マジカル・パンチライン:【ライブレポート】レギュラーライブ「Girls Don’t Cry 〜Change and Evolution〜Vol.2」『ガーリーな新しいマジパンにみんなメロメロ!』

マジカル・パンチライン:【ライブレポート】レギュラーライブ「Girls Don’t Cry 〜Change and Evolution〜Vol.2」『ガーリーな新しいマジパンにみんなメロメロ!』

マジカル・パンチラインは11月から3ヶ月連続で「Girls Don’t Cry 〜Change and Evolution」という名のレギュラー公演を開催中。12/16に2回目のレギュラー公演がAKIBAカルチャーズ劇場にて行われた。以前に告知されていた通り、本公演でも新曲の披露、そして新衣装のお披露目があった。そして前回、大盛況を見せたゲームコーナーも引き続き行われた。今回のゲームでは誰が負けたのか、そして衣装はどのようなものか、新曲はどんな曲かなど、楽しみが数多く詰まったライブとなった。今回の公演も暖かい雰囲気の元、大きな盛り上がりを見せた。そんな楽しさが存分に詰まったライブを今回レポートしていく。

11月のレギュラーライブ同様、AKIBAカルチャーズ劇場には多くのマジパンファンが詰めかけた。寒い日であったが、スタート前から雰囲気が暖かく、マジパンファンがライブを楽しみにしている様子が伝わってきた。

公演開始の14:30を前に、メンバーがライブにおける諸注意をアナウンスした。この時から大きな歓声が沸いていた。

そして定刻の14:30になると、OPSEが流れた。本日のOPSEはクリスマスに近いということもあり、シャンシャンとベルの音が流れるという特別なものだった。このOPSEの最中、「クラップ〜!!」と掛け声をし、観客全員がクラップをしてメンバーの登場を迎え入れた。この日の衣装はマジパンのグッズTシャツに自身のカラーのスカートを着用していた。

1曲目は「マジック☆ガール」を披露。スタートからメンバーが観客席に降り歌っていた。まずは、清水ひまわり、小山リーナが会場中央に行き、その後、浅野杏奈、沖口優奈が会場の端へと移動した。そしてファンにハイタッチしたり、目線を合わせたり、早速会場は大きく盛り上がりを見せた。サビではステージに戻り、4人全員が笑顔満点の表情で歌い、踊っていた。スタートからノリノリの様子が見られた。1曲目からこの公演が楽しくなるという確信が持てた。

2曲目は「小悪魔Lesson1・2・3♪」。この曲でもメンバーから楽しそうにしている様子が見られた。肩を揺らし、ノリノリでパフォーマンス。小山リーナがコール、クラップを煽っていく。時に一列になり、一人一人順番で分裂して行き、歌っていく。ファンを楽しそうにしているのを見て、清水ひまわりも終始笑顔で踊っていた。曲中で観客とじゃんけんをし、楽しい仕掛けをしていた。最後はキュートなポーズを決め終了した。

3曲目は盛り上がり必至の楽曲「謎から謎めくMystery」。沖口優奈が「こんばんわ!マジカル・パンチラインです!」と挨拶をし、続けて「座っている人も立っている人も一緒に”謎謎トレイン”を作りましょう!」と話した。そう、この楽曲の一番の特徴は曲中にある、メンバーが横一列になり、左右に移動し、”謎謎トレイン”を作る。そして観客も一緒になって横に揺れるパフォーマンスである。この日もメンバーの”謎謎トレイン”を作って、ファンも手を横に伸ばし体を横に揺らしていた。そこに一体感が見られた。歩くフリやステップなど、歌詞を表現したダンスもこの曲の特徴である。ファンもクラップ、コールを送り、大きな盛り上がりを見せていた。

3曲を連続で披露し、早速会場は熱くなっていた。そしてここでMCとなった。
改めて今日来てくれた方に向けて感謝の意を述べていた。その後、自己紹介を行った。キャッチフレーズを言っていくと観客から大きな歓声が飛んでいた。

そして今回も恒例のゲームコーナーが行われた。レギュラー公演3回でゲームコーナーを行い、負けが多かったメンバーには超過酷な罰ゲームが課させられることになっている。
前回のレギュラー公演のライブレポートを見て頂ければ分かるが、黒ひげ危機一髪で沖口優奈が負けてしまった。そんな中、沖口は今回のゲームを前に「衝撃の事実言っていいですか?2回目にしてリーチかかっています(笑)」と言うと会場から大きな笑いが。続けて「だから今日は本気で負けられないので、もうみんなをぶっ倒す勢いで!」

小山「だから今日、あんちゃんが進行なんだよね。マジパン的に沖口に負けて欲しくないから。」
沖口「そう!だから今日はゲームに”集つう”(集中を思いっきり噛んでしまう)する人やから!」
と話すと噛んだことにメンバー、観客全員からツッコミが入り、笑いが起こった。
そんな沖口に「大丈夫?集中できてる?(笑)」と突っ込まれていた。
そう言われると、「ちょっと優奈、黙るわ(笑)」と言って更に笑いが起こった。

そして今回のゲームは「叩いて被ってじゃんけんぽん」。まずは対戦相手を決めるくじ引きを行った。くじ引きの結果、
小山 vs 浅野
清水 vs 沖口

となった。尚、この対戦で負けたもの同士が決勝戦を行い、敗者を決める。

第一試合、小山 vs 浅野
ここでは拮抗した戦いが行われ、何回も行われた。結果、勝者は小山リーナ。
第二試合、清水 vs 沖口
2人とも気合い十分。スタートしたが1回目であっさり清水が勝利した。沖口は「これ優奈さん、ダメかもしれない・・・。」と弱音を吐いていた。

この結果、決勝戦は浅野 vs 沖口となった。

決勝戦 浅野 vs 沖口
この2人も拮抗した戦いを見せた。何回も続いた結果、ヘルメットを被る前に座ってしまい、タイミング的に浅野のピコピコハンマーが早かったので、沖口が負けとなってしまった。

そしてこの日も罰ゲームが行われ、謎のお茶が登場し、飲むことになった。
沖口は顔をしかめ、「最悪の味。」と話していた。

また沖口は忘れてしまったことを清水が指摘した。
清水「罰ゲーム決定しちゃったじゃん!」
沖口「ほんまや!」

沖口が2敗となってしまい、3回中2回負けてしまった沖口が超過酷罰ゲームに決定。だが、1月にもゲームコーナーが開催されるので、最終ゲームでどうなるかはまた決まるとのこと。ぜひ期待して待っていてもらいたい。今回のゲームも大盛り上がりで終了した。

そしてここから再度楽曲の披露となった。負けた沖口から「沖口、負けてしまったけど、ファンのみんな声で負けんじゃねーぞ!」と煽った。そして4曲目を披露した。

4曲目は、「マジカル・ジャーニー・ツアー」から続けて「Majiかよ!?BiliBili☆パンチライン」を披露した。「マジカル・ジャーニー・ツアー」では、体を横にしてメンバーが体を揺らし踊った。綺麗なステップや体を大きく使ったダンスは迫力があり、パワフルなパフォーマンスを魅せた。壮大で疾走感があるこの楽曲にマッチしたパフォーマンスだった。
「Majiかよ!?BiliBili☆パンチライン」では、サークルになって回ったり、ターンしたりと4人の躍動感溢れつつも息の合ったパフォーマンスを魅せた。どちらの楽曲もファンはクラップ、コールを行い、高い一体感を見せた。そんなファンをメンバーは1人1人の顔を見て、嬉しそうにしていた。そんな様子が印象的だった。

そして次は「万里一空Rising Fire!」を披露。クールな当楽曲に合わせて全員が力強く歌っていた。拳を上げ、ファンを更に盛り立て行った。サビでは、親指と小指を上げる手→親指、人差し指、中指を立てる手→手をグーという手の形を上に上げる。ぜひライブでフリコピなどを行いたい方は参考にしていただけるとありがたい。間奏では激しいギターサウンドに合わせて激しいダンスを披露。それに合わせて熱い盛り上がりが見られた。

本編最後は、こちらもクールな楽曲「私が私を燃やす理由」を披露。ターン、ジャンプなど様々なフリが入った一連のダンスをキレキレで魅せていた。本編最後まで熱量が落ちず、大きな盛り上がりが会場に広がっていた。激しいダンスでこの楽曲を終え、本編を締めた。

すぐにアンコールされ、メンバーが再登場。事前にアナウンスされていた、新衣装がお披露目になった。花柄やピンクのストライプなどが入ったワンピースにハートの刺繍などがされた非常にガーリーな衣装だった。

そして次は初披露となった新曲「Melty Kiss」。この曲は、2/20に発売される、約1年ぶりにリリースされるシングルの表題曲になっている。
この楽曲は新衣装にマッチしている、ガーリーな曲でマジパン初の恋愛ソングとなっている。片思いの相手に「Melty Kiss(=とろけるほどのキス)をあげるわ」と歌っており、恋をすることの幸せさ、ドキドキさを歌っている。そんなラブリーなこの楽曲に合わせて、唇に手を当てて”キス”を表現したり、ノリノリでステップしたりとダンスでもラブリーさ全開だった。こちらがドキドキするようなダンス、歌は今後もライブでも定番曲になって行くだろう。そしてマジパンの新たな一面が見れるので、2/20のリリースを楽しみにしたい。
驚くことに、この日初披露だったのにも関わらず、すでに合いの手やコールを観客が入れていた。これにはメンバーも驚いた様子で「リズム感良すぎですよ!」、「私たちでもできない!」と感動していた。

そんな初披露のあとはマジパンからお知らせがされた。

①2/20リリースシングル「Melty Kiss」、3タイプ展開(MVなど収録)
②2/24 3rd Annivasary ワンマンライブ@duo MUSIC EXCHANGEで開催

そして沖口から新曲の披露、新衣装のお披露、ワンマンライブのお知らせができたことに感謝の言葉を述べていた。その後、続けて沖口は、

沖口「夏の半年間くらいは、マジパンの大きな動きがなくて、すごい不安な状態ではあったんですけども、私たちが不安なのもそうなんですけど、もちろん皆さんも不安だったと思うんですよ。マジパン、これからどうなるんだろうって。すごい不安な気持ちを抱えていた方もいらっしゃると思うんですけども、そんな中でもマジパンのこと見捨てないで、ずっと推しててくれて、ここまで遊びに来てくれて、配信見てくれて、マジパンって本当に周りの方に支えられて成長しているグループだなと私たち自ら本当に思います。皆さんいなかったらもちろんマジパン成立しないんですけども、本日発表させて頂いたワンマンライブも皆さんんのおかげだと思っています。ありがとうございます。ワンマンライブの開催が決定したからには、duo MUSIC EXCHANGEさんを満員で埋めたいと思っていますし、その光景を私たち見たいし、こうやって応援してくださっている皆さんにも見ていただきたいし、もっともっと上に目指して行きたいと思っているので、これからもマジパンの応援をしていただけると嬉しいなと思います。」

と話した。

そしてこのライブ最後に披露した楽曲は、先月発表した「ONE」。この曲はマジパンにとって非常に重要なメッセージが込められた曲である。「We are the ONE」。メンバー、ファンが一つになって前に進んでいくことが込められている。そんなメッセージを表すかのようにサビでは、人差し指を上にあげ、前へ振る。ファンも同様にそのフリを行う。この曲で会場全体が”ONE”になる。浅野は特に笑顔でファンを見ながら、ハートに拳を当ててい流のが見られた。それくらいハートに響く楽曲である。最後の最後まで熱量は落ちず、むしろ最高潮に達していた。メンバー、ファン合わせてマジパンなんだと、一つなんだと再確認させられ、この日のレギュラー公演を終了した。今日もマジパンが素晴らしいライブを披露していた。次のレギュラーライブは1/27に行われる予定だ。リリース、ワンマンライブとどんどん進んでいくマジカル・パンチラインには目が離せない。

(文:セカイベ編集部 石山喜将、写真:名和洋助

【セットリスト】

OPSE〜Majiで☆HappyなChristmas〜
1.マジック☆ガール
2.小悪魔Lesson1・2・3♪
3.謎から謎めくMystery
MC(ゲームコーナー)
4.マジカル・ジャーニー・ツアー〜Majiかよ!?BiliBili☆パンチライン
5.万里一空Rising Fire!
6.私が私を燃やす理由
アンコール
MC
7.Melty Kiss(新曲)
告知映像〜MC
8.ONE