notall:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ライブレポート〜notall編〜『いつどこでも変わらないnotallの圧倒的なライブ』

/notall:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ライブレポート〜notall編〜『いつどこでも変わらないnotallの圧倒的なライブ』

notall:【連載ライブレポート】@JAM EXPO2018 ライブレポート〜notall編〜『いつどこでも変わらないnotallの圧倒的なライブ』

2018年8月25日、26日と今年も@JAMシリーズ最大規模のフェス「@JAM EXPO2018」が横浜アリーナにて開催された。今年も豪華出演陣と大勢の観客で大きな盛り上がりを見せた。セカイベでは@JAM EXPO2018の取材を行い、短期連載として取材したグループのライブレポートをお届けする。平成最後の夏、最後の大型アイドルフェスの様子を少しでも感じて頂けたらありがたい。

今回はnotallのステージの様子をレポートとしてお届けする。
notallは8月25日のみの出演となり、オレンジステージ、ブルーベリーステージに登場。notallらしい笑える面白さ、ライブの盛り立て方で@JAM EXPOのステージを大いに盛り上げた。特に既に話題になっているMCを注目してご覧頂きたい。

<オレンジステージ>

notallお馴染みのOPSEが流れると、オレンジステージに集まった観客から大きな手拍子、メンバー登場前ではお決まりの「いくっぞー!」と大きくコールがされた。いつもの通り、片瀬成美から登場していく。メンバー一人一人が「@JAM盛り上がっていくぞー!」とコメントしながら登場した。早速1曲目を披露。1曲目はライブで絶対的な盛り上がりを見せる、定番曲の「きらめけ☆tweet girl!!」。
躍動感溢れる華麗なダンスを披露し、圧巻なパフォーマンスを見せていく。サビでは大きくジャンプ、タオルを一緒に回し、一体感を高め、会場を大きく盛り上げた。曲中では佐藤と田崎がステージの最前に立ち、観客とコミュニケーションを取る姿があり、notallならではのサービス精神旺盛な姿勢が見られた。観客が大きくコール、クラップをすることで、横浜アリーナの通路に設営されたオレンジステージは既に熱気が漂っていた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

1曲を披露した後のMCでは、

「@JAMにお集まりのあなたも!みんなでプロデュースできるソーシャルアイドルnotallです!」とグループ紹介をした後、佐藤が

「ちょっと15分と時間がないので、自己紹介の頭文字だけするから、盛り上げてください!」

佐藤「さ!」
渡邊「わ!」
片瀬「な!」
田崎「た!」

佐藤「宜しくお願いします!詳しくはこちらへ!(テレビ番組のテロップが出るかの如くステージの至る所を指差す)自分で探してください(笑)」
とnotallらしいユーモア溢れるMCで会場に大きな笑いを誘った。
そして佐藤が「10時半と朝早いですが、盛り上がっていけますか!」と話すと大きな歓声が。再び楽曲の披露へ戻った。

2曲目は「君にDA-DA-DAN」。片瀬がイントロで「盛り上がっていけますかー?」と煽ると大きな歓声が湧いた。女子の恋心を歌った当ナンバーはその楽曲のキラキラ感に合わせてラブリーにかつ表情豊かに踊っていく。サビではスピード感溢れ、リズミカルな歌唱に合わせて観客がクラップで応えていた。佐藤からも「いいよー!盛り上がってるよー!」とコメントするほど大きな盛り上がりを見せていた。田崎がラストのサビで「君が好きー!」を「JAMが好きー!」と変え歌い、この曲を締めた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

そしてオレンジステージ最後に披露したのはこちらもライブの定番曲「JUST NOW★」。渡邊が「いくよー!」と煽りスタートした楽曲はこちらもサビで大きなジャンプを行い盛り上げた。notallはずっと楽しそうに笑顔でパフォーマンスしており、その様子がファンにも伝わっていた。最後も観客と一緒にジャンプをし、オレンジステージでのパフォーマンスを終えた。
ライブの良さに定評のあるnotall全開のステージで、@JAMのスタートを大きく盛り上げた。最高の幕開けだったに違いない。

【セットリスト】

1.きらめけ☆tweet girl!!
MC
2.君にDA-DA-DAN
3.JUST NOW★

<ブルーベリーステージ>

次にnotallのブルーベリーステージの様子をお届けする。ベリーステージではMCはどうだったのか。そこを再び注目して見て頂きたい。

オレンジステージ同様にOPSEが流れ、片瀬から一人一人メンバーが登場。ファンの大きなコールに応えるように煽りながら登場した。
1曲目は「my baby,my lover」。渡邊が「宜しくお願いします!」とイントロで挨拶し、楽曲に入って行った。美しいステップ、ターンを見せ、綺麗なパフォーマンスを見せるnotall。リズムよく踊る様子に観客もビートを刻んでいた。パフォーマンス中の表情豊かな様子もnotallの特徴の一つで、歌詞の心情を表情で表現していた。大きなコールが会場に響き渡り、アップテンポの楽曲をアシストした。ブルーベリーステージのスタートかメンバー、観客はエンジンMAXだった。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

そして気になるMCは、

グループの紹介をした後、佐藤から「@JAM EXPO、ブルーベリーステージ楽しんでますかー?」と質問すると大きな歓声が返ってきた。その後、田崎から「元気ですね!では、ここで皆さんで一曲歌いましょう。」と唐突に話すと、『ブルーベリーアイ (わかさ生活)』のCMソングを歌い出し、観客も一緒になって歌った。しかし田崎は「違う違う。ブルブルベリベリブルベリアイって言ったら、『アイアイ』って言ってほしいの。」と言ってもう一回トライするも、「ちょっと違うな〜」と失敗。佐藤からは「難しいよ!」とコメント。失敗を取り返したい田崎は「コ〜?」と発すると、観客から「ジマ!」とレスポンスが。そう、コジマ電気のCMのセリフを言ったのである。
ぴったりと合った様子に片瀬が「すごい!」と呟いた。そんな様子を見かねた佐藤は笑いながら「なにこれ(笑)せっかく@JAMに来たのに!」とコメント。田崎の天真爛漫な面白さが見られた。

そして佐藤が元に戻し、「@JAM盛り上がっていますか!?」と話すと再び大きな歓声が。
「notallはさっきのオレンジステージでは15分しかなかったので、自己紹介の頭文字しか言えなかったんですけど、今回20分ありますから、特別に『お母さんの名前』を発表したいと思います!!」
観客から大きな歓声が。

田崎「さちこです!」
佐藤「あいちゃんです!」
渡邊「ひろこです!」
片瀬「あきちゃんです!」

佐藤「皆さん覚えて帰って下さい!」

再び、
佐藤「詳しくはこの辺で〜(テレビ番組のテロップが出るかの如くステージの至る所を指差す)」

また面白いMCを終えると、楽曲披露へ。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

2曲目は夏の終わりにぴったりと合った「蝉時雨」。しっとりとしたイントロからクールなサウンドに合わせて、凛とした表情で歌い上げた。前述の通り、表現力の高いnotallは、”希望”というメッセージ性の高い当楽曲の世界観を見事にパフォーマンスによって体現した。片瀬のソロでは美しい歌声が響き渡り渡り、観客もクラップしながらしっとりと聴いている様子が見られた。

3曲目はキラーチューンの「お肉Deナイト☆センセーション」。渡邊のセリフから始まるこの楽曲は迫力のあるパワフルなパフォーマンスを魅せた。そして曲中の渡邊のこぶしの効いた歌声は圧巻で、@JAMの会場にも響き渡った。この楽曲で発動する「お肉口上」もしっかりと行われ、大きく盛り上がっていった。カラフルな照明もnotallのパフォーマンスにぴったりとマッチし、素晴らしいステージを魅せていた。@JAMのブルーベリーステージは”notall色”に染まっていた。それほど観客を引きつけていた。

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

©@JAM EXPO 2018

そして@JAM EXPO2018最後の楽曲は、「#ハッシュタグはつけられない」。爽やかでかつロックなメロディーに合わせてキレのあるダンスを披露。サビで大勢の観客が大きくジャンプし、会場が沸き立っていた。この楽曲のポイント一つである、”ポーズアンドレスポンス”(=メンバーが行ったポーズを観客が同様に行うこと)では、
佐藤:(@JAMと叫びながら)手を上に上げる
片瀬:PPPH
べちこ:ナルシス
田崎:どんだけ〜!
を観客と一緒に行い、一体感を高めていた。最後まで熱量が落ちず、notallの楽曲披露は終了した。最後に9月8日、9日に東武動物公園で行われる、notall4周年を記念したnotall主催のフェス「ノタFES」の告知を行い、ステージを後にした。

©@JAM EXPO 2018

notallのブルーベリーステージの20分間はあっという間で非常に満足度の高かった。@JAMの舞台でも大きな個性を出したnotallは改めて能力の高いグループであることを証明した。こうしてnotallの@JAM EXPO2018は終了した。

【セットリスト】

1.my baby,my lover
MC
2.蝉時雨
3.お肉Deナイト☆センセーション
4.#ハッシュタグはつけられない

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:名和 洋助平田桂樹

ライブフォト(全34枚)
2018-08-29T12:37:14+09:002018年 8月 29日|Categories: notall, ライブ・イベント情報|