全力少女R:【振り返りライブレポート】「百鬼夜行祭」全力少女R ステージ『この7人の力量の高さで会場のボルテージを大きく上げた、言葉通り”全心全力”のパフォーマンス』

全力少女R:【振り返りライブレポート】「百鬼夜行祭」全力少女R ステージ『この7人の力量の高さで会場のボルテージを大きく上げた、言葉通り”全心全力”のパフォーマンス』

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組アイドルグループ「ゑんら」が以前より自身に課していたミッション「10,000枚チャレンジ」を成功させたことで、対バンライブイベントシリーズ「百鬼夜行祭」の実施を発表した。その第一弾が9/16の渋谷gladにて開催。出演グループはゑんら以外に「BLACKNAZARENE」 「全力少女R」だった。2部ではゑんら / 全力少女Rによるライブステージとなった。今回は「全力少女R」のステージをライブレポートにてお伝えしたい。

全力少女Rは「全心全力体当たり!」がコンセプトの百川晴香、廣川かのん、舞花、岡崎絵理菜、佐藤絵里香、江室里香、成瀬未夏の7人組アイドルグループである。激しいダンスと勢いのあるパフォーマンスが特徴で、コンセプト通り、全心全力でのアクトが人気を博している。

大盛況のゑんら「百鬼夜行祭」も2部を迎えた。2部は18:30〜スタートし、「全力少女R」を迎えてのイベントとなった。全力少女Rのステージの前には多くの人が詰めかけ、そのステージに期待を寄せていた。そして開演されるとまずは全力少女Rのステージからだった。

OPSEが鳴り響き、7人の威勢の良い掛け声がステージ袖から聞こえた。「全力で盛り上がっていきましょう!」とアナウンスされると、観客からは大きなコールが響き渡った。そしてメンバーが登場。早速楽曲を披露することに。

1曲目は「プレゼンター」を披露。ポップで勢いのあるメロディーに合わせて、勢いのあるパフォーマンスを魅せていく。大きく手を振り、ステップ、ターンなど躍動的なダンスを魅せていった。岡崎絵理菜と百川晴香が前に出て、手を左右に振るなど力強いアクトを行う。サビでは7人がV字のフォーメーションを形成し、ステップをしながらリズムを刻んでいく。それに呼応するように観客はコール、声援で後押ししていった。時にフォーメーションを変えながら流動的に、パワフルにパフォーマンスしていった。メンバーの個人を見ていてもその全力さはこちらにも伝わってくる。それくらいキレがある激しいダンスを魅せていた。”パワフルさ”を強調するために腕を上げて見せ、”熱血”を見せるように表情を使いながらアクトしていった。その後は複数人に分かれる変動的なパフォーマンスを魅せて、ステージを上手に使い、元気よく活気のあるパフォーマンスを魅せていった。この曲の歌詞にあるように<進め> <全力>という推進力がある様をこの7人のパフォーマンスを通して表現。正にこの元気を我々に”プレゼント”してくれているようだった。間奏では拳を勢いよく振っていく。そしてラストでは滑らかなステップを魅せつつもその全力さが大きく伝わるパフォーマンスをしていた。1曲目から凄まじい盛り上がりを見せていた。

2曲目は「Versus X」を投下。スタートでは横一列から手を勢いよく上に上げていき、3つの列を形成させ、段差をつけていく。後ろ向きになりながら手を大きく振ったり、指で拳銃に見立て発砲したりと印象的なフリを見せていった。そして勢いをつけるように肩を振っていく。サビではパワフルに大きく指を上にあげ、会場を熱くさせていく。そして<Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh>というパートでは観客が声を出しながら、一緒に左右に拳を振っていった。どんどん会場の熱が上がっていく。その後も可憐なターンや体全体を使ったダンスを魅せて一気に観客を魅了していく。終盤では観客へクラップを要求。ファンもしっかりと応え、声を出しつつ大きくクラップをして大きな盛り上がりを見せた。それだけでなく会場が一つになっていく感覚があった。最後まで7人が全身全霊のアクトを魅せて高まっていった。最後は7人が拳を振り上げて終了した。

3曲目はなんとゑんらの楽曲「リンネ転生」をカバーすることに。メンバーは百川晴香、廣川かのん、岡崎絵理菜の3人。実はこの「リンネ転生」は以前にも全力少女Rがカバーをしたことがある。更に面白いことにこの「リンネ転生」をカバーすることを決めたのは、全力少女Rが会場入りしてからだったのだ。
観客は2曲を終え、ステージで3人だけになると期待の声が上がった。ゑんらの楽曲をカバーすることを発表すると観客から大きな歓声が起こった。百川晴香、廣川かのん、岡崎絵理菜は「リンネ転生」を見事にアクトしていく。そして存分に楽しむように会場から大きなコール、クラップが巻き起こった。以前カバーしたのは数ヶ月前の出来事だったが、見事にアクトして見せた。リハーサルから開演までの時間、この3人は「リンネ転生」の動画を何回を見て復習し直していた。そんな短時間で仕上げ、本番で見事にパフォーマンスしてしまうのだから、その能力の高さは凄まじい。このサプライズに観客は沸き上がり、会場は大きな盛り上がりを見せていた。全力少女Rのファンも、ゑんらのファンも非常に楽しそうな様子が見られた。

そしてカバーを終えた後は再度7人で披露することになった。全力少女Rのステージ4曲目は「チャンスの神様」。7人の綺麗なユニゾンから始まるこの楽曲は、全員が心を込めて歌唱していく。随時、体の向きを変えながら観客に向かって指を指して、一緒に盛り上がりを実感していく。ジャンプや手を大きく振り上げる勢いがあるパフォーマンスをしつつもメンバーは可憐でキュートな表情を見せる。そんな様子に見惚れてしまった。その魅力がこの楽曲とパフォーマンスには詰まっている。サビでは手を前へ前へと差し出した。観客もしっかりとフリコピをして高まっていく。終始、泳ぐようにゆっくりと滑らかなダンスを見せていく。メンバー同士がアイコンタクトを取る様子も見られ、チームワークの良さも垣間見えており、どこか暖かい雰囲気が会場を包んだ。終盤では親指、人差し指、小指を上げた手をメンバー、観客と共に振って、一体感を高めつつ、大きく盛り上がっていった。最後までキュートなメンバー、ヒートアップする会場、楽しそうに見守るファン。全てが素晴らしい環境となっていた。

5曲目は「ガンバレイ」をアクト。7人が横一列になり、胸を叩いて、強く強く歌い上げていく。1人の歌唱に対して6人が座り、個性を際立たせていった。全員でもターン、上下左右に手を振って、全力な様子を存分に魅せていた。7人のシンクロ率の高いパフォーマンスは圧巻の一言。サビでは拳を振り上げていく。ファンも一緒に振り上げて絆の強さを改めて確認。これによりどんどん熱量は上がっていく。間奏では後ろを向いたり、両手を回したりとまだまだエネルギッシュなパフォーマンスを魅せていく。百川晴香、岡崎絵理菜の2人が力強く歌いながら拳を突き合わせ、その後、廣川かのんもパワフルに歌い上げていた。この7人が醸し出すエネルギーは見ていて元気をもらえるし、非常に気持ちが良いものでもあった。さすが”全力少女”といったところだ。

全力少女Rのステージもラスト1曲となった。最後は更なる飛躍を遂げる為に作られた楽曲「全力少女!!!!!!!!2」を披露。スタートで円になり肩を組んで気合いを入れ始めた。ラップ調の軽快な歌唱に合わせて気持ちよくアクトしていく。盛り上がりを更に高める為に7人はどんどん煽っていった。そんな煽りに負けじと観客は大きくコールで対抗していく。
体感温度が上がるほど熱い盛り上がりを見せていた。曲の途中では全力少女Rの教訓をメンバーが読み上げていく。終盤でも体を大きく揺らす激しいパフォーマンスを披露していった。最後の最後まで全力少女Rの7人はエネルギー漲るアクトを魅せるし、観客もフリコピ、コールを飛ばし、熱を生み出していた。そして盛り上がりが最高潮になったところで全力少女Rのステージは終了した。

7人の全力を見せつけられた30分間だった。激しいダンスとポテンシャルの高さ、盛り上がり、熱量・・・。全てが素晴らしいものだった。コンセプトの「全心全力体当たり!」を体現しているようなパフォーマンスで、観客全員を魅了していた。今後もこの7人には全力を貫いてもらいたい。全力少女Rもまた「百鬼夜行祭」を大きく盛り上げていた。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:菊島明梨(@voulpiw)

【セットリスト】

1.プレゼンター
2.Versus X
3.リンネ転生(ゑんらカバー)
4.チャンスの神様
5.ガンバレイ
6.全力少女!!!!!!!!2