ゑんら:【振り返りライブレポート】「百鬼夜行祭」第一部 ゑんらステージ『ゑんらの唯一無二の魅力で観客を魅了し続けたパフォーマンス』

ゑんら:【振り返りライブレポート】「百鬼夜行祭」第一部 ゑんらステージ『ゑんらの唯一無二の魅力で観客を魅了し続けたパフォーマンス』

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組アイドルグループ「ゑんら」が以前より自身に課していたミッション「10,000枚チャレンジ」を成功させたことで、対バンライブイベントシリーズ「百鬼夜行祭」の実施を発表した。その第一弾が9/16の渋谷gladにて開催。出演グループはゑんら以外に「BLACKNAZARENE」 「全力少女R」だった。豪華出演グループを迎え、大盛況。先月には全国ツアー「ゑんら道中」をスタートさせ、前に進んできているゑんら。更なる高みを目指すため、様々なグループと共に盛り上げて行くことを誓う、対バンイベントになりそうだ。
今回はそんなゑんらの1部ステージの様子をレポートにてお伝えする。

一部は13:30〜行われ、最初のステージはBLACKNAZARENE。世界観、表現力の高さに、引き込まれるような魅力的なステージを行なった後、すぐにゑんらの出番となった。

ゑんらお馴染みのオープニングを告げる出囃子(SE)が流れると早速、観客はクラップを開始。3人が登場し、縦一列になった後、ゆっくりと踊っていく。両手を振り上げていく。そして3人が三角形の陣形を形成したところで、ライブがスタートした。

1曲目は初期から歌い続けているナンバー「心中ミッドナイト遊園」。綺麗なサウンドに合わせ木乃伊みさと、滝口きらら、滝口ひかりが順番に美しく歌い始める。そこから一気にエンジンがかかっていった。ピンクの照明がステージを照らす中、列を形成し、大きくステップするなど、素晴らしい映えるステージングを魅せる。そしてサビではリズムに乗って手を前に翳していった。気持ちを込めた歌唱、ハモりの美しさを感じながらどんどん魅了されていく。観客もそんな様子に見惚れながら大きくクラップ、コールを送っていった。その後も滑らかなダンス、時に素早くダンスなど緩急のついたパフォーマンスで魅せていく。<うらめしや> <魑魅魍魎>と歌うパートでは勢いよくジャンプ。落ちサビではきらら→ひかり→みさとと丁寧に歌い継いでいく。そしてラスサビで更に勢いが増した。くるくるとターンをしながら、アクティブに踊っていき、華麗にポーズを取ってこの曲を終えた。

2曲目は「10,000枚チャレンジ」の課題曲となった、思い入れの深い一曲「妖怪ディスコ」を披露。鈴の音が鳴り響いき、クラップで反応していく。そしてひかりが綺麗な歌い出しで楽曲をスタートさせた。ここから一気にアクセルを踏んていく。「ぐるぐる、ぽんぽん」とみさとが掛け声を行うと観客からは手拍子が。そして一人一人がクールに凛とした表情で丁寧に歌い上げていた。サビでは勢いが非常に強くなり、会場の全員がビートを刻みながら体を揺らしていった。3人もノリノリになりながら前へ後ろへとステップを踏んでいく。間奏では観客から大きくコールされる中、メンバーは華麗なダンスを魅せていった。
終盤のソロパートではひかり→きらら→みさととスポットライトを浴びながら綺麗に歌い上げていく。全員が手を上に上げ、ジャンプしながらこの楽曲を愉しんでいった。この様子、いつ見ても表題通り”ディスコ”のように楽しげに踊っていく。それはメンバーと観客どちらもだ。この関係は相変わらず素晴らしく、一つになっていくポイントだ。
会場はかなりヒートアップしていた。

2曲を連続で終えるとMCとなった。挨拶と自己紹介を行い、BLACKNAZARENEの主催ライブに呼んでもらったこと、そしてデビュー時期が近いことを話して、このMCを終えた。

早速、再度楽曲を行うことに。

3曲目は盛り上がり必至のナンバー「迷い地縛霊」。からくり人形のようなカクカクとした動きからゆっくりと歯切れよく歌い上げていく。そして足をスライドさせるなどサビに向かってエネルギーを溜めていった。そしてサビでは<カランコロン カランコロン>とエンジンがかかり、パワフルに歌いながら両手を勢いよく振り上げた。これにより盛り上がりはかなり上昇。ファンはコール、フリコピで、ゑんらのパフォーマンスに反応していくようにどんどん行っていき、温度を上昇させていった。その後も楽曲に合わせた、自在かつ力強い歌声を奏でながら活力あるパフォーマンスで魅了していく。時に激しく、時に滑らかに。ラスサビでも全員が両手を振って更に盛り上がっていった。最後は木乃伊みさとの熱唱からイントロのポージングに戻り、この楽曲を終えた。

4曲目はエモーショナルで疾走感溢れるナンバー「さよならを教えて」を投下。3人は均等にステージ上でうまくポジションを取りながら、またもや活気のあるパフォーマンスを披露。ファンはクラップで後押し。そして<ハロー ハロー ハロー>のパートでは3人が体を揺らし、それに合わせて観客も体を揺らす。サビでは手を大きく払いのけるのように振っていく。サビでは3人の感情の込められた、パワフルな歌声が会場に響き渡った。手を振ったり、ターンしたり、大きくステップしたりと端正なパフォーマンスを魅せていく。そんな耽美的なパフォーマンスとゑんらの世界観にどんどんと引き込まれていく。もちろん、コール、クラップをしながら。そしてみさとが最前列に行き拳を振って観客を煽り、ボルテージを高めていった。ラストでは収束するように優しく囁くように歌い、3人は三角形のポジションを取ってこの楽曲を終えた。

5曲目は先日開幕した全国ツアー「ゑんら道中」でMVが公開されたゑんらのライブの定番曲でありキラーチューン「アンバランス」。きららから歌い始め、みさと、ひかりと繋いでいく。きららが「ゑんら、行くよー!!」と観客を拳を振りながら煽った。大きくステップをしながら3人は強く強く歌い上げていく。またサークルになり、順場を変えながら歌っていった。サビではカラフルな照明が当たり、鮮やかな色彩の中、手を上に上げて美しくアクト。頭を回し、手を回す、体全体を使ったフリを魅せ、観客をステージへ引き込んでいく。楽曲のラストに向かう最中、みさとが拳を振りながら最高の盛り上がりを目指すため、どんどん煽っていった。ラスサビでは全員で大きくジャンプ。『オォー! オォー!』という掛け声にファンも声を出して反応していた。最後まで力強いパフォーマンスを魅せて「アンバランス」を終えた。

ゑんらのステージも最後一曲となった。最後は「リンネ転生」。この曲も初期から歌い続けているナンバーである。座礼のポーズからこの楽曲は始まる。そして立ち上がり歌舞伎を意識したようなダンスへ展開。軽快なステップを踏みながら品高く歌唱をしていく。サビでは<リンネ リンネ リンネ リンネ転生>と歌いながら手をくるくると回していく。サビの最後では少し挑発的な表情を浮かべ、サムズダウンを行った。この表情の切り替え、パフォーマンスの切り替えもゑんらの魅力の一つだ。
ステージ上では黄色で渦巻きのような照明が当たり、和風テイストを更に高めていた。間奏ではファンから大きなコールが巻き起こり、ボルテージはMAXヘ。そしてラスサビでもエネルギッシュな歌唱・ダンスを魅せて、最後まで魅了し続けた。流動的にフォーメーションを変えながらラストまで端麗なパフォーマンスを魅せた後、再度、座礼のポーズを行ってゑんらのステージを終了した。

最後はBLACKNAZARENEが登場し、ゑんらとトーク。写真撮影を行って「百鬼夜行祭」の一部は終了した。

相変わらずあっという間の、魅了され続けた30分間だった。ゑんらのステージはいつも華麗で素敵だ。それは何度見ても同じ印象を受ける。それに加え盛り上がりを高めることもできるのだから本当に素晴らしい。1部では大きな2組のアクトにより大盛況を収めた。2部ではどうだったのか、ぜひ続きも読んで頂きたい。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:菊島明梨(@voulpiw)

【セットリスト】

1.心中ミッドナイト遊園
2.妖怪ディスコ
MC
3.迷い地縛霊
4.さよならを教えて
5.アンバランス
6.リンネ転生