MyDearDarlin’:【ライブレポート】FES☆TIVE姉妹グループ「MyDearDarlin’」がデビュー、活動開始! キュートとクールを共存させたステージを展開、魅力たっぷりのパフォーマンスで観客を魅了! “令和新時代の王道アイドル”の実力は本物

MyDearDarlin’:【ライブレポート】FES☆TIVE姉妹グループ「MyDearDarlin’」がデビュー、活動開始! キュートとクールを共存させたステージを展開、魅力たっぷりのパフォーマンスで観客を魅了! “令和新時代の王道アイドル”の実力は本物

お祭り系アイドルで知られる「FES☆TIVE」の姉妹グループであり、“令和新時代の王道アイドル”というコンセプトで結成された「MyDearDarlin’(マイディアダーリン)」。櫻井優衣、櫻井まい、篠崎麗、是枝優美、水城梓、松本玲奈、咲真ゆか、東條ゆりあの8人で構成されているこのグループは、1/26の神田明神ホールにてデビューライブを開催し、活動に封を切った。FES☆TIVEとはまた異なるコンセプトの元、ピンク色の可愛らしい衣装を身に纏った彼女たちが、デビューライブという”始まり”から魅力的なステージを展開。可愛さを存分に魅せながら、時にはカッコいい姿を見せ、このデビューライブに集まった大勢の観客を大いに魅了した。今回はそんな様子をライブレポートにてお届けする。

遂にこの日がやってきた。「MyDearDarlin’」のデビューライブである。1/26に開催されたこのデビューライブでは豪華出演グループにより、会場は既に大きく盛り上がっていた。そしてトリを飾ったのが、この日デビューとなった、MyDearDarlin’である。

会場の神田明神ホールは後方まで人が埋まるほど。このデビューを目に焼き付けようとする人が大勢居た。結果的に期待を超えるように熱く、非常に盛り上がったステージとなった。

壮大で期待感を煽るようなSEが流れると、観客から大きな声援が。そして「神田明神ホールのみなさん! 楽しんでますかー? MyDearDarlin’のデビューライブに来てくれてありがとうございます! 盛り上がっていきましょう!」とアナウンスされ、観客から更に大きな声が起こった。そんな盛り上がりの渦中で、メンバー8人が一人一人ゆっくりと登場。観客は大きな声でコールを届けながら、メンバーを温かく迎え入れた。

8人が各々のフォーメーションに立つと、早速一曲目を披露した。記念すべきMyDearDarlin’の1曲目は「My Dear」。イントロの綺麗なピアノの旋律から始まるこの楽曲は、重厚感がありつつ、王道アイドルソングへと昇華したメロディーへと展開。観客全員のハートをどんどんと掴んでいく。ダンスでは、8人は手を上下させた後に、大きく広げてくるくると回しながら、活発なステップを踏んでいく。観客から大きなコールと温かいクラップでメンバーのパフォーマンスをアシスト。MyDearDarlin’のデビューという、新しい門出を全力で祝していた。サビでは、キラキラとしたサウンドに合わせて、華麗に歌い上げながら、頭上で手を振って大きくステップ。そして滑らかに横に流す美しいアクションを魅せていた。時に手をクロスさせながら、流動的に前後のポジション変更、美麗なステージングを魅せた。メンバーはこのステージを存分に楽しむように、キュートな表情を浮かべていた。観客は大きなコールを行うことで、MyDearDarlin’の8人が繰り広げるステージを存分に愉しんでいた。
Cメロでは8人がV字のフォーメーションを形成した後に、2人1組で分かれて見事に歌唱。感情が込められた歌声が会場に大きく響き渡った。ラストまでメンバーは全員、気合が入った全霊のパフォーマンスを魅せていた。その圧倒的な魅力は、このデビューライブから既に輝きを放っていた。最後に手を弾けさせ、上から下へそっと下ろして、デビューライブ1曲目である「My Dear」を終えた。

1曲目を終えると、最初のMCヘ。グループの紹介を終えると、1人ずつ自己紹介を行った。
この自己紹介ではこのライブへの意気込みについても加えて語った。

櫻井まい「今日は精一杯頑張るので、最後まで盛り上がっていきましょう!」

水城梓「今日は最後まで盛り上がって行きましょう!」

松本玲奈「神田明神ホールの皆さん! 愉しんでますかー? MyDearDarlin’に会いたかったですかー?(大歓声) ありがとうございます。最後まで楽しんで行きましょう。最後まで宜しくお願いします」

是枝優美「今日は皆さん、一緒に幸せになりましょう!」

咲真ゆか「最後まで皆さんと盛り上がっていきたいと思います! 宜しくお願いします!」

東條ゆりあ「今日皆さんに会えることをすっごく楽しみにしていました! 最高のライブにしていきたいと思います」

篠崎麗「今日皆さん一緒に盛り上がっていきましょう!」

櫻井優衣「今日、皆さんに会えてすっごく嬉しいです! 盛り上がっていきましょう!」

観客は大声援で応えていた。

櫻井優衣から「こんなにも沢山の方に会えて嬉しいです! 今日はお披露目の日です!!
でもすごく緊張しているんですよ。でも8人のみんなで頑張ってきたので、今日頑張りますので、ぜひ最後まで楽しんでいってください!」
と付け加え、観客から再度大きな声が上がった。

そして櫻井まいから、次にオリジナル曲を2曲連続で披露するとアナウンス。
楽曲の披露へと戻った。

2曲目は「MDDシンドローム」。サークルになって座った状態からこの楽曲はスタートした。投げキッスのようなアイドルらしい振りを魅せて立ち上がり、重厚感のあるクールなサウンドに合わせて、躍動的なパフォーマンスを披露。体を揺らしながら、両手を思いっきり上に上げて、ステップ&ターン。リズミカルに歌い上げていくのも非常に特徴的だ。サビでは、カッコよく拳を掲げ、横へ前へとパワフルに振っていく。更に、サークルになったり、2列を形成したりと、全体で見ていてもかなりシンクロ率の高いパフォーマンスを展開していた。観客は、そんな素晴らしいパフォーマンスを見て、サイリウムを大きく振って盛り上げる。中にはジャンプして高まっている人もいた。引き続き、8人はビートを刻めるようなメロディーに合わせて、強くパフォーマンス。間奏では拳を振って、観客を大きく煽った。そして体を大きく揺らしながら、少し艶やかに、そして力強い歌唱・ダンスを魅せていた。最後もクールにポージング。お見事なパフォーマンスを魅せて、観客を見惚れさせた。

3曲目は「トーキョーガール」を披露。こちらも強いドラム音が特徴のナンバー。クールな音で、心を躍らせる。メンバーはそんなクール続きのナンバーに合わせて、大きくステップを踏みながら、手を左右へと振って、流動的にポジションを変更。立体感のあるようなステージングを魅せて、どんどん見ている者を引き込んでいった。サビでは、パワフルな歌唱と共に手足をパワフルに上げて、アクティブなパフォーマンスを魅せていた。叫ぶポーズやてくてくと歩いていく振りでメリハリも見せていた。<トーキョーガール 一緒に踊りましょう>と歌うように、観客も一緒に踊って盛り上がり、MyDearDarlin’の作り出す空間を存分に愉しんでいた。アジアから世界へと発信することを目指すこの楽曲では、どこか日本らしく、それでいて非常にクールにみんなを惹きつけていた。非常に魅力のあるナンバーとなっている。最後まで、適宜フォーメーションを変えながらパワフルに、そして華麗なアクトを魅せつけていた。終盤では8人がステージ最前に位置し、観客を大いに盛り上げていく。もちろん、観客もどんどん高まるように、どんどん盛り上がっていく。かなり熱狂的な会場へと変化していた。最後は<Ah ah>とみんなで歌い、どんどんボルテージを上げていく。ラストでは体を斜めにし、手を斜めに上げるポージングとなり、「トーキョーガール」を終えた。

2曲を連続で終えると、かなりの声援が起こっていた。それほど全員が魅了されたという証明である。

ここで記念撮影を行った。

その後、MyDearDarlin’から告知が。

・7/16(木) MyDearDarlin’ 1stワンマンライブ@新宿BLAZE 開催決定!

このワンマンライブの開催を直前に聞いて全員が驚いたそう。そして「こんなに大きな会場でライブをさせて頂くということで、本当にありがたいですし、とってもとっても楽しみです。そしてこのワンマンライブに向かって、私たち8人で、突き進んでいけるように、そしてこれからアイドル業界を引っ張っていける大きな存在になれるように頑張っていくので、これからMyDearDarlin’のこと宜しくお願いします!」と力強く意気込みを語った。

このMCの後、デビューライブは最後の1曲となってしまった。

最後に披露した曲は、「七転八起ドリーマー」という楽曲。イントロで<Oh oh>と少し控えめに歌った後、一気に勢いが付いていった。この楽曲は、MyDearDarlin’のみんなが目指す”夢”について歌い上げるナンバー。ハキハキと歌いながら、大きなステップに、パワフルに片手を上げるダンス。サビでは、アクセルMAXのように一気に勢いが高くなった。夢を想うように、感情的に歌い上げ、拳を上げてゆっくりと回す。<夢を掴むんだ>と表現するように、心を込めて歌い、踊る。そんな姿が非常にカッコよく、どこか説得力もあった。その後は2:2に分かれて背中を合わせて、鏡のように対称的に踊る姿も非常に印象的。一人一人が思いを込めて熱唱する姿も、非常に心に残った。最後まで、”夢を叶えるため”と、気持ちが入った歌唱、パワフルに拳を上げていく姿に心を打たれた。8人全員のパフォーマンスは非常に美しい。観客もそんな8人のアクトを見て、これから一緒に高みを目指すようにコールとクラップで応えていった。最後は後ろ向きになって、カッコよく拳を天へ掲げ、最後の曲およびMyDearDarlin’のデビューライブは幕を閉じた。

MyDearDarlin’は最高の形でスタートを切った。“令和新時代の王道アイドル”はこのライブから圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた。そして会場も大きな盛り上がりを見せていた。これからMyDearDarlin’は本格始動するが、きっといずれアイドル業界を引っ張ってくれる存在になりうるだろう。それほど素晴らしいステージだった。この8人と共に最高の景色を見させてくれると確信が持てるようなデビューライブだった。
今後も、この8人で夢を叶えて欲しい。“令和新時代の王道アイドル”の実力は本物。ぜひ今後もMyDearDarlin’には注目せざるを得ない。今後の展開、躍進する姿が非常に楽しみだ。MyDearDarlin’には目が離せない。

TEXT:石山喜将
PHOTO:NEW163

【セットリスト】

1.My Dear
MC
2.MDDシンドローム
3.トーキョーガール
MC
4.七転八起ドリーマー

◆MyDearDarlin’ 公式Twitter
@MyDear_official

◆櫻井優衣 Twitter
@mydear2020_yui

◆櫻井まい Twitter
@mydear2020_mai

◆東條ゆりあ Twitter
@mydear2020_yuri

◆是枝優美 Twitter
@mydear2020_yumi

◆松本玲奈 Twitter
@mydear2020_rena

◆水城梓 Twitter
@mydear2020_azu

◆咲真ゆか Twitter
@mydear2020_yuka

◆篠崎麗 Twitter
@mydear2020_rei