ゑんら:【インタビュー】ゑんら2周年記念ソロインタビュー〜滝口ひかり〜 『間違いなく今が一番頑張っている時期で、ゑんらはやっぱり青春。ここに全てをかけています』

ゑんら:【インタビュー】ゑんら2周年記念ソロインタビュー〜滝口ひかり〜 『間違いなく今が一番頑張っている時期で、ゑんらはやっぱり青春。ここに全てをかけています』

木乃伊みさと、滝口ひかり、滝口きららのセルフプロデュースアイドル「ゑんら」は、2月にデビュー2周年を迎えた。ゑんらにとってのこの2年間は、紆余曲折ありつつも、その持ち前のパワーと人間性の良さで、ライブイベントでも良い空間を作り出してきた。ゑんらを愛してやまないファンは、数多い。
2周年を迎えたタイミングで、ゑんらメンバーにソロインタビューを敢行。今までの振り返りや現在の心境を訊いてみた。そこでは、ゑんららしい回答や意外な答えを出し、非常に興味深い内容となった。

今回は、ゑんらを全面に管理している滝口ひかりのソロインタビューをお届けする。ひかりは、その持ち前の思考力の高さで、ファンを温かい雰囲気で包み込んでいる。その思想は、非常にユニークで、ファンから共感を生む。ひかりの発言は、非常に現実的で、ポイントを抑えている。今回のインタビューでも、それが存分に感じた。それだけでなく、この1年間での心境の変化も。ぜひこのインタビューから感じ取っていただきたい。

(取材・文:石山喜将)

今は、気楽に楽しめているという充実感がすごくある

ーー2年目、そしてこの2年間を振り返ってみて、どのように感じていますか?

滝口ひかり(以下、ひかり):最初の頃は、「こうしなきゃ」と思い込んでしまうことや「失敗しないようにしよう」と思うことが多かったですが、最近では、気楽に楽しめているという充実感がすごくありますね。1年目に比べて2年目はそういう意味でも余裕ができたかな、と。それは自分自身で変わったと思うところですね。やはり演者が楽しんでいる姿を見せないと、お客さんは絶対に楽しめないと思うので。だからそのように硬くならずに、楽しい姿を全面的に出すことを心がけるようになりました。

ーーそのように楽しめるようになったきっかけはいつですか?

ひかり:「妖怪ディスコ」の10,000枚チャレンジの枚数発表が終わってから、ツアーが始まったのですが、そのツアーがきっかけだったかもしれないです。

ーー最近の話なんですね。

ひかり:そうですね。「10,000枚チャレンジ」は、メンバーもファンも全員が切羽詰まっていましたし、そもそも賛否両論あって色んな意見が来て・・・。キツキツの中で、精神が削られたのですが、終わってからは解放されたというか、全てが楽しいと思えるようになりましたね。

ーー楽しいというのはもちろんですが、精神的に余裕が出てきたことも大きいのではないでしょうか?

ひかり:そうですね、精神的に余裕ができたのかもしれないですね。「10,000枚チャレンジ」で、壁を乗り越えたのかもしれないです。だから今辛いことがあっても、「10,000枚チャレンジ」に比べたら全然平気、と思うようになりました。だからある程度なんでも乗り越えていけると思いますね。

ーーただ、この全国ツアーは、満身創痍だったのでは? と見ていましたが。

ひかり:仙台公演は確かに大変でしたね。私の声が出なくなり、みさとがノロウイルスで欠席しましたが、個人的には仙台だけ不調で、他の箇所では結構ノビノビできていたと思います。それに仙台でのライブ特典が青のTシャツだったので、自分のカラーで嬉しかったのもあり、それに救われたというのはありますね。「久々にこの青一色は嬉しい!」と思っていました。だから仙台もすごく楽しかったですよ。声は出なかったけど、本当に嬉しかったから。全体で見ても、福岡でもきららが声出なくなりましたが、2人でうまくカバーできましたし、すごく楽しめたツアーだったんですよ。

ーーなるほど。外から見ていて、”楽しい”という感覚がお客さんとも共有できているのは、素晴らしいことだと思いますね。

ひかり:多分そうだと思いますね。

自分たちのグループなのになぜか遠慮していた。しかし今では言いたいことをしっかりと言うようになった

ーー運営面はいかがですか?

ひかり:運営面は、私1人で決めている訳じゃないので、すごく大変だったと思うことは減りましたね。前までは1人で決めなきゃいけないというような、プレッシャーに近い責任があったんですけど、今は2人もいるから大丈夫と思うようになりましたね。その点でも、心に余裕が出てきたというのはあります。3人で決めれば楽しいよなという気持ちがあるので。私がお客さんから色々言われることはあるけれど、「別に私だけで決めた訳じゃねーし」のような心の持ちようがあるので、全然平気ですね。1年目は、「こうした方が良いんじゃない?」というのを強く言ってたけれど、活動を続けるうちに、絶対に3人で決めた方が良いと分かったので、そこから全部2人に相談して決めています。その分、楽になりましたね。

ーー3人で相談して決めることが多くなったのですね。最近は、周りの人に翻弄されることは無くなってきましたか?

ひかり:初期の頃よりは全然なくなりましたね。途中で気が付いたんですよね。自分たちのグループなのに、なんでこんな遠慮しているんだろう、と。だから言いたいことは、しっかりと言うようになりましたね。

ーー選別ができるようになってきた。

ひかり:そうですね。

フレッシュさや明るくて生き生きとした姿を見せて、取っつきにくさを減らしたい

ーーその中で、ゑんらにとって3年目に必要なことはなんだと思いますか?

ひかり:非常に内部のことなのですが、これはお客さんも感じていることだと思います。私たちはすごく仲が良いんですけど、仲が良すぎるが故に、わざわざ写真を撮らないんですよね。だから側から見たら、グループ内が冷めているのかなと思われてもおかしくないんですよね。私が客観的に見ていたらそう思うんですよね。例えば、うちとみさとの自撮りは全然上がらないじゃないですか。もちろん、うちときらもそうですけど。そのように和気藹々かつ活気が必要なのかなと思います。周りから見てたら絶対必要なことだと思うんですよね。

ーーあまり中身を知らない人にとっては、仲があまり良くないと思われているんですか?

ひかり:いや悪いとは思われてないでしょうけど、実際のところは3人が家族すぎるんですよね(笑)。うちとみさとは5年間毎日一緒にいますし。だからグループに16歳17歳の若い子が必要というのは、フレッシュさがあって必要なんだなと思っちゃいますね。

ーー妹感ですね。可愛いと思って、写真を撮りたいと思うんでしょうね。

ひかり:そうなんです。きららも妹は妹なんですけど、しっかりしすぎてるし、実の妹だから逆に撮るのも変な感じがするんですよね(笑)。本当にきららは、年齢の割にしっかりしすぎているから(笑)。内部事情で申し訳ないんですけど、前から思っていますが、これはゑんらの課題なのかなと思いますね。だから今年は、みんなの自撮りなどをあげていこうと思っています。これが課題と言えば課題ですかね。

ーー確かに、積極的に写真をあげていくことによって、ファンは写真が増えていくし、SNSの活性化になりそうですね。その先で、行きやすい現場と思われる効果が出ますね。

ひかり:そうそう。ただでさえゑんらはダークなイメージがありますし、近寄りがたい、孤高なイメージがあると思っていて。結構イベンターさんにも言われているんですよね。「ゑんらって孤立っぽいよね」と。今後は、フレッシュな部分や明るくて生き生きとした写真を撮って上げることで、取っつきにくいことはないよという印象を今年付けていきたいんです。楽曲で言えば、「ホラーかわいい」を作ったのは、その表れです。

ーーハードルが高いと思われているんですかね?

ひかり:と、思いますね。ちょっと高飛車感が出ちゃっているのかもしれないです。

ーー知っている人からすれば、ウェルカムなんですけどね。

ひかり:そうなんですよ! ただ、そう見えないのは、私たちに問題があると考えています。それは努力次第で改善できると思うので、変えていきたいですね。

心と心で繋がるパフォーマンスができるようになりたい

ーーなるほど。他に何かありますか?

ひかり:うーん。なんですかね。

ーー2020年のことで言えば、新年のNPP2020でZeppに立ちましたね。

ひかり:そうですね。新年から幸先が良かったんですよね。じゃんけんに勝ち、Zeppのステージに立てて・・・。このステージの始まりの曲が「だいだらぼっち」だったのですが、みさとが曲中に、「いつかZeppに立つことが夢です! 見ててください」と言っていたのが、すごく良いと思いましたね。じゃんけんで勝ってあの場に立てた訳ですけど、今年はこの運の良さをもっと活かして、いつか絶対にあのステージに戻りたい気持ちはありますね。

ーー先ほど仰った通り、行きやすい環境作りは必要だと思いますが、あとは何が必要だと考えていますか?

ひかり:なんだろうな・・・。一体感ですかね。 ライブ中の一体感って、来た人にとって「楽しかった」と思える要素だと思うんですよね。私たちのライブでもそれを感じて帰ってもらいたいですね。そのためには、お客さんと私たちもそうなんですけど、まず私たち3人も一体感がないとダメですよね。具体的に言うとライブ中にメンバー同士がアイコンタクトを取るとかですね。今の私たちは全くそれがないので。ダンス、歌だけじゃない、心と心で繋がるパフォーマンスができるようになりたいですね。

ーー全員が共鳴しているような。

ひかり:そうそう。そこも今後は課題かもしれないですね。それは関係者を含めた色んな方にも言われているんです。「ゑんらは熱いものがもうちょっとあったら良いかも」と。

ーーなるほど。個人的な意見になりますが、ゑんらには、”圧倒的な存在”になって欲しいという願いがあります。もちろん今尚パフォーマンスが悪いとは思わないです。ただ、要素的には、もうワンランク、ツーランクいけるポテンシャルを持っているから、パフォーマンスをとにかく磨いて欲しいと思っています。どんなイベントでもお客さんを魅了するくらいになって欲しい。そのためには、先ほどひかりさんが仰った通り、3人の心が繋がっていることもそうですね。もっと上を目指せると思いますし、『ゑんらはゑんら』という概念になり得ると思います。

ひかり:なるほど。確かに、”ゑんら”という一つのジャンルを作りたいかもしれないです。

ーー本当に1ステージ毎、”作品”のようになってもらいたいです。それができたら本当に強いグループになると思います。

ひかり:そうなんですね。参考にして頑張ります。

ーーきっと淘汰されていく世の中で、良い物は必ずずっと残ると思っています。それがあれば、今後もずっとやっていけると思うんです。だからゑんらにはそうなって欲しいと思います。自分たちがやりたい、楽しいと思えることをやってかつパフォーマンスも絶対的に素晴らしい物になったら、絶対に上にあがると思います。

ひかり:確かに。つまりは勝ち確ですね。分かりました。

入り口はこのようなところから広げられるのだなと感心したんです

ーーゑんらとしての3年目で、何かやりたいことはありますか?

ひかり:ずっと言っているのですが、ミュージカルです。ミュージカルをずっとやりたいと思っているんですよね。歌が好きだから。『ゑんら絵巻』をミュージカルっぽくすることも考えたんですけど、絵巻に関しては、和の要素が強いので、あまりマッチしないと思っています。でも一回ゑんらの歌で、ゑんら自身でミュージカルをやってみたい気持ちはあります。本当に願望ですけどね。

ーー新しい試みですよね。アイドルはなかなかやってないですよね。

ひかり:ゑんら絵巻に関しても、セルフプロデュースのグループが急に立ち上げて、少しずつ印象付いてきているので、もしかしたらミュージカルもできるかもという可能性をちょっとずつ抱いてきています。私は、やっぱりセリフよりも、言葉を歌に乗せたいんですよね。思っていることは歌で伝えたくて。そもそもあまり音なしで言葉を伝えることが得意じゃないから。Twitterのツイートの内容は、歌を聴いている時に思って書くし、ブログも曲を聴きながら、このようなニュアンスで書こうみたいに考えています。曲聴きながらの方が、ぱって閃くんです。

ーーその話、面白いですね。

ひかり:そうですかね。あとは、未来のある話ではないけど、イベント行事を大事にしたいですね。年始だったら餅つき、2月だったら節分とかのイベントをやりたいですね。それだけでなく、5月だったらこどもの日で、男性1,000円入場でライブ、3月はひな祭りなので女性割引などできると思うんですよ。一年のイベント毎に、このような特別なことがあると頑張れるじゃないですか。私は、個人的に楽しいことだと思うから。やりたいと思いますね。

ーーこれは手軽にできそうですね。

ひかり:できると思うんですけど、ただ現状は、年始とクリスマスしかできてないんですよね。

ーーそうですね。確かに昨年に関して言えば、クリスマスは開催してないですもんね。

ひかり:そう、やってないんです。去年はハロウィンと、餅つきだけですね。今年は、大事にしたいと思いますね。このようなことでも、ファンの方のモチベーションって上がると思うんです。ワクワクして楽しいと思います。またライブとは違い、新たな違うゑんらを見ることができるので、逆に来やすいんですよね。だからぜひこのようなイベントをしていきたいです。今年の餅つきのイベントですが、実は、全然知らない人が来たんですよ。初めましての人だったんです。実は入り口はこのようなところから広げられるのだなと感心したんですよ。イベント毎の行事は、本当に良いなと思ったんです。

ーーひかりさんは、今は全体的に楽しいことをやりたいんですね。

ひかり:そうですね。将来の不安抱えたまま過ごすこと、それも大事なことだと思うんですけど、あまりにそれを抱えすぎると、何もかもできなくなっちゃうんです。今を生きれなくなるというか。

ーーこの1年くらいで変わりましたね。

ひかり:本当、変わったと思いますね。私、去年の夏くらいに、考えすぎはダメなんだなと気付いたんです。将来のことを考えすぎて、タイムリミットがあると思い込んでいたんですけど、それをずっと考えていると、物事が楽しめないんですよ。

ーーそうですよね。追われる人生になっちゃいますからね。

ひかり:本当、そうなんです。だから今後も楽しいことを追求していきたいと考えているんです。

どこか違うところを見せていかないと、面白みがないから、ギャップを作っていきたい

ーー良いことだと思います! 今までのお話をまとめると、今のゑんらのイメージにギャップを作りたいという訳ですね。

ひかり:そう、そうなんです。もちろん、この世界観ままでも良いのですが、どこか違うところを見せていかないと、面白みがないんですよね。人は、良い意味で、期待を裏切られること好きじゃないですか。ギャップとか。だからやっぱりイメージ通りのグループなのかと思われるより、「こんなのもあったんだ」 「こういうイベントもしているんだ」とか「こんなに明るい子達なんだ」と今年は特に思われたいです。

ーーなるほど。滝口ひかりメンヘラじゃなくなる説。

ひかり:でもね〜元々、メンヘラじゃないと思うんですよね。

ーー自分が知っている限り、多分メンヘラじゃないですよ(笑)。

ひかり:うん。でも多分みんなが求めるんですよね(笑)。結局みんな、メンヘラ好きなんですよ。闇の部分ですね。だからそのバランスが難しいです。

ーー演じているんですか(笑)。

ひかり:でもみんなにも言っていますよ。「みんなはメンヘラのひかりが好きだけど、私多分メンヘラじゃないから。ただみんな好きだろうからバランスを整えてやっていくね」って。だから大丈夫です。うまく闇の部分と明るい部分のバランスを見て、使い分けていきたいです。

ーーなるほど。最後になりますが、1周年記念ワンマンで、「あなたにとってゑんらとは?」という映像が流れ、ひかりさんは「私にとっての青春。今が一番頑張っていると思う」と答えていますが、何か変わりましたか?

ひかり:間違いなく今が一番頑張っている時期だと思います。あとは、高校野球みたいだと思います。

ーーやっぱり青春なんですね。

ひかり:やっぱり青春ですね。ここに全てをかけています。

【Music Video】
■【ゑんら】アンバランス MV
https://youtu.be/ZGgHWwSdiEM

【Profile】
2018年に結成された女性アイドルグループ。
元dropの滝口ひかりと木乃伊みさと、元KAGUYAのメンバーでソロアイドルとしても活動していた、滝口ひかりの妹、滝口きららの3人でセルフプロデュースによるアイドルユニット。
ユニット名は煙の妖怪である「煙々羅(えんら)」に由来し、煙の様に変幻自在で枠に囚われないアイドルになる様にとの思いが込められている。
2018年は結成約半年で、「TIF」「@JAM」「アイドル横丁」など数多くの大型アイドルフェスに出演。
2019年3月2日には1周年を記念したワンマンライブをWWW Xにて開催。
2019年4月24日に初全国流通盤のリリースが決定した。
2020年2月24日にゑんら2周年記念ライブを開催。
2020年3月29日に12ヶ月連続定期公演を開催予定。

【Official Site】

■オフィシャルサイト
https://wyenra.jp/

■オフィシャルTwitter
@wyenra

■滝口ひかり Twitter
@wyenra_hikari