定期的に渋谷Gladでレギュラー公演を開催している「WHY@DOLL」。今回は定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~はる色に染めて~ vol.29」の6月最後の回を取材した。

1部セットリスト

SE
1.曖昧MOON
2.clover
MC
3.Tactics
4.あなただけ今晩は
5.ラブ・ストーリーは週末に
MC
6.shu-shu-star

公演は少しシリアスで、クールな印象のOPSEからスタートした。1部では浦谷はるなが白のキュートなワンピース、青木千春が薄い青のワンピースと色違いの装いで登場した。

二人のパフォーマンスは大人っぽさを表現した「曖昧MOON」から始まった。イントロから二人の優しい歌声のハーモニーが響き渡り、二人は大人っぽく魅惑的な表情で、会場に視線を送った。上品で細部にまで「神経が張り巡らされた」ダンスが楽曲の艶やかな雰囲気を増幅させ、渋谷Gladに設置されたミラーボールや、カラフルな照明と相まって、「DISCO」のような独特の雰囲気を醸し出していた。以前のインタビューで二人が言っていた、少し昔を感じさせてくれるという感覚が分かった。2曲目の「clover」でも二人の声質の異なるそれぞれの味のある声質で、彼女たちの特徴である綺麗なハモりを披露していた。
1曲目、2曲目双方において、ファンと一緒に歌うパートや、フリコピ、コールアンドレスポンスなど、ファンを巻き込むような工夫がしっかりと施されていた。

MCではパフォーマンスや、楽曲とはギャップがある、マイペースで”ふわふわ”している二人の「ゆるふわトーク」が見られた。二人のゆるいトークには癒し効果があるとファンの間でも話題で、「ゆるふわトーク」は、WHY@DOLLの大きな魅力となっている。

続いて浦谷はるなのお気に入りの一曲である、「Tactics」が披露された。当楽曲は、「どうしたらこの気持ち伝えられる・・・かな?」という歌詞に象徴されるように、恋の駆け引きに困惑する女性の世界観が描かれている。

まさに大人の恋愛をテーマにした楽曲で、その切なさや歯がゆさが見事に表現されている。パフォーマンスでは髪を搔き上げな妖艶な仕草や、激しいダンス、そして二人の会場に響渡る煽情的な歌声が、楽曲の世界観を引き立てていた。そして続けて「あなただけ今晩は」、「ラブストーリーは週末に」もしっとりと歌い上げた。

2回目のMCで、2部に新曲を披露するという告知をした後、ファンと一緒に全体で踊ることができる「shu-shu-star」を最後に披露した。見栄えの良い滑らかなステップでステージを舞い、真似しやすいフリも取り入れながらファンと一体となったパフォーマンスを披露していた。1部では大人っぽい楽曲が多かったが、最後の「shu-shu-star」ではキュートな笑顔や、無邪気さも見られ、彼女たちのパフォーマンスの幅広さを実感させられた。ファンも楽しそうにメンバーと一緒に歌ったり踊ったりしており、満足度の高いステージだったに違いない。

二人の凛とした上品なパフォーマンスに目を奪われ、あっという間に1部が終了した。2部でのパフォーマンスや新曲の披露に期待が募る魅力溢れる1部のパフォーマンスであった。2部でも非常に魅力溢れるパフォーマンスを披露した。

【写真ギャラリー】

2部ライブレポート

【WHY@DOLLレギュラー公演~はる色に染めて~ vol.29 ライブレポート目次】