ゑんら:【ライブレポート】ゑんら主催イベント「百鬼夜行祭」 ステージ『ゑんらの魅力が十二分に出た、熱量MAXの最高の空間、時間』

ゑんら:【ライブレポート】ゑんら主催イベント「百鬼夜行祭」 ステージ『ゑんらの魅力が十二分に出た、熱量MAXの最高の空間、時間』

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組アイドルグループ「ゑんら」が主催対バンライブイベントシリーズ「百鬼夜行祭」の実施している。
今までの「百鬼夜行祭」でも豪華出演グループを迎え、大盛況を見せていた。同時に開催している、全国ツアー「ゑんら道中」も好評、確実に前に進んでいるゑんら。このイベントで大きくファンを熱狂させると共に、更なる高みを目指している。

11/15には現状発表されている「百鬼夜行祭」のラストが開催された。ゑんらにとって最大対バンイベントとなったこのイベントでは「神使轟く、激情の如く。」 「天晴れ!原宿」 「煌めき☆アンフォレント」 「FES☆TIVE」とゑんらを合わせた5組の出演となった。この豪華出演グループにより、会場の新宿LOFTは大盛況を見せた。今回はそんな熱いイベントの様子をレポートにてお伝えしたい。

「百鬼夜行祭」のトリを飾ったのは、主催グループである「ゑんら」。ここまでの豪華出演グループが作り出したボルテージを更に加熱させるように、ゑんらの3人がパワフルなパフォーマンスを魅せていった。美しさと力強さの共存するアクトでこれまで多くの人々を魅了してきたゑんら。3人のステージもまた圧巻だった。

会場の温度はかなり高かった。そんな熱気が帯びた状態で、観客はゑんらのステージを待ち侘びていた。そして時間になるとゑんら3人が登場。今回はSEなしでの登場となった。

登場して早々、滝口きららの口から1曲目のタイトルコールがされた。1曲目は「アンバランス」。ライブ人気の高い、キラーチューンだ。正直、意外な曲順だった。1曲目から「アンバランス」を披露するのは珍しい。「アンバランス」はライブでは一番最後に披露することが多いからだ。しかし、このようにセトリに工夫をすることで、良さが引き立つ。”枠に囚われない”セルフプロデュースアイドルだからできる柔軟な発想かもしれない。だからゑんらのライブは面白いのだ。

1曲目の「アンバランス」のタイトルコールがされると、観客が思わず「やったー!」という声を発した。それくらい、人気の高いナンバーである。イントロでは滝口きららのファルセットを用いた美しい歌声が会場に響いた。そして木乃伊みさと、滝口ひかりへと歌い継いでいく。全員が気持ちを込めて、序盤を美しく歌う。そして木乃伊みさとが拳を振って観客を大きく煽った。そんな煽りに負けじと、観客からは熱い歓声が。そして強くコールしていった。勢いを徐々に付けるように大きくステップしながら、綺麗かつ気持ちを込めて力強く歌い上げる3人。サビでは手を上げ下げしながら、ファンと共に高まっていく。サビ後は大きく手を振り、躍動的なアクションを魅せる。3人は時に煽りを入れながらターンや大きくジャンプしたりとエネルギッシュなパフォーマンスを展開。終盤では木乃伊みさとの掛け声により、会場のみんなで声を出していった。その声はどんどん強くなり、会場に大きく響いた。それまでのボルテージを保ちながら、更にヒートアップする様子が会場に見られた。最後まで跳ねるようにジャンプしたり、両手を大きく広げたり、力強く熱唱したりと全身全霊のパフォーマンスをゑんらは魅せてくれた。会場の熱量はゑんらのステージスタートから更に高くなっていた。

2曲目は初期から歌い継いでいるナンバー「心中ミッドナイト遊園」を投下。木乃伊みさと→滝口きらら→滝口ひかりと1フレーズずつ歌っていくイントロ。そしてその後は少し艶っぽく、時に力が入った歌唱を魅せる。手を自在に使い、このナンバーを見事に表現していく。観客からは割れんばかりのクラップが引き続き行われていた。サビでは<心中ミッドナイト遊園>とハモリを交えて熱唱。手を上げたり回したりと活発にダンスしていった。
それだけでなく大きくジャンプしたり、体を揺らしたりと大きなアクションを魅せて、更にエンジンを上げていった。三位一体のパフォーマンスはこの日も健在。チームワークの良さが十二分にパフォーマンスに反映されていた。その後、<うらめしや>と歌うパートではメンバー、観客が一緒になってジャンプ。ゑんらとハートを一つにしていた。間奏ではターンなど凛としたアクトを披露。その後、きらら→ひかり→みさとと美しい歌声を奏でていく。ラスサビもアクセルを踏むようにどんどん強くなっていった。最後に<魑魅魍魎>と歌い、全員でダンスをしてこの楽曲を終えた。観客からは大きな拍手が送られた。

3曲目はシングルとしてリリースしたナンバー「さよならを教えて」。スタートでステージを歩きながら、どこか物憂げな表情を浮かべる3人。ここからパワー漲る3人のアクトへと展開していく。Aメロでは体を揺らしながら歯切れの良い歌唱を行い、観客から手拍子を受ける。そしてBメロでは<ハロー ハロー ハロー>と左右に体を傾ける。そしてサビに向けてどんどん勢いが加速していく。サビではこれでもかと言わんばかりの熱唱をしながら、手を大きくはたいていくダンス。このパフォーマンス、そして力量の高さは圧巻の一言。それくらいバイタリティ溢れるパフォーマンスを見せてくれた。熱狂する会場。2番では3人が手を合わせたり、観客に向かい指を指したり、小指を上げたりと細部まで拘った踊りを行っていた。終盤ではみさとが可憐に歌い上げ、ひかりが熱唱。最後まで3人は気合いが込められたパフォーマンスを披露していた。3曲を披露し、会場から大きな拍手が送られた。

ここでゑんらのMCとなった。自己紹介を行なった後、このイベントに来てくれたことに感謝を述べつつ、出演グループのステージを見てすごい! という感想を述べていた。
また12/11に新アルバム「UKIYO」のリリースを告知し、楽曲の披露へと戻った。

ゑんらのステージ4曲目は疾走感溢れるサウンドに合わせ、一体感を作るナンバー「だいたらぼっち」を披露。イントロから大きなコールが会場をこだまする。青春パンクに近いサウンドに合わせてリズム良く、感情を込めて歌い上げていく。サビでは気持ちの良いほど華麗に歌いながら、手を上下に振って大きくステップしていった。観客からは強く合いの手が入っていった。サビの最後では3人が肩を組んで左右に体を揺らす。それに合わせて観客も隣の人と肩を組んで左右に揺れていた。これによって益々一体感が増していた。2番では指で星を描いたり、ステージ中央で3人が手を合わせたり、チームワークの良さを見せて、全体でも個人でも美しいパフォーマンスを魅せていた。<だいたらぼっち>と歌いながら、パワフルにダンス。その快活なパフォーマンスによって観客はどんどん魅了されていった。終盤ではメロディーがリズムダウンし、しっとりと歌い上げた後、ラスサビで勢いが爆発。強いリズムが刻まれたサウンドに合わせてメンバー、観客が大きく拳を振っていく。3人が熱唱を行う中、観客も熱く盛り上がっている姿が見られた。そして最後も肩を組んで左右に揺れ、大きなジャンプを会場全員で行い、この楽曲を終えた。

ゑんらのステージもラスト1曲となった。最後はこちらも初期から歌い継がれているライブ定番曲「リンネ転生」を披露。歌舞伎をモチーフにした、手を前に翳し、体を左右交互に180度半身にした振りからスタートし、和テイストの綺麗なサウンドに合わせて、流動的なパフォーマンスを行なっていく。サビでは<リンネ リンネ リンネ転生>と力を込めて歌いながら手を顔付近でくるくると回し、大きくステップしていく。観客はそんな圧巻なパフォーマンスを見守りながら、間にはメンバーのパフォーマンスをアシストしていくように合いの手、コールを入れていく。最後までフルパワーのパフォーマンスを行った。間奏では観客から独自コール。ラスサビでも拳を振って、会場のボルテージはMAXに。最後は少し挑発的な表情でサムズダウンを見せ、メロディーが収束し、この楽曲およびゑんらのステージは幕を閉じた。

ゑんらは12/10(火)に新宿BLAZEワンマンライブを行うと告知。

ゑんらのステージの後はEDトークとなった。1グループずつ告知を行なった後、全グループと共に記念撮影を行なった。全グループ、感謝を述べながら、ステージを後にし、この「百鬼夜行祭」は終了した。

ゑんらのステージはこの日も圧巻だった。他のグループに引けを取らない、大きな盛り上がりを見せて、会場を熱狂の渦を作っていた。ゑんらのステージは何回見ても飽きない。それほど楽曲もパフォーマンスも良い。ゑんらというグループはだから魅力的なのだ。現在発表されている「百鬼夜行祭」は終了したが、今後の開催も楽しみにしていたい。そして12/10に新宿BLAZEワンマンライブが開催される。どのようなステージになるのか、今から非常に楽しみだ。期待度は高いが、そのハードルを優に超えてくるだろう。それがゑんらだ。ぜひ12/10の新宿BLAZEワンマンライブに足を運んでいただきたい。きっと充実した時間になるだろう。この先のゑんらの歩む道にも期待が持てる。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:菊島明梨(@voulpiw)

【セットリスト】

1.アンバランス
2.心中ミッドナイト遊園
3.さよならを教えて
MC
4.だいたらぼっち
5.リンネ転生