マジカル・パンチライン:【ライブレポート】マジカル・パンチラインレギュラーライブ「MPL2020」@ AKIBA カルチャーズ劇場『新年初レギュラーライブは”SUPER”という言葉が相応しい、全身全霊のステージを展開! この先もまだまだ期待ができるマジパンの姿がそこに』

マジカル・パンチライン:【ライブレポート】マジカル・パンチラインレギュラーライブ「MPL2020」@ AKIBA カルチャーズ劇場『新年初レギュラーライブは”SUPER”という言葉が相応しい、全身全霊のステージを展開! この先もまだまだ期待ができるマジパンの姿がそこに』

沖口優奈、浅野杏奈、清水ひまわり、小山リーナ、吉澤悠華、吉田優良里の、”ビジュアル最高峰アイドル”と評される6人組グループ「マジカル・パンチライン」が、新年初レギュラーライブとして1/26にAKIBAカルチャーズ劇場で開催。新年初のレギュラーライブということで、マジパン(マジカル・パンチラインの略称)メンバーはかなり気合が入ったパフォーマンスを魅せて、会場を大いに熱くさせていた。また会場に足を運んだマジファン(マジカル・パンチラインのファンの総称)は、かなり大きな盛り上がりを見せていた。双方の関係が、非常に素晴らしい新年一発目のレギュラーライブとなった。また、アルバムに収録された新曲も初披露され、かなり充実したライブとなった。今回は、その様子をライブレポートにてお届けしたい。

マジカル・パンチラインにとって2020年初のレギュラーライブが、AKIBAカルチャーズ劇場にて行われた。開演前から賑わうマジファン。早くマジパンのライブを見たいと心待ちにしている様子が多く見られた。ライブの注意事項をメンバーアナウンスにより行われた後、開演を迎えた。

まずは、キラキラとしたサウンドの、ライブの始まりを告げるOvertureが流れると、マジファンは一斉にクラップを開始。そしてメンバーが登場すると、大きな歓声が上がった。

そしてレギュラーライブ1曲目として、マジパンの自己紹介ソング「マジ☆マジ☆ランデブー」を披露。スタートからマジパンとマジファンが一緒に歌い、高まっていく姿が見られた。メンバーは、手を上へ下へと勢いよく振ったり、ステージ上を歩いたりなど、明るい表情で元気にパフォーマンス。メンバー1人ずつ、ソロパートで自己紹介を行い、会場を盛り上げていく。浅野杏奈は情熱を込めて熱唱、小山リーナは可愛さ全開でキュートに歌い上げ、清水ひまわりは、マイペースに伸び伸びと歌う。サビを挟み、沖口優奈が自虐的な歌詞を、リズム良く歌唱。吉澤悠華は、自身の名前の漢字の特徴をふわふわとしながら元気に歌う。吉田優良里は、太陽のように明るく、エネルギッシュに歌う。メンバーそれぞれのパート毎に、マジファンから大きな声援が起こりメンバーを更に力付けていった。サビでは、軽快にステップを踏みながら、手を上げてターン。ステージ上で元気に踊っていく姿が非常に愛らしかった。そしてメンバーもはしゃいでいる様子がとても微笑ましい。<全部!> <マジファン☆イズ☆ばんざーい!>というパートでは、メンバーが大きく煽りながら、観客と一緒になって歌い、どんどん盛り上がっていった。高鳴るコール、歓声、熱量。どんどん高くなっていき、1曲目から全員が元気な様子だった。マジパンポーズ(親指、人差し指、中指を立てた手)を全員が存分に振っていき、終盤でもクラップを引き続き鳴らしていく。愉しむ会場の様子が存分に見られた。この曲の最後は、6人がキュートなポーズを行い、この楽曲を終えた。

2曲目は「小悪魔Lession1・2・3♪」。列を形成してキュートにピースする姿。そして『はいはいはいはいっ!』と声を出して、観客を盛り立てていく。そして6人はステージを駆けるように移動して軽快なパフォーマンスを魅せていく。指を振ったり、手を上へ上げていったり。そして大きくステップしながら、拳を上げてエンジョイしている姿を見せてくれていた。Lessonが進みことに、笑顔で快活なアクトを披露していく。サビでは、素敵な笑顔でステップとジャンプを行う。そして適宜、フォーメーションを変更しながら、勢いのあるダンスを魅せていた。マジファンは「はいっ! はいっ!」という声を出して大きく盛り上がっている姿が見られた。中盤では<あー あー あー>と声を出して、マジファンと共に一体感を生み出していた。加えて、手を元気良く上げるマジパンのパフォーマンスに反応するかのように会場の一体感はどんどん高まっていった。清水ひまわりの掛け声によるじゃんけんも、楽しめるポイントの一つ。そしてCメロから縦一列になって、時間差になってくるくる回る。最後の最後まで、元気に、そして躍動感溢れるパフォーマンスを魅せて、キュートなポーズになりこの曲を終えた。可愛さの中にも、気合い漲る様子が存分に見て取れた。

2曲を連続で終えると、MCとなった。挨拶と、このレギュラーライブに足を運んでいただけたことに感謝の意を述べた。自己紹介をして、マジファンから大きな声援が飛んだ。
マジパンメンバーだけでなく、マジファンのみんなも気合が入っていることが存分に分かった。

そして自己紹介を終えると、事前にアナウンスされていた、新曲を披露することに。

新曲は、2/19にリリースされるアルバムのリード曲「マジカル・スーパーマーケット」。この曲は、綺麗で愉快なポップサウンドで、スーパーマーケットのように個性・楽しさが詰まったワクワク感を想起させるようなナンバー。まるでマジカル・パンチラインを具現化したような楽曲である。ファンタジーでポップなサウンドだけでなく、ビートを刻めるのも特徴の一つ。加えてギターサウンドなど、これまでのマジパンのバンドサウンドを踏襲しつつ、楽しいナンバーへと昇華させている。
小山リーナの綺麗な歌い出しから、6人の歌声が重なった歌唱へと展開。美しいハーモニーを奏でていく。ダンスは、3列のフォーメーションを形成したところからスタート。手を綺麗に広げて、ステップを踏みながら楽しそうにマジパンポーズを振っていく。そしてそんな躍動的なステップをしながら、フォーメーションを変えて流動的かつ軽やかなダンスを魅せていく。<ツンタタ>と擬音で歌うのも、何ともキュート。それだけでなく、「がんばれ」 「がんばれ」 「がんばれ」と歌い、エールを送るのも特徴の一つだ。”楽しさ” “エールを送る”というテーマを、6人は歌唱力を存分に活かしながら表現していった。
サビでは、軽やかなステップを魅せながら、手をくるくる回して、アクティブに体を揺らす。躍動的で楽しげなマジパンのパフォーマンスを更に盛り立てるように、マジファンからしっかりと熱いコールが送られる。気持ちの良い空間の中にいる。そう実感させられた。終盤では、縦列を形成し、一人一人、メンバーが交代しながら丁寧に歌い継いでいく。最後まで体を揺らしながら、マジパンポーズをこれでもかと振っていき、どんどん楽しくなっていった。オーディエンスはこのファンタジーな雰囲気にメロメロ。弾けるようなダンスにどんどん惹かれていった。ラストは、キュートに6人がブロックを作り、この曲を終えた。

ここからは楽曲を連続で披露。Kissを連想させるダンスで非常にキュートな姿を魅せながら、会場をどんどん盛り上げる、かなり成長を見せている人気曲「Melty Kiss」、タオルを存分に回して、”ストレス発散”と言わんばかりのダイナミックなパフォーマンスを展開する「ぱーりないと!!」を披露。「ぱーりないと!!」のラスサビの前に、浅野が「一緒に回せー!!」と大きく叫び、マジファンを熱狂の渦へ。
そしてエレガントな姿を見せつつ、ハモリを入れた美しい歌唱を奏で、ダンスでも細部まで”美しさ”を体現する、端麗なミディアムバラード「ひとかけら」と続けて披露した。この「ひとかけら」も、2/19リリースのアルバムに収録されている。6人が、気持ちを込めながら、可憐なアクトを魅せる。

美しさ、可愛さ、熱さ。全てが共存したメリハリのある楽曲を次々に披露し、会場にいるマジファンを大いに魅了していった。相変わらず、マジパンは魅力高い。マジパンもマジファンも一緒になって叫び、愉しみつつ会場をどんどんヒートアップさせていった。

ここで再度MCとなった。
話題は、初披露した「マジカル・スーパーマーケット」について。「どうでしたか?」とマジファンに沖口が問うと、大きな歓声が湧いた。
また加えて沖口から、「マジカル・スーパーマーケットを、もっともっとやっていったら、ファンのみんなと声出せるところとかもいっぱい見つかっていきそうやんな!」と話す。これには、メンバー全員が共感。「楽しみ!」と答えた。

そしてここから終盤戦。再度楽曲を披露した。

このライブの7曲目は、ワクワク感を増幅させるようにターンや特徴的なステップを踏んでいくピースフルな楽曲「マジカル・ジャーニー・ツアー」、8曲目は、”謎謎トレイン”を作って一体感を更に高める「謎から謎めくMystery」と連続で披露。メンバーの生き生きとした表情が際立ち、ノリノリでこれらの楽曲を披露していく。ファンのそんな愉快な様子を見て、クラップ、コールを飛ばしていった。
また「謎から謎めくMystery」では、2番で<さっきから蝙蝠をよく見るような・・・(ざわ・ざわ)>と歌うが、(ざわ・ざわ)と歌うところを、(よし・ざわ)と歌って、少し変化を見せた。こんな工夫もお茶目で面白い。このレギュラーライブにおいての多幸感は、かなり高くなっていた。

そしてレギュラーライブの本編もラスト1曲となった。
最後に披露したのは「これから、私!」。この曲はメンバーの間でも人気の高いシティポップナンバー。スタートで沖口がクラップを要求。観客は、大きなクラップで応え、メンバーをアシストしていく。メンバーは、サウンドに合わせて少し大人っぽく、丁寧に綺麗なパフォーマンスを魅せる。キュートな笑顔を魅せながら小指を立てて、振っていった。そして間奏では、メンバーが観客席に降りて、マジファンと交流。この演出には、歓喜の様子が見られた。<まだまだまだまだこれからだから>とメンバー、観客と共に歌い、お互いをどんどん高めた。最後まで、アクティブに手を振り、気持ちの良いアクトを展開していた。ファンも最後まで熱狂する姿を見せていた。こうして全員が、心地よい熱さを感じて本編を終えた。

メンバーがステージを後にすると、すぐにアンコールが起こった。

そしてアンコール1曲目の「万理一空Rising Fire!」を披露。激しいイントロから小山リーナの「いっくぞー!!」と気合の入った声が響く。衣装の上着を脱ぎ捨て、大きくターンするというクールなアクションを見せた。手を前に押し出し大きく回すというカッコ良いダンスを披露。そしてサビでは、小指と人指しの指を上げた手から握り拳へ変更。その拳を前へ上へと振って、臨場感のあるパフォーマンスを魅せていった。そんな力強いダンスに合わせて、魂の篭った歌唱を奏でていく。メンバーに触発され、マジファンも大きな声を出して対抗していった。本編で感じた熱さが、一瞬にして戻ってきた。2番でもマジパンポーズや拳を思いっきり振ったり、勢いよくターンしたりとパワフルにアクト。アンコールに入り、マジパンの6人は更にギアを上げてきた。それくらいパワフルで、気合の入ったパフォーマンスを魅せてくれていた。メンバーがパワフルに拳を振っていくのに対し、マジファンもコール、フリコピで応えて、会場は更にヒートアップしていった。

アンコール2曲目は、ロックな本格的バンドサウンドが魅力のキラーチューン「名もなきヒーロー」をドロップ。繋ぎで披露されたこのナンバーは、イントロからマジファンがクラップを響かせ始めた。会場をどんどんと高めていく。メンバーは手を広げたポーズから拳に変える。「万理一空Rising Fire!」に続き、クールなナンバーの連続で、更に魅了し続けていた。メンバーのそれぞれが、クールな雰囲気を作りながら歌唱。迫力のあるパフォーマンスを魅せた。サビでは、6人の歌声が重なり合い、ハートビートさせる歌声を会場に響かせた。
この曲中、オーディエンスをこのステージに引き込むように手を前へ出して、ボルテージを上げていく。それだけでなく、メンバーが列を作ったり、サークルになったりと全体でも魅力的なステージングを行なっていた。最後まで、メンバーもマジファンも熱狂する様子が見られ、最高の空間が広がっていた。ラストは、後ろ向きになり、格好よく拳を上げて終了。このレギュラーライブ中、キレキレのダンス、全身全霊の歌唱は、かなり心打たれた。それほど、このステージへの思いが強い。そう思えた。

そして最後のMCとなった。

ここでマジパンから告知を挟んだ。
・2/19にリリースされるアルバム「MAGiCAL SUPER MARKET」のジャケット写真を公開!
そして詳細も明らかに!

収録曲の「Melty Kiss」 「ONE」 「ハルイロ」では、6人ver.の音源となった。
更に沖口の口からなぜ『MAGiCAL SUPERMARKET』というタイトルになったのか説明された。
『MAGiCAL SUPERMARKET』の意味は、2つ。
まずは、マジカル・パンチラインは、様々なジャンルの楽曲があることからスーパーマーケットのようにジャンルに富んだラインナップをお届けできる。だからスーパーマケットのように、生活を彩るような『生活のBGM』になって欲しいという思い。
もう一つの理由としては、「MARKET」には、『開拓する』という意味があり、マジパンはまだまだ全国に知られていないということから、どんどん色んな地域に足を運んで、全国に行きたいということ。加えて「SUPER」は『超える』という意味で、アイドル界において更なる躍進を誓うため。
以上のことから、このタイトル名が付けられたと話す。

・事前に告知されていた、3/8の4周年記念ライブは、マジカル・パンチラインの今までの曲を全曲披露することに!!
ライブの詳細が明らかになり、チケットも販売スタートしたので、ぜひこの記念すべきライブに足を運んでいただきたい。

そしてこのレギュラーライブもラスト1曲となった。最後はライブの定番曲で、マジパンのアンセムナンバー「ONE」を披露。最後までマジパンとマジファンが心を一つにし、高揚していき、このレギュラーライブは、幕を閉じた。

2020年初めてのレギュラーライブは、圧巻の一言だった。気合の入ったパフォーマンスは、目を見張るものがあった。それほどこのレギュラーライブは充実した内容で、かなり満足度の高いライブとなった。2/19にはアルバムのリリース、そして3/8には4周年記念のワンマンライブが開催される。この先、”SUPER”になっていくだろう、マジカル・パンチラインには、まだまだ目が離せない。

TEXT:石山喜将
PHOTO:名和洋助

【セットリスト】

Overture
1.マジ☆マジ☆ランデブー
2.小悪魔Lession1・2・3♪
MC
3.マジカル・スーパーマーケット
4.Melty Kiss
5.ぱーりないと!!
6.ひとかけら
MC
7.マジカル・ジャーニー・ツアー
8.謎から謎めくMystery
MC
9.これから、私!

アンコール
10.万理一空Rising Fire!
11.名もなきヒーロー
MC
12.ONE

【マジカル・パンチライン オフィシャル】

マジカル・パンチライン 公式ホームページ

マジカル・パンチライン @MAGiPUNofficial

■オフィシャルファンクラブサイト“マジファンクラブ”開設!
7月16日正午にオフィシャルファンクラブサイト“マジファンクラブ”の開設が決定しました!
公演チケットの先行販売やフォトライブラリ、オリジナルムービー、誕生日メール他、イベント開催も予定。
是非お早目にご登録下さい!
ファンクラブサイト:https://magifun.club/

【タイトル】マジカル・パンチライン4th Anniversary Live〜(マジ盛)一日限りの全曲披露しちゃいます〜
【日程】2020年3月8日(日)
【会場】ヒューリックホール東京(http://hulic-theater.com/access/)
【時間】開場:13:00 開演:13:30
【チケット】前売り:4,000円 /当日:4,500円※全席指定、ドリンク代別途
【受付】
2/1(土)12:00〜2/9(日)23:59:マジファンクラブ1次先行
2/12(水)12:00〜2/16(日)23:59:マジファンクラブ2次先行
https://magifun.club
2/22(土)10:00〜:一般発売

【主催】
株式会社ドリーミュージックアーティストマネージメント/ボックスコーポレーション