【ライブレポート】ノタFES2018 1日目:ゆるめるモ! ライブレポート『ニューウェーブガールズグループの変幻自在、圧巻のパフォーマンス』

/【ライブレポート】ノタFES2018 1日目:ゆるめるモ! ライブレポート『ニューウェーブガールズグループの変幻自在、圧巻のパフォーマンス』

【ライブレポート】ノタFES2018 1日目:ゆるめるモ! ライブレポート『ニューウェーブガールズグループの変幻自在、圧巻のパフォーマンス』

ソーシャルアイドル「notall」主催のフェス「ノタFES2018」が9月8日、9月9日と2日間、東武動物公園で開催された。notall 結成4周年を記念したノタFESは50組を超える豪華グループの出演で大きく盛り上がりを見せた。

今回からノタFESに出演したグループのライブレポートを掲載していく。来場した方、できなかった方、どちらもこのレポートを読んでノタFESの様子を感じて頂きたい。

今回は1日目に出演した、ニューウェーブガールズグループ、ゆるめるモ!のライブの様子をレポートしていく。

ゆるめるモ!はノタFESの初日、トリ前のステージだった。アナウンスで「ゆるめるモ!」とコールされると、メンバーの3人が登場。この日、メンバーのしふぉんが体調不良のため、欠席。3人でのパフォーマンスとなった。

登場してすぐにようなぴから「それではピースを作りましょう!モイモイ!」とコールされた。1曲目は「モイモイ」。ゆったりとしたメロディーに合わせてけちょん、ようなぴ、あのと歌っていく。サビではピース、頭を振る、クラップなどみんなでできるフリを行う。そして初めて見る方もできるようにようなぴが次に行うフリを指南。これにより、観客がフリを一緒に行い、一体感が生まれた。そして”モイモイ”と印象の深いフレーズとメロディーでゆるめるモ!のステージに一気に引き込まれたに違いない。

2曲目に披露したのは「NEW WAVE STAR」。こちらの楽曲は様々なジャンルの音楽を取り扱うゆるめるモ!を象徴するようなアフリカンビートを取り入れた、ファンクなナンバー。踊りたくなるようなメロディーが非常に良い楽曲だ。メンバーもビートを刻みながら楽しそうに歌っていく。観客もビートに乗りながらフリコピしている様子が見られた。「踊るよー!」と曲中にコメントするように、全員が一緒になって踊れるのが非常に楽しい。
終盤では全員で「オー!オー!」と声を出し、会場を盛り上げていった。

MCでは、呼んでもらったnotallに対して感謝の意を述べた。そして東武動物公園でのライブということで、この日の衣装は動物園を意識したものだった。特に頭にはホワイトタイガーが付いており、注目のポイントの一つだった。そして「最後まで踊り続けよう!」と話し、楽曲の披露へと戻った。

3曲目は「ミュージック3、4分で終わっちまうよね」。全員が気持ちを込めて歌い、力強さを感じた。そしてサビでは、ノリノリのビートに合わせて、この曲でも会場全員が踊っていた。落ちサビにあのがシャウトを行い、そのままステージから観客席に降りて最前列の観客とハイタッチ。このパフォーマンスに大きく歓声が上がった。

そして最後は「なつ おん ぶるー」を披露した。楽曲の最後に全員がステージから降り、会場の周りを駆け回った。3人が駆け回ると観客が後を追い、更にヒートアップしていた。
最後の最後までゆるめるモ!のミュージックに踊り、観客も大きく高める工夫を行い、ノタFESのステージを熱くしていた。こうしてノタFESでのゆるめるモ!のステージは幕を閉じた。

【セットリスト】

1.モイモイ
2.NEW WAVE STAR
MC
3.ミュージック3、4分で終わっちまうよね
4.なつ おん ぶるー

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:平田 桂樹

2018-09-12T11:43:32+00:002018年 9月 12日|Categories: notall, ライブ・イベント情報|