マジカル・パンチライン:【ライブレポート】TIF2019 2日目ライブステージ@ SMILE GARDEN『畳み掛けるセットリストにより圧巻なステージングを魅せたマジパン、観客を圧倒』

マジカル・パンチライン:【ライブレポート】TIF2019 2日目ライブステージ@ SMILE GARDEN『畳み掛けるセットリストにより圧巻なステージングを魅せたマジパン、観客を圧倒』

清水ひまわり、吉澤悠華、浅野杏奈、小山リーナ、吉田優良里、沖口優奈の6人組アイドルグループ、「マジカル・パンチライン」は昨年に引き続き、世界最大のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL(通称:TIF)』に8/2、8/3、8/4の全日出演。6人体制として初のTIF、彼女たちの意気込みは以前から十分入っていた。そして8/2には、野外のステージ『SMILE GARDEN』にてライブを行った。
以前の取材からSMILE GARDENというステージでライブができることをメンバーは非常に楽しみにしていた。そんな彼女たちの気合い、想いを象徴するような”攻めた”ステージングをマジパン(マジカル・パンチラインの略称)を披露。観客をかなり圧倒していた。そんなステージをレポートで今回お届けしたい。

お昼で陽が照りつつ、カラッとした空気感の中マジカル・パンチラインのSMILE GARDENでのステージがスタートした。まずは7月に行われたワンマンライブで披露された、太鼓音が強いOVERTUREが会場に響き渡り、メンバーが登場。マジパンポーズを翳しながらステージを歩いていき、定位置につくと、7人はこのOVERTUREに合わせて拳を上げて観客を煽っていった。

そして1曲目「ONE」を披露した。正直、意外な選曲だった。「ONE」はマジカル・パンチラインのライブでは終盤にすることが多い。最初にリーダー・沖口優奈から「マジカル・パンチライン、SMILE GARDEN、ぶち上げていくぞー!!」と心の底からの叫んだ。
この順番に驚きながらパフォーマンスし始めると更に驚きのパフォーマンスをマジパンは魅せていった。
そしてONEののイントロが流れ、キックをしたりと勢いのあるパフォーマンスを披露・・・したかと思えば曲が変わった。「Melty Kiss」へ。斜めの列を作ったり、ステップを踏んだり、イキイキとしたパフォーマンスを魅せていく。サビでは投げキッスのようなフリでキュートでありつつ、時にステージ上を大きく移動するなど躍動的なパフォーマンスを披露していった。この曲はshort ver.での披露だった。そして再び楽曲が変わった。
次は「小悪魔Lesson1・2・3♪」へ。自由度の高いダンスを披露しながら笑顔を浮かべパフォーマンスしていく。サビでは拳を上げ、観客も同様に上げていき、一つになっていった。

そして更に楽曲が変わり、「108煩悩BOMB」へ。ラップ調の歌唱を軽快にリズミカルに行っていく。マジパンポーズもリズム良く振って高まっていった。

そして「謎から謎めくMystery」へと再び変更。落ちサビ付近から始まり、”謎謎トレイン”を作ったり、変わらずアクティブなパフォーマンス。更にどんどん畳み掛けていく。

「マジカル・ジャーニー・ツアー」へ。イントロから始まり、大きく手を広げながら独特のステップを踏み、更に勢いを上げていく。手を広げ、ステージを駆け回るなどのパフォーマンスを行っていく。サビではこの盛り上がりに反応するように観客が大きく声を出していった。

そして次は自己紹介を行うように「マジ☆マジ☆ランデブー」でメンバー紹介パートを歌い上げていった。ここでも大きな歓声が上がっていった。

そんな自己紹介の後はぶち上がるナンバー「ぱーりないと!!」でタオルを大きく振っていった。これには高まらざるを得なかった。タオルを大きく振り回し、どんどん一つになっていく。そしてマジパンのステージに引き込まれていた。

ここまで、マジパンがTIFの為に用意したSPメドレーを披露したのだ。このステージは一言で言えば”圧巻”だった。ファンもその凄さに時にステージに見入りながら、大きく盛り上がっていった。

メドレーは最初に行った「ONE」再び行い、締めた。人差し指を上げて会場が”ONE”になっていった。圧倒的なステージングを魅せていた。

このSPメドレーの後は「今日がまだ蒼くても」。小山リーナの綺麗で迫力の歌い出しからスタート。その素晴らしい歌声がSMILE GARDENに響き渡っていた。そしてメンバーはこのTIFへかける意気込みを歌に乗せるように、想いを込めて歌い上げていった。緩急のあるダンスも相変わらず見事に披露。環境、状況、パフォーマンス・・・全てが美しかった。
最後まで気持ちを込めた6人の歌声のハーモニーが響き渡り、ファンも大きく熱い気持ちになって、マジパンのSMILE GARDENでのステージを終えた。

TEXT:石山喜将
PHOTO:名和洋助

【セットリスト】

OVERTURE
1.マジパンスペシャルメドレー
ONE〜Melty Kiss〜小悪魔Lesson1・2・3♪〜108煩悩BOMB〜謎から謎めくMystery〜マジカル・ジャーニー・ツアー〜マジ☆マジ☆ランデブー〜ぱーりないと!!〜ONE
2.今日がまだ蒼くても