notall:【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜notall編〜【写真多数あり】

/notall:【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜notall編〜【写真多数あり】

notall:【ライブレポート】宴-notage-「神々と民が、酔いしれる」〜notall編〜【写真多数あり】

今夏にも開催されたnotall主催のライブイベント「宴-notage-」が、アップアップガールズ(仮)、GANG PARADEを招き、12月13日再び開催された。前回にも増して熱い内容となったライブの様子をレポートしていく。今回はnotall編をお届けする。

宴-notage-のトリを飾ったのは「notall」。電子音が強い、次世代ソーシャルアイドル”notall”を象徴するOPSEが流れ、メンバーが一人一人登場した。

1曲目は「CD売るのやめました」から「#ハッシュタグはつけられない」が披露された。「notageいくよー!!」と力強い叫びに合わせて観客からは大きな歓声が飛んだ。4人が非常に楽しそうな表情を浮かべながらキレキレのダンスを披露した。ステージを自由に動き周り、盛り上げる様子はnotallらしく素晴らしいパフォーマンスだった。またメンバーの煽りに対して会場も大きく盛り上がり、会場は非常に熱気を帯びていた。

2曲目はキラーチューン「お肉Deナイトセンセーション」を披露した。田崎と佐藤の楽しそうなやりとり、片瀬の凛とした様子、渡邊のこぶしの効いた歌声はnotallのステージを象徴だ。自由度の高い中でもキレのあるダンスは満足度が高く観客を圧倒していた。

その後、簡単な挨拶と田崎の「元気ですかー?元気があればなんでもできる!」とコメントした後、「きらめけ☆tweet girl!!」と曲紹介を行うと大きな歓声が飛んだ。盛り上がり必至の当楽曲はこの日も大きな盛り上がりを見せた。タオルを振り回し、会場には一体感が生まれた。メンバーが無邪気に動き回りつつ、観客に対しハイタッチやポーズを決めるなどのサービスはnotallのステージならではだろう。会場を楽しませながら盛り上げる様子はさすがというべきだ。

3曲披露した後、MCとなった。改めてnotallの自己紹介を行った後、佐藤が「notage盛り上がってますかー!」と煽ると観客から大きな歓声が飛んだ。そして本日出演した「アップアップガールズ(仮)」と「GANG PARADE」に対して感謝の意を述べた。またアップアップガールズ(仮)とのコラボステージに対してメンバー全員が「楽しかった!最高!!」とコメントした。その後、初めてnotallのライブを見る方に向けて、notallのライブについて説明を行った。田崎が「notallのステージは写真撮影、動画撮影・・・その他諸々オッケーです!」と話すと、佐藤からは「その他諸々、気になるね?」と聞いた。すると田崎は「もうなんでもオッケーです!」と言って笑いを誘った。佐藤は「怪我しない程度にならね。」とコメント。自由度の高いnotallだからこその説明だった。そしてnotallの代名詞となった「CD売るの辞めました。」についての宣伝を行った。CDを売るのを辞めたとタイトルにあるように定価0円で販売(?)している。是非ともnotallのライブに行き、CDをゲットして頂きたい。

そして「CD売るの辞めました。2」から「蝉時雨」が披露された。スピード感がありつつも哀愁が漂う当楽曲は、notallの綺麗な歌声を存分に聴くことができ、楽曲に合わせた美しく細部までこだわったダンスは見応えがある。そして照明がメンバーを美しく照らし、煌めいた姿は非常に印象深かった。美しく隙のないパフォーマンスだった。

5曲目はキラキラしたラブリーな楽曲「my baby,my lover」を披露。可憐なダンスに合わせ、会場からは大きなコールが巻き起こった。メンバーは観客に向けて視線の気配りを行い、ファンを喜ばせていた。そしてファンの楽しそうな顔を見たメンバーからは自然と笑みが溢れ、楽しげにパフォーマンスしていた。

5曲目が終了すると渡邊からは「まだまだ楽しんでいきましょう。右手拳を上げてください」と話し、「ウサギツンデレラ」を披露。前曲から一変し、メンバーからはクールな表情が見られた。激しくキレのあるダンスで観客を圧倒した。負けじと観客もサビでヘドバンを行い、観客席は波を打っていた。そして2番のサビ前に佐藤が「かかってこいよー!!!」と叫び観客を大きく煽った様子は非常に印象深かった。その期待に応えるように観客は大きく盛り上がり、熱気はMAXとなっていた。

notallのステージも最後の楽曲となった。「JUST NOW★」では最後までノリノリでパフォーマンスし、最後まで会場を盛り上げた。渡邊の「n!o!t!a!g!e!、notage!」と煽るとファンから大きな歓声が飛んだ。曲中に渡邊が足を痛めるアクシデントがあったが残りの3人は焦ることなくパフォーマンスを続けた。心配するファンに向けて、曲中に佐藤は「大丈夫。」とコメントを入れた。アクシデントはあったものの、最後は観客と共にジャンプを行い、notallのパフォーマンスは終了した。

最後の挨拶で「また遊びにきてください!」とコメントすると、観客からは「やっぱりnotallだなー!」と歓声が飛んでいた。それ程、notallのステージは満足度が高かっただろう。

notallのライブは1度見ると何度も見たくなってしまう。以前のインタビューで語っていたが彼女たちは予定調和ではないライブを行う。ステージごとにパフォーマンスを変化させ、いつでもどこでも工夫を凝らしながら、会場をnotall色に染めてしまうの点は彼女たちの大きな強みだ。まだnotallのライブを見たことがない方がいれば一度見ることをおすすめする。

大きく盛り上がった「宴-notage-」は大盛況で終了した。この日をきっかけに今日出演したグループのライブに行ってみると良いだろう。どのグループも満足度が高いパフォーマンスを見ることができる。そして次回もこの熱い熱いイベントが開催されることを願っている。それ程「宴-notage-」は最高なイベントであることに違いない。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:菊島 明梨名和 洋助平田桂樹、山口 賢人 他)

【セットリスト】

SE
1.#ハッシュタグはつけられない
2.お肉Deナイトセンセーション
3.きらめけ☆tweet girl!!
MC
4.蝉時雨
5.my baby,my lover
6.ウサギツンデレラ
7.JUST NOW★

2017-12-30T17:02:24+00:002017年 12月 30日|notall, ライブ・イベント情報|