天晴れ!原宿:【ライブレポート】@ JAM EXPO2019 ストロベリーステージ 『天晴れ!原宿が横浜アリーナのメインステージでも熱狂的空間を作りつつ幸せな歌を届けていた ぼくらの天晴れ!原宿はいつも幸せにしてくれる』

天晴れ!原宿:【ライブレポート】@ JAM EXPO2019 ストロベリーステージ 『天晴れ!原宿が横浜アリーナのメインステージでも熱狂的空間を作りつつ幸せな歌を届けていた ぼくらの天晴れ!原宿はいつも幸せにしてくれる』

アイドル業界において日本を代表する夏フェスイベントである『@JAM EXPO』が8/24、8/25の二日間、横浜アリーナにて開催。今年も豪華出演グループによって熱いステージが数々見られ、大盛況の様子だった。@JAM EXPOのステージでアイドルグループが躍動する姿が多く見られた。

そんな代表的なアイドルフェスに、「原宿」のように「天晴れ!」なKAWAIIカルチャーを創造し、世界に発信していくために
結成された、朝比奈れい、成実みく、藤宮めい、永堀ゆめ、七瀬れあ、工藤のか、藍井すずの7人組アイドルグループ「天晴れ!原宿」も出演。天晴れ!原宿は2日目の8/25に登場した。昨年「メインステージ争奪戦」で勝ち取ったメインステージに今年選ばれ、熱いパフォーマンスを展開した。今回はそんなメインステージに当たるストロベリーステージの様子をレポートにてお届けしたい。

天晴れ!原宿が@ JAM EXPOのメインステージと言えるストロベリーステージに2年連続で立った。昨年の2018年は『メインステージ争奪戦』で優勝し、メインステージに立ったが、今年はこのステージに抜擢された。これは天晴れ!原宿の今の勢いを象徴している。この前の週には主催イベント『エンドレスサマー』を開催し、大成功したばかりだ。

アイドルの夏フェスの代名詞とも言える@ JAM EXPOでも”夏の主役は天晴れ!だ”と言わんばかりに、会場を天晴れ!原宿ワールドに仕立て上げた。

錚々たるグループがストロベリーステージで熱いアクトする中、天晴れ!原宿の出番前になるとその熱狂的なステージを待ちわびるように、横浜アリーナのフロアでは賑わう声が所々で聞こえた。
スクリーンに「天晴れ!原宿」が紹介されると会場から更に大きな歓声が沸いた。天晴れ!原宿のお馴染みの「天晴れ!」と囁いくOPSEが会場に響き渡ると、観客から早速、コールが飛んだ。そしてファンは既にジャンプをしてビートを刻み、会場が更に熱くなっていく。

既に熱狂的な雰囲気が漂う中、7人のメンバーが登場。早速1曲目を披露することに。
1曲目に選ばれたのは「アッパライナ」。心に響くキラーチューンを天晴れ!原宿の7人が全身全霊の、力強いパフォーマンスで表現していく。心を込めてパワフルに歌唱し、天へ思いっきり拳を振り上げていった。7人は綺麗にフォーメーションを組みながら、躍動的なダンスを魅せていく。そしてサビでは<Upper, Light up! 天に踊れ!!>という歌詞に合わせ、7人がステージ左右を移動しながら拳を天へ翳す。観客は同様に手をあげながら、ビートを刻み、ジャンプ、コール・・・。この「アッパライナ」を存分に楽しんでいた。
横浜アリーナという大きな会場のメインステージでのパフォーマンスということもあり7人の気合いがこちらにも非常に伝わった。それくらいキレがあり、力強く活発なパフォーマンスを魅せていた。その後は自転したり、手を斜め・上下左右に振ったりとエネルギッシュなパフォーマンスを披露。<We have to raise first high once again>というパートでは7人が全員でヘドバンをし、観客も同様にヘドバンしていく。その直後、<このまま行けんだろ?> <まだまだやれんだろ?>と、盛り上がりの最高峰を目指していく。終始、メンバーはイキイキとした表情で力強くアクトしており、観客も声を出してジャンプし、スタートから高い熱量を発していた。それでもまだまだ天晴れ!原宿はこのステージで更に魅せていく。

2曲目は「アイネクライネ幼き恋だね」をドロップ。スタートで7人が全員でヘドバンを行う。激しいダンスの後は、縦一列になって手を振ったり、手を広げながら1人ずつセンターポジションに立って歌唱をしたりと楽しいパフォーマンスをアクトしていった。そして<ちゅちゅちゅ>というパートではキュートに歌い上げ、ステップを踏みながら会場を盛り立てていく。サビでは下から上へと手をあげていった後、両腕を振ったり、体を屈ませたりと体全体を使ったダンスを魅せていった。ファンもコール、ジャンプと天晴れ!原宿の7人のパフォーマンスに反応していった。7人が肩を掴み、列を作ってステージを駆け回るなどアクティブなパフォーマンス。その後は横浜アリーナのステージに設置された花道を駆けながらファンとコンタクトしていた。最後はフロアの中央で軽快にステップし、手を大きく振って楽しそうに踊り、歌っていた。観客もこの”天晴れ!原宿 ワールド”に入り込み、非常に楽しんでいる様子が見られた。最後までこの曲のキュートでありながらちょっぴりコミカルなパフォーマンスに見惚れていた。会場はどんどん高まっていく。

3曲目はキャッチーなフレーズが癖になる、人気の高いナンバー「パレリラパレリラ」。<ちゅーちゅーちゅー ちゅーちゅーちゅーちゅー>という可愛らしい歌唱から楽曲が始まる。成実みくからは「みんなの声聞かせてー!!」と煽りが入った。それに応えるように観客から大きく熱いコールをメンバーに届ける。そんなコールを受けたメンバーは心を躍らせているようにステップを刻んでいった。そしてサビでは<パレリラ パレリラ パレリラ パレリラ>と勢いよく歌いながらリズミカルに大きくステップし、手をくるくる回していった。そしてその場でゆっくりと旋回。ファンもそんなキャッチーで楽しくなる楽曲に合わせ、体を揺らし、天晴れ!原宿の音楽をひらすら楽しんでいく。一緒にジャンプして、メンバーとの気持ちを合致させる。そんな様子は見ていてひたすら楽しそうで、フロアが揺れていた。終始、気持ちの良いくらい華麗で、キレキレに踊り、会場をヒートアップさせる。その後はフロア中央からステージに戻り、7人は変わらずシンクロ率の高いパフォーマンスを魅せていた。天晴れ!原宿の盛り上がりはいつも凄まじく、楽しさを存分に感じさせてくれる。それが本当に楽しいし、心地がよい。

4曲目は9月にリリースするナンバー「あっパレサマーっ!!」を披露。タオル曲であるこのナンバーはスタートからタオルを持ちアクトしていく。ノリノリでステップしながら、更に勢いを付けていく。そして<行きますよ!>と声をかけ、サビへ突入。サビではメンバーもファンも全員が無我夢中にタオルを回していく。全員がタオルを回す光景は圧巻で、気持ちが一つになっていた。気持ちを解放するようにタオルを存分に回していき、天晴れ!原宿の世界がフロアに広がっていた。間奏ではタオルを使って綱引きの真似をフリをし、観客を更に楽しませていく。そしてその後のパートでは少ししっとりとし、工藤のか→七瀬れあ→成実みく→藍井すず→永堀ゆめ→朝比奈れい→藤宮めいと歌い継いでいった。その後のラスサビでは更にアクセルを踏むように<盛大に!>と歌い、再び全力でタオルを振って盛り上がっていった。その様子は横浜アリーナを圧倒的な熱狂空間にしていた。盛り上がりは最高潮へ。

4曲を連続で披露した後、MCとなった。ここで朝比奈れいからコメント。

朝比奈れい「私たちは去年、メインステージ争奪戦で1位を取ってこのステージに立つことができたんですけど、今年もまたこのステージに帰ってくることができました! ありがとうございます。これからも私たち、天晴れ!原宿が皆さんを幸せにすることを約束します」

これには大きな拍手と声援が送られた。

天晴れ!原宿の@ JAM EXPOメインステージの最後の曲は、先日の『エンドレスサマー』で初披露された新曲「ぼくらのうた」。コメントを残した朝比奈れいから歌唱が楽曲がスタート。7人の美しい歌声のハーモニーが横浜アリーナに響き渡った。綺麗なサウンドに合わせて7人が天晴れ!原宿の音楽をみんなに届けるように、そして全員を幸せにするように気持ちを込めて歌い上げていった。そんな思いを更に表現するため、手を上へと振り上げていく。そして時に流動的にフォーメーションを変えながらこの歌を届けていた。この前向きなナンバーは天晴れ!原宿のことを応援する人をいつも幸せにする。それはこの曲に限ったことではない。僕らの天晴れ!原宿の歌は、いつも楽しませ、気持ちをリフレッシュし、幸せにする。この楽曲を聴きながら改めてそう思わせてくれた。その気持ちは天晴れ!原宿のことが好きな人にとっての共通意識だろう。
間奏後のパートでは朝比奈れい以外のメンバーが手を繋ぎ、固まる。そして少し離れたところから朝比奈れいがそこに合流。そして改めてこの7人で「天晴れ!原宿」ということを表していた。最後まで気持ちが入った歌唱、ダンスを見せ、大勢いる観客の一人一人に歌を通して気持ちを伝える。そんな印象を受けた。最後まで天晴れ!原宿に魅了されながら、幸せな気持ちになりながら、大満足の天晴れ!原宿のステージは幕を閉じた。

今年も天晴れ!原宿の@JAM EXPOのメインステージは圧巻なものだった。それは天晴れ!原宿が持つ最高の音楽、最高のパフォーマンスによるもの。”夏の主役は天晴れ!原宿だった”。もう夏も終わりに近づいているが、そう思う人も多いことだろう。天晴れ!原宿の勢いは止まらない。この横浜アリーナで天晴れ!原宿がワンマンライブを行えることを心から願っている。その姿を見たい人はたくさんいるはずに違いない。この先も天晴れ!原宿には目が離せない。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:名和洋助(@yousuke7nawa)

【セットリスト】

OPSE
1.アッパライナ
2.アイネクライネ幼き恋だね
3.パレリラパレリラ
4.あっパレサマーっ!!
5.ぼくらのうた