【速報レポート】TIF2018 3日目:WHY@DOLL ライブレポート@SMILE GARDEN 『猛暑の中に吹いた”ほわどる”という爽やかな風』

/【速報レポート】TIF2018 3日目:WHY@DOLL ライブレポート@SMILE GARDEN 『猛暑の中に吹いた”ほわどる”という爽やかな風』

【速報レポート】TIF2018 3日目:WHY@DOLL ライブレポート@SMILE GARDEN 『猛暑の中に吹いた”ほわどる”という爽やかな風』

2018年8月3日、4日、5日と開催されている世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」が今年も開催。セカイベでは写真を中心としたライブレポートをお伝えする。

今回は、SMILE GARDENにて行われた、WHY@DOLLのライブレポートをお届けする。

TIF2018 3日目、お昼のSMILE GARADENステージにWHY@DOLLが登場した。1曲目の「MAGIC MOTION NO.5」のイントロが流れると、青木千春、浦谷はるなの二人が登場。青と黄色のワンピースを身に纏っていた。

1曲目の「MAGIC MOTION NO.5」は、ライブに欠かせない、盛り上がり必至の楽曲。二人の美しい歌声がお台場の地に響き渡った。綺麗なステップ、満天の笑顔、全てが輝いていた。
「ZIG ZAG」、「TIC-TAC」のパートではファンも一緒にフリコピを行い、一体感が高まっていた。スタートから大きな盛り上がりを見せていた。

1曲を終えると、MCとなった。浦谷は「SMILE STAGEに出演は2年、3年・・・・4年くらいぶり?メジャーデビューの年に初めてTIFに出て、その時のSMILE GARDENが忘れられないので、今年またこうやってこのステージに出ることができて嬉しく思います!最高のSMILE GARDENをお届けしたいなって思います!」
と過去のことと意気込みを語った。
ここからは一気に3曲披露となった。

2曲目は「CANDY LOVE」を披露した。キュートでリズミカルなダンスを披露。2人の掛け合いも見事で、観客を魅了した。観客も負けじとコール、クラップ、フリコピで応えた。
そしてこの楽曲のライブでの醍醐味はコールアンドレスポンスだ。浦谷が行うコールアンドレスポンスはライブごとに違う。
本日は、「T・I・F」、「2018」、「最終日」、「もっと楽しみぞー!」だった。
観客も一丸となってレスポンスしていた。非常に楽しい雰囲気が広がっていた。

3曲目は「Tokyo Dancing」。この楽曲も、サビで人指し指と小指を立てる「ほわどるポーズ」を一緒に行い、会場を盛り立てた。それと同時に二人の雰囲気も相まって、猛暑の中に爽やかな風が吹くような心地良さがあった。これはほわどるの素晴らしいポイントだろう。

ほわどるのSMILE GARDENの最後は「恋なのかな?」。
キュートなフリと表情が印象的だった。そして観客もクラップ、手を振る様子が見られ、サビでは、指でハートマークを描き、一体感をずっと保っていた。
最後に「恋なのさ!」を一緒に歌い、ほわどるのステージが終了した。

気温の高い中でも、二人のパフォーマンスは爽やかで素晴らしい。終始、TIFを盛り上げていたのが、印象的だった。

【セットリスト】

1.MAGIC MOTION NO.5
MC
2.CANDY LOVE
3.Tokyo Dancing
4.恋なのかな?

(取材・文:セカイベ編集部 石山 喜将 / 写真:大林 健

2018-08-07T10:10:18+00:002018年 8月 5日|Categories: TIF2018, WHY@DOLL, ライブ・イベント情報|