
6.BiSBiS(BiSのカバー)

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:写真:名和 洋助

2018-08-04T18:50:18+00:002018年 8月 4日|TIF2018, ライブ・イベント情報|