里咲りさ:【ライブレポート】伝説となった!09.22里咲りさ 全国ツアー2017 TOUR FINAL@ZeppDiverCityTOKYO

/里咲りさ:【ライブレポート】伝説となった!09.22里咲りさ 全国ツアー2017 TOUR FINAL@ZeppDiverCityTOKYO

里咲りさ:【ライブレポート】伝説となった!09.22里咲りさ 全国ツアー2017 TOUR FINAL@ZeppDiverCityTOKYO

2017年9月22日里咲りさの『空前絶後の1st全国ワンマンツアー』のツアーファイナルが、ZeppDiverCityで行われた。
当日まで不安視されていたチケットの売れ行きも、なんのその。いざ蓋を開けてみれば立ち見が出るほどの盛況ぶり。3年間の集大成を披露するに相応しい舞台となったことは間違いない。
トークも冴え渡り、MCでは、「私が思ってたZeppと違う。私が思ってたZeppはもっとガラガラ」と自虐的なMCを披露し、会場の笑いを誘った。

ラジオ番組風のコーナー『里咲ラジオ』でのファンのリクエストに応え、封印された(?)珠玉のアイドルソング『だってね。』を披露し、ステージ前に、本人の希望で作られたセンターライン(花道)へと降り、ファンとハイタッチをしながら疾走。会場の熱気は最高潮に達した。

またセンターラインにて地面に座り、「神楽坂TRASH-UP!!Zepp DiverCity TOKYO支店へようこそ!」と弾き語りで歌った『かわいた空気の夜に』では、水を打ったように静まり返った場内に里咲りさの可憐な歌声が響き渡った。

ダブルアンコールでは、「ベストアルバム制作決定」と「メジャーデビュー決定」の2つのサプライズが発表された。しかしと発表したが、実際はどちらも未定とのこと。インディーズの限界を感じ、メジャーデビューすべく、インディーズからの『FA宣言』だ。
当日Zeppダイバーシティにいるレコード会社関係各位に向け「物を売るのは得意なので」と呼びかけた。10月21日までの1ヶ月間メールにてオファー受付中とのこと。(お問い合わせ先:risamusic925@gmail.com)

個人名義でzeppを借り、無謀とも思われたZeppDiverCityでのライブは、満員の大成功を収め、3年間の集大成であると同時に、里咲りさにとってここは通過点であるように感じられた。周りの期待の斜め上を軽々笑顔で飛んでいく、彼女のこれからに益々目が離せない。

セットリスト
1. サイン
2. Hot!夏!さま~
3. オリーブ
4. ディアティア
5. 信号
6. 410
7. つみき
8. だってね。
9. かわいた空気の夜に
10. TOKYO TELECA
11. TURE
12. ボーンブレイクガール
13. Little Bee
14. エンドロール
-アンコール-
15. カタルカストロ
-ダブルアンコール-
16. サイン

【フォトギャラリー(全20枚)】

(文・写真:セカイベ編集部)

2017-10-15T02:46:52+00:002017年 10月 15日|ライブ・イベント情報, 里咲りさ|