【インタビュー】沖縄から元気いっぱいのアイドル「OBP」のインタビュー①

/【インタビュー】沖縄から元気いっぱいのアイドル「OBP」のインタビュー①

【インタビュー】沖縄から元気いっぱいのアイドル「OBP」のインタビュー①

ハイサーイ!!沖縄から元気いっぱいのアイドルOBPが登場!!沖縄ならではのお話や、世界進出のお話まで・・・!?!?今年の夏日本一に輝いた彼女たちの沢山の魅力をご覧ください!!

――それでは、最初に自己紹介を「沖縄の良いところ」と共にお願いします!

麻鈴 沖縄のいいところは、車で数分走らせただけでどこでも海が見えるところです!OBPの副リーダー麻鈴です。

――いいですよね!沖縄の海見たいなぁ・・・。

ココナ OBPダンスリーダーのココナです。沖縄のいいところは、山の空気がすごく澄んでいて、肺にスーッと入ってくるようなところです。

――ココナちゃんから既にマイナスイオンを感じます。

ココナ ありがとうございます(笑)。

りの もずく天ぷらがすごく美味しいです。柏木りのです。

――・・・もずく天ぷら??

りの かき揚げみたいな感じですごく美味しいんです!沖縄ではみんな手づかみで食べます。

――もずく天ぷらは沖縄のソウルフードか!!

あかり てびちが好きなあかりんこと福島あかりです。

――てびちってなんでしたっけ・・・。

あかり 豚足ですね!コラーゲンが豊富で本当に美味しいんです!

綾聖 沖縄のいいところは、人が温かいところ。みんな優しい雰囲気だったり、名前で呼び合うことによって距離が近くなったりという感じがいいと思います!あやせまること、綾聖です。

――南の人独特のフランクな感じっていいですよね。

れんれん ひらやーちーがすごく大好きな、10歳のれんれんです。

――ごめん、全く分からないので教えてください(笑)。

れんれん ひらやーちーは、沖縄版のチヂミみたいな感じです!

裕子 沖縄のいいところは、「いちゃりばちょーでー」って言って、会えばみんな兄弟っていうくらいに仲良くなるところです。OBPリーダーの裕子です。

――ありがとうございます。綾聖ちゃんが言っていた名前を呼べば距離が近くなるっていうのもそういうことなんでしょうね!

るーりー 沖縄は食べ物も場所もいいけど、スイーツの紅芋タルトが大好きなるーりーです。

――紅芋タルト美味しいよね!お土産で必ず買ってしまう(笑)。

――今日のメンバーの中で、実際に沖縄から来たのはどなたですか?

麻鈴 綾聖とれんれんとるーりーですね。

――今沖縄からくるとなると、東京寒くないですか?

るーりー 寒い!!沖縄と全然違う!!

綾聖 沖縄はまだ夏服ですもん。

――ええーー!!!!

るーりー 沖縄はまだ半袖です。

れんれん 半袖で学校行ってます。

――東京だと半袖ではインフルエンザになっちゃうよ!

一同 (笑)。

――すごいね・・・。海はもう入れないかな? 

麻鈴 まだぎりぎり大丈夫だと思います。

――沖縄はまだ夏の気候なんですね・・・!みんな東京来て寒さにびっくりですよね・・・。

れんれん はい(笑)。

――頑張った(笑)。OBPのOは沖縄なんだろうなって思うんですけど、BPはどういう意味なんですか?

麻鈴 OBPは元々2015年に結成されたんですけど、沖縄美少女プロジェクトの略でOBP。最初は、OBP沖縄美少女プロジェクトって名前でやっていたんですけど、今年の6月から東京でも活動するようになって。

――東京は最近なんですね!

麻鈴 まだ半年も経ってないんです。あかりとりのは沖縄出身じゃなくて、綾聖とさくら、ココネと華彩が沖縄研究生。あかりとりの東京研究生というグループです。

――今ここにいるのは8人だけど、研究生含めるともっと居るんですね。

麻鈴 そうですね。11月に第二期研究生で8人追加されたので、現在は20人ほどになっています。

――沢山いるんだ!!OBPの中でもグループ分けされていますよね。

麻鈴 正規メンバー、最初の研究生、第二期研究生という形になっていますね。

あかり 正規メンバーになれるように必死に頑張ってます!

裕子 今の正規メンバーである私たちは2015年の最初から正規メンバーだったので、私たちが研究生だったことはないんですよ。最初からなので。これからももっと進化させていこうということで研究生を入れたのですが、これからどのタイミングで正規メンバーになるか。

――OBPは沖縄から世界へというテーマが掲げられていますが、確かに沖縄って日本の中でもかなり特殊な文化を持っていますよね。今、皆さんの中で、海外に向けてやっている事とかってありますか?

麻鈴 OBPというグループはアイドルだけでやっているグループではなくて、もともと一人一人の目標、例えば女優さんであったりモデルだったり声優だったりを叶えるために、一人の力では沖縄からなかなか羽ばたけないから、「皆で集まってやっていこう!」と結成されたグループなんです。

――皆で応援しあうってことですね。

麻鈴 そうです。個人のお仕事として、先日ココナが・・・。

ココナ 「美少女戦士セーラームーン」のセーラーマーキュリー役としてパリ公演に行かさせて頂きました。

――かっこいい!!

裕子 行ったんですよ、本当にOBPの中から!!

――ちょっと!パリジェンヌな・・・!

ココナ そうなんです(笑)。舞台のお仕事でした。

――英語で?

ココナ 英語じゃなくて、普通と違って、ダンスとか歌で表現するスーパーライブという形式でした。ミュージカルみたいな。セリフは本当に少なくて、海外の方も理解できるような「かわいい」とかそういう言葉だけど、しっかりとストーリーが分かるような作品になっています。

――すごいですね、世界の最先端のパリでお仕事をOBPのメンバーがもうやってきているなんて!

裕子 本当に。今はココナが個人でお仕事で行きましたが、ここから皆で続きたいですね。結構アジアとか、例えば台湾は特にアイドル文化がすごいらしくて。だからグループで世界に出て、逆輸入じゃないですけど日本とか沖縄だけじゃなくて、ほかの国とかでも応援してもらえるようなグループになれたらなと思います。

☆第二弾へ続く!
Text&撮影 茉奈佳

【インタビュー】沖縄から元気いっぱいのアイドル「OBP」のインタビュー①
2018-12-27T16:27:45+09:002018年 12月 27日|Categories: グループ情報, ライブ・イベント情報|