マジカル・パンチライン:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『マジパンの力量を見せられたバラエティ豊かなパフォーマンス』

/マジカル・パンチライン:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『マジパンの力量を見せられたバラエティ豊かなパフォーマンス』

マジカル・パンチライン:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ブルーベリーステージ『マジパンの力量を見せられたバラエティ豊かなパフォーマンス』

2018年8月25日、26日と今年も@JAMシリーズ最大規模のフェス「@JAM EXPO2018」が横浜アリーナにて開催された。今年も豪華出演陣と大勢の観客で大きな盛り上がりを見せた。セカイベでは@JAM EXPO2018の取材を行い、短期連載として取材したグループのライブレポートをお届けする。平成最後の夏、最後の大型アイドルフェスの様子を少しでも感じて頂けたらありがたい。

今回は、マジカル・パンチラインのステージをお届けする。今回のライブレポートは2日目の8月26日、ブルーベリーステージの様子である。メリハリのあるセットリストで@JAMのステージを大いに盛り上げた。マジカル・パンチラインの力強さを感じるステージだった。

12:25の定刻となると、1曲目に披露した「謎から謎めくMystery」のイントロがかかり始めた。勢いよく4人のメンバーが登場。夏らしく、涼しげなメッシュのトップスと、メンバーカラーに合わせたチェックのスカートを着用。シンプルながらも非常にキュートな衣装だった。
このステージがマジパンにとって@JAM EXPO2018の最後のステージということで、気合いが入っていた。1曲目の「謎から謎めくMystery」はライブでも定番となっているナンバーであり、盛り上がり必至である。

イントロの「ピンポンパンポン、ピンポンパンポン」は観客も一緒になって歌うポイントだ。ここから4人の圧巻のステージが始まる。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

4人が一列となりステップを踏みながら歌う姿は非常にキュートだった。小山リーナ、清水ひまわりの歌声のハーモニーが響き渡り、浅野杏奈の表情の豊かさにドキッとし、沖口優奈は笑顔で観客と視線を合わせながら踊り、歌う。
4人のフォーメーションも流動的で、ステージをうまく使っていた。綺麗なダンスに目を奪われてしまった。
そしてこの曲の醍醐味と言えば、サビで行う”トレイン”である。メンバーが体を横にし、肩を組んで左右に移動する。それに合わせて観客も同様に行う・・・。これは非常に楽しく盛り上がる演出だ。観客が一つになりつつ、会場が熱くなっていくのが分かった。マジパンの楽曲のファンタジーさは聴くだけでも楽しいが、このような演出があると更に楽しい。マジカル・パンチラインの大きな魅力の一つに違いない。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

2曲目は「108煩悩BOMB」を披露。可憐でありながらリズミカルなダンスに合わせ、ラップを行う。それに合わせ観客がビートを刻み、クラップを送る。間奏では難易度の高い複雑な組み合わせのダンスを全員がキレキレで披露。そんな素晴らしいパフォーマンスに目が引かれつつも1曲目同様、会場は楽しく平和な空間だった。マジカル・パンチラインの唯一無二のステージを見せつけられた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

3曲目は「手のひらがえし」。これまでの2曲とは違い、クールなナンバーである。イントロの激しいギターサウンドが鳴り響き、浅野が「いくぞー!」と煽る。小山リーナのクールな表情が光り、清水ひまわりはパワフルな歌唱、沖口が力強く踊っていた。
更に、曲中ではタオルを振り回し、会場には更に一体感と熱気が漂っていた。クールなパフォーマンスも見事に披露する、マジカル・パンチラインの能力は間違いなく高い。

最後は、「万理一空Rising Fire!」を披露した。サビに行くにつれてエンジンがかかっていくように全員が力強く歌っていた。観客も熱くコールを行い、ステージをアシストしていった。サビのフリは特徴があり、小指や親指を立てた手を天に掲げ、大きく振る。そしてサビごとに立てる指が少しずつ違う。このように細部まで拘った振り付けは非常に美しく、素晴らしいと言える。ファンも同様にフリコピをし、メンバーと同様に踊っていた。この時、ブルーベリーステージの熱量な最高潮に達していた。そして熱気が保たれたまま、パフォーマンスは終了。最後に一人一人名前を言ってステージを後にした。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

前半のファンタジーのある楽曲と後半のクールで熱いナンバーを入れたセットリストは非常に素晴らしかった。この緩急のような切り替えは見応えもあり、大きく盛り上がった。マジカル・パンチラインの@JAM EXPOでの最後のステージは大成功で終了した。今後、是非マジカル・パンチラインのライブに行くことをオススメする。必ず満足できるライブになるはずだ。

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:名和 洋助

【セットリスト】

1.謎から謎めくMystery
2.108煩悩BOMB
3.手のひらがえし
4.万理一空Rising Fire!
MC

2018-08-29T13:18:01+00:002018年 8月 29日|Categories: マジカル・パンチライン, ライブ・イベント情報|