アップアップガールズ(仮):【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アップアップガールズ(仮)編〜

/アップアップガールズ(仮):【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アップアップガールズ(仮)編〜

アップアップガールズ(仮):【ライブレポート】NPP2018『2018年ライブ初め!』〜アップアップガールズ(仮)編〜

TIPと@JAMが手を組んだビッグイベント「ニューイヤープレミアムパーティー2018(通称:NPP2018)」が、Zepp Tokyo、Zepp Diver Cityを中心にお台場で1月2日、3日と2日間に渡って開催された。ほとんどのグループが2018年のライブ初めとなるため、より気合いの入ったパフォーマンスを披露し会場を大いに盛り上げていた。まさに新年のスタートに相応しい、アイドルたちの意気込みと勢いを強く感じるイベントとなった。

連載としてお送りしていくライブレポートで、様々なグループのステージを紹介していく。今回はアップアップガールズ(仮)編をお送りする。

電子音のSEが鳴り響く中、まずは音声が、続いてメンバーが『アップアップガールズ(仮)』というグループ名をコールし、煽りを行った。観客からは大きな声援が沸き起こった。その後、煽りを行いながらメンバーの自己紹介がアナウンスされ、アプガの登場にファンは胸を踊らせていた。この独特なオープニングは盛り上がる一つのポイントだろう。そして満員の会場にメンバーが登場。新年らしく正座とお辞儀のスタイルを行うと、こちらも新年らしい、『春の海』が流れた。礼儀正しいスタイルに丁寧な挨拶を見せ、新年らしい姿が見られた。古川小夏が「アップアップガールズ(仮)、今年も攻めて、攻めて、攻めて・・・攻めまくって行きたいと思いまーす!」と彼女たちらしい挨拶を行った。

その後、1曲目「アプオトメっ!!~アプガのお正月だょ 全員集合!〜2018」を披露した。参拝のフリやお辞儀など、正月要素の詰められた当楽曲は、毎年正月の恒例の曲となっている。アプガらしいポップなアレンジとコミカルなダンスで元気をもらえるようなパフォーマンスを披露した。「1富士、2鷹で3アプガ」はパワーワードとして心に残る。そして独特のコールも非常に印象的だった。新年になったことを実感させられつつアプガの魅力を存分に感じられたパフォーマンスが終了。その後、MCとなった。

森咲樹が「2018年無事に開けたということで、抱負を含めて自己紹介してもらおうと思います。」と話した。

オレンジ担当の関根梓は、「2017年は毒を吐きすぎたので、2018年はなるべく毒を吐かないことを目標にやっていこうと思います。」と彼女らしいコメントを残した。

緑担当の森咲樹は「2017年は個人的に地道な一年だったなと思うので、2018年は勉強したことなどみなさんにどんどん発信して行きたいなと思います。あとはアームレスリングが強いので、優勝ベルトをタワーレコードに持ち帰りたいと思います。」とマッチョな彼女らしく話した。

青担当の新井愛瞳は「私の目標はよく食べ、よく眠り、ゲームを楽しくやりたいと思います。私のゲームの平均時間が6時間なので、少しでも減らせるようにしたいなと思います。アプガとしましては@JAMオールスターズに誰かしら入りたいなと思いますし、TIFもホストになれるようにアプガがラストアイドルだよって言われるように頑張りたいと思います。」と話題のことを絡ませながら個人のことまで丁寧に話した。

黄色の佐保明梨は「私は今年、空手2段を目指してもっと自分をしばきあげて、アプガのライブで凄いものを割りたいと思います。」と武闘派ならではのコメントをした。

ピンクの古川小夏は「私は今年26“しゃい”になるので、年に抗ってまだまだいっぱい動いて行きたいと思います!」と強くコメントした。

また森咲樹が「満員の状態で日本武道館公演ができるようにまだまだ突っ走って行きたいと思いますので、これからも応援宜しくお願い致します。」とコメントし、MCを締めた。

MCのあとは昨年11月に発売された「上々ド根性」を披露した。力強くこぶしの効いた歌声が特徴の当楽曲はアップアップガールズ(仮)の根性の強さを存分に感じることができる。パワフルな歌声に合わせて観客もビートを刻み、大きく盛り上がりを見せた。

その後、ジャンプを行うことで会場をさらに熱くさせた「ジャンパー!」、疾走感の溢れるサウンドとギタープレイを真似や合唱を行うフリなど面白いダンスを魅せた「キラキラミライ」を披露した。アプガの独特で躍動感のある振り付けや力強く綺麗な歌声は会場は大きな盛り上がりをもたらした。

5曲目の「アッパーレー」では艶っぽい歌声とは裏腹にメンバーが思い思いのダンスを披露した。新井愛瞳が「みなさん思い思いに踊ってください!」と曲中に言うと、観客は正にお祭りのように踊っている様子が見られた。メンバー、観客共に楽しそうにしていたのが非常に印象的だった。

6曲目はキラーチューン「アッパーカット!」を披露。野心が込められた当楽曲に大きく力強いダンスが非常にマッチしていた。向上意欲の強いアプガの魂を表現しているようだった。連続するアップチューンに観客は負けず、ジャンプ、コールで応えていた。会場には大きな一体感が見られた。熱い盛り上がりを魅せたアップアップガールズ(仮)のステージは「FOREVER YOUNG」を披露し、余韻を残しながら幕を閉じた。

高い向上心、ド根性魂。アップアップガールズ(仮)はいつも全力投球だ。様々なシーンで全力投力を続ける彼女たちは2018年もパワフルな活動を続けてくれるだろう。その様子は見ている人に元気や勇気を与えてくれるはずだ。そんな彼女たちの活動には常に目が離せないーー。

(文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:名和 洋助

【フォトギャラリ(全16枚)】

「>」ボタンで写真の切り替えを行うことができます

【セットリスト】

1.アプオトメっ!!~アプガのお正月だょ 全員集合!〜2018
MC
2.上々ド根性
3.ジャンパー!
4.キラキラミライ
5.アッパーレー
6.アッパーカット!
7.FOREVER YOUNG

アップアップガールズ(仮)ド根性回りツアー開催中!!!!!

アップアップガールズ(仮)原点回帰ツアー 「ド根性~原点にカエル~」

【前橋の巻】2月10日(土)前橋DYVER(群馬) 開演16:30
【足利の巻】2月11日(日)足利ライブハウス大使館Bホール(栃木) 開演17:00
【水戸の巻】2月12日(月祝)水戸ライトハウス(茨城) 開演17:00
【初台の巻】2月15日(木)初台The DOORS(東京) 開演19:00
【長野の巻】2月17日(土)長野CLUB JUNKBOX(長野) 開演19:00
【甲府の巻】2月18日(日)甲府CONVICTION(山梨) 開演16:30
【熊谷の巻】2月25日(日)HEAVEN’S ROCK 熊谷VJ-1(埼玉) 開演19:00
【静岡の巻】3月3日(土)清水Sound Shower ark 開演:17時
【横浜の巻】3月4日(日)新横浜New Side Beach!! 開演:17時30分

アップアップガールズ(仮)原点回帰ツアー 「ド根性~原点にカエル~

〈リリースイベント編〉スケジュール(18.2.8更新)

<日程一覧>
2月9日(金)19:00~〈タワーレコード高崎オーパ店の巻〉@タワーレコード高崎オーパ店【群馬】☆新井愛瞳ソロイベント
2月10日(土)12:00~〈イオンタウン上里の巻〉@イオンタウン上里1Fふれあいコート【埼玉】
2月11日(日)12:00~〈ララスクエア宇都宮の巻〉@ララスクエア宇都宮11F屋上ララ・ステージ【栃木】※NEW!
2月12日(祝・月)〈イーアスつくばの巻〉@イーアスつくば 1Fセンターコート【茨城】
2月17日(土)12:00~〈イオン上田ショッピングセンターの巻〉@イオン上田ショッピングセンター 2F中央催事場【長野】
2月18日(日)@山梨県内某所
3月3日(土)12:00~〈MARK IS 静岡の巻〉@MARK IS 静岡 1Fメインコート【静岡】
3月4日(日)12:00~〈ららぽーと海老名の巻〉@ららぽーと海老名4Fバンダレコード店内特設スペース【神奈川】

アップアップガールズ公式YouTubeチャンネル

その他詳しいライブ情報は、公式サイトやニュースブログ、各Twitterにて随時更新!

アップアップガールズ(仮)公式サイト

アップアップガールズ(仮)ニュースブログ

アップアップガールズ(仮)公式Twitter
@uugirlsofficial

アップアップガールズ(仮)Twitter
古川小夏 @konatsufurukawa
森咲樹 @mori_saki1012
佐保明梨 @saho_akari
関根梓 @azusasekine
新井愛瞳 @arai_manami_ao

2018-02-09T00:44:51+00:002018年 2月 8日|Categories: アップアップガールズ(仮), ライブ・イベント情報|