まねきケチャ:【詳細ライブレポート】2019年、初ワンマンライブ!「TDCでまねきケチャ2019!」〜2019年の最高のスタート、多幸感のある”福”をもたらした大熱狂のライブ〜

まねきケチャ:【詳細ライブレポート】2019年、初ワンマンライブ!「TDCでまねきケチャ2019!」〜2019年の最高のスタート、多幸感のある”福”をもたらした大熱狂のライブ〜

2018年9月に念願だった、日本武道館公演を成功させ、アイドル業界においても確固たる地位を築きつつある、「まねきケチャ」。昨年12月の東名阪ツアーでは、新メンバー・篠原葵が加入。新体制となり、その東名阪ツアーでも大成功を収め、グループの勢いは更に加速、2019年も活躍が期待される。そんなまねきケチャは1月5日に新年初のワンマンライブ「TDCでまねきケチャ2019!」をTOKYO DOME CITY HALLにて開催した。会場は、アリーナはもちろんの事、2階、3階席も満杯となり、大盛況のライブを見せた。今回はそんな新年から大熱狂を見せた、まねきケチャのワンマンライブの様子をお伝えする。

TDCホールでは開演を前に多くの観客が集まり、まねきケチャのステージを期待していた。そして開演時間になると会場が暗転。いよいよまねきケチャの新年一発目のワンマンライブが始まる。

メンバーの登場に先駆けて、オープニングムービーが流れた。まず映し出されたのは赤文字のデジタル時計で、2015.08.08と示されていた。これはまねきケチャのデビュー日である。そこから時計は進み、2019.01.05と、この日の日付が表示された。その後、アニメーションでのムービーが流れ、正月にまつわるアニメーションから、メンバーの名前、写真と共に映し出された。この時から、既に観客の大きな歓声が会場に響いていた。

そしてメンバー5人が登場。この日の衣装は半分が着物で、半分が黒のワンピースと奇抜でありながらもクールな衣装だった。

早速、1曲目「告白のススメ」を披露。5人がステージ中心に集まり、楽曲がスタート。ゆったりとした歌い出しから一気にエンジンがかかる。観客から大きなコールがされた。ステージの下手、上手を移動したり、大きくステップしたりと躍動感溢れるダンスを魅せていく。そしてサビでは疾走感溢れるサウンドに合わせて5人の力強い歌声のハーモニーが会場に響き渡っていった。時にリズミカルに、時にパワフルに歌い上げていく。また曲中にメンバーが全員セリフを言っていった。
松下玲緒菜が「こんなこと言うの君だけなんだから。」→篠原葵が「あの〜、好きになってもいいですか?」→深瀬美桜が「好きなの?嫌いなの?ハッキリして!」→宮内凛が「私のこと、推してくれなきゃやだ!」→中川美優が「ねぇ、地の底まで一緒に堕ちない?」
このセリフにはファンも大きな歓声を飛ばしていた。このライブ、スタートから凄まじく勢いがあった。

2曲目に披露したのは「ありよりのあり」。スタートから5人は観客を煽っていった。そしてここでバックダンサーが登場し、まねきケチャのパフォーマンスをアシストしていった。メンバー全員のノビのある、美しい歌声が会場に響き渡り、サビでは、手を左右に振り、ファンも一緒になってサイリウムを振っていた。「オイ!オイ!」と叫んだり、「〜ありよりのなし」→「ブー」と手でバッドポーズをしたりして、メンバー共に歌っていった。深瀬美桜は曲中、「思いきりジャンプ!」と叫び、合わせてジャンプをしていた。この様子にメンバーに笑顔が見られ、楽しさの満ち溢れたライブになることが確信できた。最後まで「オイオイオイオイ!」と大きく声を出し、この曲を終えた。

2曲を終えるとMCとなった。改めて挨拶と、メンバーそれぞれ自己紹介を行った。
それぞれの自己紹介のキャッチフレーズでは、ファンも一緒に言い、自己紹介を終えると、一部の観客からは「絶対結婚しようなー!」と叫ばれた。また篠原葵は昨年12月の東京でのライブから自己紹介のキャッチフレーズが決まり、メンバー、ファンが全力で叫んでいた。MCの最後では宮内が「まだ初っ端ということで、せっかくTDCホールでライブができるということで、みなさんの声を聞かせて欲しいなと思うんですけど、皆さん盛り上がっていける準備できていますかー?」と観客に聞くと大きな声援が。そして各エリアでメンバーが声援を求めると、それに応えるように大きな声が聞こえた。宮内「このまま会場を揺らすくらいの勢いで盛り上がっていけたらなと思います。」と話し、ライブに戻った。

ここから連続で楽曲を披露していった。

まねきケチャのライブ定番曲「冗談じゃないね」では、大きなコール、クラップと観客が一緒に歌い上げ、大きな盛り上がりを見せた。ノリノリでパフォーマンスする様子と楽しそうなメンバーの表情が特に印象的だった。観客も本当に楽しそうに踊り、声援を送っていた。

4曲目の「ジャンプ」は、昨年9月の日本武道館公演で深瀬美桜がソロで披露した楽曲で、タイトルの”ジャンプ”通り、メンバー、ファンが何度もジャンプし、会場を熱くさせていった。曲中では深瀬が転回(バク転の前Ver.)というアクロバティックなパフォーマンスを見せ、大きな歓声が沸いた。

5曲目の「いつかどこかで」は3/20にリリースされる新曲だ。手をパタパタと動かしながらゆっくりとリズム刻んでいくのが非常にキュート。それだけでなく、優しく歌ったり、力強く歌ったりと強弱をつけた歌唱が非常に気持ちが良い。ファンも変わらず熱い声援を送っていた。

3曲を披露すると、再びMCとなった。篠原は「いつかどこかで」が「おこしやす、ちとせちゃん」のテーマソングになっていることを話した。この話は篠原葵が一生懸命話し、そんな様子をメンバーは優しく見守っていた。その様子はなんとも温かい雰囲気と感じた。その後、衣装を見せるため、一人一人メンバーがステージ中央に立ち、一周してポーズを決めることになった。まずはまねきケチャのオシャレ番長と篠原から紹介があった、中川美優から。ゆっくりと回転し、衣装をファンにアピールしていた。柄が可愛くて好きとも話していた。そして次は中川美優から、「最近、女っぽくなってきた、凛ちゃん」と宮内凛が紹介され、ポーズを決めることに。回転して得意のダンスである体のウェーブを見せた。そして次は「産まれながらのアイドル?天性のアイドル、誰かな?」と話すと、松下玲緒菜が自らステージ中央に移動した。そんな紹介の通り天性のアイドルらしく、ターンをして観客に投げキッスをしていた。衣装の靴が手作りで可愛いとお気に入りポイントを付け加えていた。次は松下から「新メンバーも増えて、1年前までは恥ずかしがってたけど最近先輩面している人がいるみたいで・・・。」と話すと会場から笑いが起こった。みんなから「そんな人いたなー?」と言われると、深瀬美桜が「私かな?」と言ってステージ中央に移動し、ターンをした後、頭に指で角を生やしていた。「可愛い?」と聞くと、メンバー、観客から「可愛い!」と声が上がった。最後は深瀬から「まねきケチャの現役JK、優等生の葵ちゃんです!」と紹介があった。回転し、ピースをしていた。その姿はなんともフレッシュだった。中川から「(衣装の)どこがお気に入りですか?」と聞かれると、「着物部分が明るい色で可愛なって思います。」と回答していた。衣装紹介を終えると、ライブに戻った。

6曲目は「キミに届け」。スタートから観客を煽っていき、疾走感のあるサウンドに合わせて一人一人が綺麗な歌声を届けていった。ステージ上を駆け回ったり、間奏でジャンプしたりと、楽曲の爽やかさにマッチしたダンスを魅せていった。

7曲目は「漫画みたいに恋したい」。日本武道館公演で「松下玲緒菜」がソロで披露した楽曲で、全員で行うことに。松下玲緒菜をメンバーが囲い、天性のアイドルらしい歌声からスタートする当楽曲は、松下が感情を込めてセリフを言い上げていき、そのラブリーさを見て、ドキドキしてしまった。またこの楽曲の大きな特徴は、両手親指を立て下に向けることでハート型を作り、それを上で振っていくフリである。メンバー、ファン共に一緒にこのフリを行い、更に一体感が高まった。

8曲目「Guess!!」は同様に宮内凛が日本武道館でソロで行った楽曲である。ダンスを得意としている、宮内らしい激しいダンスナンバーだ。EDM調のメロディーに合わせてキレのある力の入ったダンスを披露。そんな素晴らしいダンスは圧巻だった。そして艶やかな表情もパフォーマンスにマッチしていた。ファンもこのダンスナンバーで、フリコピをして盛り上がっていった。

そしてその次の楽曲では、3/20のリリースされる新曲のカップリング「ワンチャンス」を披露。その前に松下玲緒菜がフリコピ、一緒に歌うポイントについて指南があった。
フリではピースからパーに手を変え、上で降り、膝を上げる。歌に関しては「ワンチャンス」と歌った後に「ワンチャン!」と2フレーズに渡り合いの手を入れる。しっかりと事前い練習した後、「ワンチャンス」を披露した。

イントロから早速、指導されたフリ、合いの手を観客が行い、盛り上がりを魅せていた。この曲は同窓会で久々にあって”ワンチャン”あるかもしれないと期待を抱くのがテーマであるが、そんなドキドキ感をダンス、歌でしっかりと表現していた。そして1回目にも関わらず、ファンもしっかりと対応し、このフリで更に団結していた。今後のライブでも定番曲になりそうなので、ぜひ覚えて頂きたい。

その後、サイリウムを刀に見立て、一緒になってサイリウムを振って大きく盛り上がった「一刀両断」。篠原葵もこの楽曲に初参加した。最後はメンバーがサイリウムを刀にして斬り、観客はそれを喰らったように「あぁ〜」と声を出し終了した。
そして篠原が一旦、ステージを離れ、4人で披露した「あたしの残り全部あげる」。相手に強い想いを寄せることがテーマのこの楽曲では、その感情を表現するように恍惚な表情と個人でも全体でも美しい歌声が会場に響き渡った。そんな素晴らしいパフォーマンスを後押しするように、コール、観客は声援、コールを送っていた。

この楽曲を終えると3度目のMCとなった。ここで、毎月、開催されている「まねきケチャ強化計画」というトークイベントでMCを行っている石橋哲也が登場。企画のコーナーとなった。新年1発目のワンマンライブということで「今年の抱負」を書き初めし、発表した。

簡単に書き初めの内容と理由をあげていくと、

宮内凛 「晴」
理由:成人になり、今年、成人式に行くから「晴れ」の日ということと、この日に大きな舞台でライブをやれるという「晴れ」の舞台であるということを掛けて「晴」という文字にした。また漢字に宮内のメンバーカラー「青」という文字も入っている。

このうまく掛け合わせた内容に、全員から「うまい!」と言われていた。

篠原葵 「垢抜ける」
理由:ずっと前から垢抜けたいと思っていた。まねきケチャに入って、先輩が全員大人だなと思い、更に垢抜けたいなと思ったため。

ここで約1年前に加入した先輩、深瀬美桜が「どうやったら垢抜けるか」の秘訣を教えた。
深瀬は「(動画とか写真とかで)可愛い子を見る。またまねきケチャのメンバーも可愛いので、それに負けないよう頑張る」と加入時に思ったことをアドバイスとして送った。

深瀬美桜 「チャレンジ」
理由:2019年は自分ができることを増やそうと思っている。色んなことに挑戦しようと考えたため。

石橋哲也から「どんなことを挑戦したい?」と聞かれると、深瀬は「スカイダイビング。パフォーマンスに関係することももちろんだけど、今はスカイダイビングをしたいと思っています。前に企画でバンジージャンプをしたことがあって、次はスカイダイビングかなと思っています。空飛んだら自分、強くなれそうかなって思って。」と話した。

松下玲緒菜 「かまない」
理由:MCとかで噛んじゃったりとか間違えちゃったりとかするため、噛まないようにしたいなと思っているため。

石橋より「どんなところが言いにくいとかある?」と聞かれると「まねきケチャ」と答えた。特にカ行が続く「きケ」が言い難いと話す。ここで「まねきケチャの松下玲緒菜です!」と叫んで苦手意識を無くすことに。叫んでみると、石橋より「「き」に行く前の「ね」くらいが怪しかった」と突っ込まれ、笑いが起こった。

中川美優 「記憶」
理由:お酒で記憶を飛ばすことが多かったので、2019年は記憶を飛ばさないように程良く飲もうとしたい。

石橋より「それTDCでする話?」と突っ込まれていた。また「お酒をやめる方向にはいかないんですか?」と聞かれると中川から「それは無理だから。そういうことで記憶と書きました」と回答した。また中川の書の字が焼酎のラベルにありそうだと石橋は言い、「売り出せば?」と聞くと、中川は「ヲタクの人作って。」と話していた。

こうして企画コーナーは終了した。

スピード感溢れるサウンドに、タオルを使い、振り回した「SPLASH」、クセになる歌とダンスで楽しさを更に共有した「カクカクシカジカ」、”昨日のあたしに負けないくらい好きになって欲しい”というメッセージを4人のハーモニーで強く表現した、「昨日のあたしに負けたくないの」、スタート前にステージ端に移動すると既に大きな歓声が沸き、少しダークなダンスとサビで一気にエンジンがかかるサウンドが特徴の、盛り上がり必至の楽曲「モンスターとケチャ」と連続で披露した。ファンも熱いコール、クラップ、ダンスと大盛り上がりな様子で会場の気温が最初より確実に上がっていた。

次のMCでは、ライブも終盤になるということで、メンバー一人一人がコメントをしていった。

宮内凛「みなさん、改めまして本日はお忙しい中、足を運んで頂いてありがとうございます。2年連続、このTOKYO DOME CITY HALLという大きな素晴らしいステージに立てて、みなさんに晴れ姿を見せることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。今年になって、新体制になって色々、変化とかがあると思うんですけど、まねきケチャは変わらずこれからも、変化しつつ進んで進化していきたいのでみなさんこれからもまねきケチャの応援を宜しくお願いします。」

松下玲緒菜「本日は来て頂き、本当にありがとうございます。去年は、夢であった武道館公演をできたりとか、グループのメンバーが変わったりとか変わったことがあって、目まぐるしい日々だったんですけど、今年はまた新体制になって、5人でまた新しい夢をどんどん叶えていきたいと思います。今日は良いスタートになったと思います。皆さんついてきてください。宜しくお願いします。」

深瀬美桜「改めまして今日はまねきケチャのTDC公演に来て頂き、誠にありがとうございます。皆さんのおかげで良い2019年のスタートが切れました。1年前、ここ、同じTDCで、加入してからすぐ大きいワンマンライブをやらせて頂いたんですけど、そこから1年が経ったと思うとすごくあっという間で昨年の一年間もすごく充実して、まねきケチャで沢山経験させて頂いた1年でした。まねきケチャという居場所に本当に感謝しています。いつも支えてくれるみ皆さん、本当にありがとうございます。これから、葵ちゃんも加入してくれて、新しいまねきケチャとしてまだどんどん上を目指して頑張っていくので、2019年も応援宜しくお願いします。」

篠原葵「TDCの、こういう大きいステージで踊るのはすごい緊張するんですけど、もっと自信を持って歌って踊れるように沢山練習しようと思います。本日は来て頂いてありがとうございます。2019年も頑張るので宜しくお願いします。」

中川美優「今日はお忙しい中、来てくれてありがとうございます。去年のこの日くらいにもやったんですけど、なんか去年よりガラガラだったら嫌だなって思ってたんですけど、いっぱい入って安心しました。去年よりダメだったねとか言われないように残りあと少し頑張ります。今日は来てくれてありがとうございました。」

一人一人、この日の御礼と2019年の意気込みを語り、会場から大きな拍手が巻き起こった。

そしてライブは終盤へ。
16曲目は「ありきたりな言葉で」。メンバーは一人一人が丁寧に歌いあげていき、5人では美しいハーモニーを奏でていった。ファンもここまで一切熱量、勢いが落ちず、大きなコールをファンを飛ばしていく。サビの終わりでの「愛してる」では観客が「オレモー!」、「誰よりもー!」と大きく叫んでいた。終盤では松下玲緒菜と深瀬美桜の二人が、パワフルな歌声の掛け合いで、会場に大きく響いた。ラストはジャンプでこの曲を締めた。

17曲目は日本武道館公演で中川美優とまねきケチャを卒業した藤川千愛がデュエットで披露した「虹を探しに」を披露。爽やかな楽曲に合わせた綺麗なステップ、ターンなどは楽曲にマッチ。そしてピースフルな雰囲気が非常に心地良かった。

本編最後は、まねきケチャの代表曲で、今後も色褪せることのない名曲「きみわずらい」を披露した。操り人形を模したフリや、横一列になって移動するなど、この名曲を5人で美しいダンスを交えながら披露していく。観客も合いの手、コール、歓声を大きく行っていった。終盤では会場に雪が降り、美しい風景が広がっていた。本編最後まで、観客も大熱狂。最後にメンバーが中央で全員くっついて抱きつき、本編を終えた。

すぐさまアンコールされ、メンバーが再登場。メンバーはグッズTシャツを着用。バックダンサーは箱推しTシャツを着ていた。写真撮影を終えた後、再度パフォーマンスを披露した。

アンコール1曲目はファンの間でも人気の高い「妄想桜」。曲名がコールされると大きな歓声が沸き起こった。アンコールでも熱量はかなり高く、大きくコールされていた。この5人で披露したのは初めてだったが、アクティブなダンスを魅せ、魅了。更に素晴らしい歌声のハーモニーを奏でた。松下玲緒菜がラップをリズミカルに披露。終盤では、この曲の歌詞の独自コールがされ、大きく盛り上がった。ボルテージは最高潮へ。

20曲目はこちらも素晴らしい歌声を披露した「相思い」。一人一人が綺麗に丁寧に歌い上げていった。まねきケチャの素晴らしいステージに心が引き込まれてしまった。

そしてTDCホール公演も最後の一曲となった。最後は再度「ワンチャンス」。全員でやるフリ、合いの手を復習し、ライブへ。2度目の披露では1回目よりも大きくフリ、合いの手を行い、最後まで一体感が強く見られた。終盤ではテープが会場に舞った。最初から最後まで素晴らしく、美しい光景だった。こうして新年最初のまねきケチャのワンマンライブは終了した。

2018年は飛躍の年だった、まねきケチャ。2019年、新体制となっても素晴らしいライブ、ポテンシャルの高さはこのライブでも証明された。2019年も更に躍進し、更に前に進んでいく。2019年、まねきケチャがもっと多くの人に”福”を届けるのは間違いないだろう。そんなこの5人が届ける”福”を今年もしっかりと受け止めよう。確かな幸福感を得られるはずだ。

(取材・文:セカイベ編集部 石山喜将、Photo by/ 高階裕幸 & 野田凌平>

【セットリスト】

1.告白のススメ
2.ありよりのあり
MC
3.冗談じゃないね
4.ジャンプ
5.いつかどこかで
MC
6.キミに届け
7.漫画みたいに恋したい
8.Guess!!
MC
9.ワンチャンス
10.一刀両断
11.あたしの残り全部あげる
MC
12.SPLASH
13.カクカクシカジカ
14.昨日のあたしに負けたくないの
15.モンスターとケチャ
MC
16.ありきたりな言葉で
17.虹を探しに
MC
18.きみわずらい
~アンコール~
19.妄想桜
20.相思い
21.ワンチャンス