クマリデパート:【ライブレポート】新年幕開け!NPP2019『2019年もクマリデパートがライブであなたに笑顔を届ける』

/クマリデパート:【ライブレポート】新年幕開け!NPP2019『2019年もクマリデパートがライブであなたに笑顔を届ける』

クマリデパート:【ライブレポート】新年幕開け!NPP2019『2019年もクマリデパートがライブであなたに笑顔を届ける』

時は2019年となり、新しい年を迎えた。新年恒例イベントとなった「TOKYO IDOL PROJECT」と「@JAM」が開催する2018年の最も輝いたアイドルたちの「プレミアムな新年会」、「NPP 2019」が1月2日、1月3日にお台場周辺で開催された。豪華出演グループと共に新年を祝うこのイベントでは、ほとんどのアイドルグループは当イベントで”ライブ初め”となった。そして新年を迎えるに相応しく大熱狂、大盛況で幕を閉じた。

早桜ニコ、優雨ナコ、小田アヤネ、楓フウカから成る4人組、ekoms所属の王道アイドルグループ「クマリデパート」もこのNPP2019に出演。新年を祝う、この豪華イベントに出演した。
クマリデパートは当イベントの2日目、1/3に出演。ライブだけでなく、「縁日むすめ」として輪投げやだるま落としなど、ファンと交流を行い、このイベントを盛り上げた。ライブでは17:15~ CX本社7F フジさんのヨコ(Party Stage)でライブを行った。

2018年には新体制となり、リリースした楽曲も豪華製作陣で作られ、素晴らしい楽曲として話題となった。2019年ブレイク必至のクマリデパートは、本年も素晴らしい活躍をしてくれるに違いない。今回はそんなクマリデパートの新年初ステージをライブレポートとしてお伝えしていく。

電子音とドラム音が非常に強いメロディーに「クマリデパート」と音声が入ったキャッチーな楽曲「おいでよ!クマリデパート」が流れ、観客はそれに合わせ、クラップしていく。メンバーもステージには姿を現さず、「クマリデパート」と言いながら、観客を煽っていった。スタートからクマリデパートのステージに期待を寄せ、胸が躍っていた。
そしてクマリデパートの2019年がスタートした。

「おいでよ!クマリデパート」を魅せた後、昨年9月にリリースしたキャッチーな楽曲「あれ?ロマンチック」を披露した。4人はスタートから時間差でのダンスや大きく走り出すフリやジャンプなどのアクティブなパフォーマンスを魅せ、ノリノリの様子が見られた。早桜ニコはチャームポイントの笑顔が輝いていた。優雨ナコはリズミカルにダンスを魅せた。そしてサビの扇子を振るようなダンスは、インパクトがあり、非常に楽しい。それに合わせ、観客もフリコピをしていき、大きく盛り上がっていった。スタートから熱量の高さを見ていた。

2曲目に披露したのは「愛Phone渋谷」。こちらも大きく盛り上がるナンバーだ。手や腕をくるくると回し、躍動感溢れるパフォーマンスを魅せた。楓フウカは熱量高く歌いあげ、小田アヤネはクールな表情でダンスを披露していった。独特の頭に残りやすいサウンドは、ビートを刻みやすく、会場は大盛況だった。終盤では早桜が「イェーイ!」と叫び、これに応えるように観客から大きな歓声が上がった。観客の大きなコール、フリコピで、クマリデパートのパフォーマンスをアシストしていった。クマリデパートのライブの良さである、熱量の高く、会場が一体になれるパフォーマンスをスタートから魅せていった。

2曲を終えると、MCとなった。「ご来店ありがとうございます!クマリデパートです!」とグループの紹介と自己紹介を行った。4人から「あけましておめでとうございます!」と新年の挨拶を行った後はクマリデパートから告知がされた。1/19から東名阪ツアーを行い、ファイナルは2/3、東京、渋谷「SOUND MUSEUM VISION」で行われる。クマリデパートにとって3回目のワンマンライブとなり、きっと楽しいライブになるだろう。ぜひ足を運んでいただきたい。そして1/22には待望の新曲「シャダーイクン」がリリースされる。合わせてチェックして頂きたい。

その後、新曲「シャダーイクン」を披露することとなった。電子音の強いスピード感の溢れた、心に響くサウンドに合わせ、ステージを存分に使い移動したり、2:2となり前後入れ替わったりとアクティブなダンスを披露。複雑なダンスも器用にこなしていった。また4人は楽曲に合わせリズミカルに歌唱していった。4人の楽しそうな表情も非常に印象的だった。見ている側はクマリデパートのダンス、歌唱、表情を見て、非常に楽しく思えた。事実、観客の多くが笑顔になっているのが見られた。

クマリデパート新年最初のステージでの最後の曲は少し懐かしさを感じさせてくれるような、疾走感溢れる王道アイドルソング「アンサー!!」を披露した。美しくステップを踏み、綺麗なダンスを魅せた。曲中での一人一人が読み上げるセリフでは大きな歓声が上がった。最後の最後まで、クマリデパートのメンバーは終始笑顔で、楽しそうにパフォーマンスしていた。それは観客も同様だった。約20分のパフォーマンスだったが、クマリデパートの魅力が存分に詰まったステージだった。こうして、クマリデパートの2019年はスタートした。

クマリデパートは「あなたに笑顔を届ける」グループだ。それはライブでも存分に感じることができる。2019年もクマリデパートには多くの人に笑顔を届けて欲しい。ぜひ我々もクマリデパートのステージを見て笑顔になろう。クマリデパート、2019年も全力でみんなを楽しくさせ、笑顔にしていくに違いない。

(文:セカイベ編集部 石山喜将、写真:名和洋助

【セットリスト】

1.おいでよ!クマリデパート
2.あれ?ロマンチック
3.愛Phone渋谷
MC
4.シャダーイクン
5.アンサー!!