【インタビュー】相谷麗菜(ex:ミライスカート/我儘ラキア)、Re:inA(レイナ)としてソロ活動をスタート。4曲入りEP配信『HLGRM』には、真っ直ぐで少し痛みも抱いた生々しい本心が、エレクトロでポップな表情を通しホログラムのよう多彩に映し出されていた。

【インタビュー】相谷麗菜(ex:ミライスカート/我儘ラキア)、Re:inA(レイナ)としてソロ活動をスタート。4曲入りEP配信『HLGRM』には、真っ直ぐで少し痛みも抱いた生々しい本心が、エレクトロでポップな表情を通しホログラムのよう多彩に映し出されていた。

相谷麗菜と言えば、エレクトロ/はんなりポップを掲げたミライスカートのメンバーとして、愛らしい表情を魅力にアイドル活動をスタート。そこから、パンキッシュなアイドルユニット我儘ラキアへと転身。愛らしさを残しながらも、激しく観客たちを煽るステージングを見せていたように、当時は、彼女の隠れた一面が浮きでた姿へ嬉しい衝撃を覚えていた。
じつはミライスカート/我儘ラキアとして活動をしていたときにも、相谷麗菜の心の中には一つの感情が渦巻いていた。それが、「自分で作詞/作曲をしながら、相谷麗菜自身を投影した音楽を発信したい」という想いだった。その気持ちを抑えきれなくなった彼女は、「相谷麗菜としてアーティスト活動を行うため」昨年12月に我儘ラキアを卒業。あれから、しばし沈黙の時間が流れていた。

突然の発表は、4月4日に相谷麗菜のtwitter(@aitani_reina)上で、衝撃的なヴィジュアル姿と共に発信された。それが、ソロプロジェクト[Re:inA](レイナ)としての活動と、4月24日(水)に4曲入りEP『HLGRM』(ホログラム)の配信リリースというニュースだった。
Re:inAが標榜した音楽は、エレクトロな要素を軸に据えたスタイリッシュでポップなスタイル。みずから作詞/作曲をし、ピアノの弾き語りやPCによる打ち込みの楽曲を、Re:inAが信頼を寄せるサウンドプロデューサー/DJたちへ想い描くイメージを伝えながら渡し、アレンジしてゆく流れで形作られている。
キラキラと輝きを放つ様々な音の素材をコラージュした楽曲は、どれも深みを持って胸に届いてきた。その音楽へ親しみを覚えるのも、楽曲の芯を成すメロディがつかみを持っているから。でも、触り心地は温かいのに心へグサッと言葉が突き刺さるのは、歌詞へRe:inA自身が痛い心の闇と強い渇望など本音の数々をオブラートに包むことなく散りばめているからだ。ここからは、Re:inAのインタヴューをお届したい。

「自分で作った楽曲を発信するアーティストとして活動をしたい」気持ちが膨らみだし、その感情を抑えきれなくなりました。

――なぜRe:inAとしてソロ活動を行おうと決めたのか、そのきっかけから教えてください。

Re:inA:小さい頃からわたしの中には、「歌いたい」気持ちと「自分で作詞/作曲をしたい」両方の想いがずっとありました。作詞自体は、小学生の頃からノートに書いてきましたが、それを外に出す場がなく、長年書き貯める状態が続いていました。
その後、わたしは「歌いたい」想いを形にするためアイドルとしてユニット活動を始めるわけですけど。もちろん、みんなと一緒に活動をしてゆくのも楽しいのですが、他の人たちと一緒の行動が伴う以上、みんなと歩幅を合わせなきゃいけない。わたしは、そういう面にことさら気を使ってしまう性格。それでも、アイドル活動へ充実感を覚えながら日々を過ごしてきたわけですけど。今年25歳を迎えることもあり、そろそろ「次のステップに進むべき時期じゃないか」「自分で作った楽曲を発信するアーティストとして活動をしたい」気持ちが膨らみだし、その感情を抑えきれなくなったことから、昨年12月を持って前のユニットから卒業することを決め、ソロアーティストとして活動しようと決めました。

――ユニット活動をしている頃から作詞や作曲はやっていたのでしょうか?

Re:inA:作詞は、ミライスカートのときにも一度楽曲にしたことはありました。作曲に関しては、今回配信リリースする『HLGRM』にも収録した『Blooom〜ver.H31』が初めてになります。『Blooom〜ver.H31』を作ったのが2018年に入ってすぐの頃。この楽曲は、前ユニット内のイベントのときに歌ったり、DJねこさん(相谷麗菜のDJ名)が曲を流していたように、以前から披露もしていました。

――その頃から、ソロ活動も視野に入れていたのでしょうか?

Re:inA:当時はソロ活動をというよりも、自分で楽曲を作っては外へ発信したい気持ちのほうが強かったと思います。ちなみに、『HLGRM』へ収録した他の3曲は、今年に入り、リリースすることを決めてから一気に作りました。

――作詞/作曲はRe:inAさんみずからが担当。アレンジは、どこまで手掛けているのでしょうか?

Re:inA:基本は、わたしがピアノで作曲した楽曲へ歌詞をつけ、それを弾き語りで録音した音源を、「こういうイメージの曲にしたい」とアレンジしてくださる方々に渡し、それを具現化していただいています。『HLGRM』に収録した4曲は、3人の方に編曲していただきました。どれも、自分の求めるイメージに近づけてくださったように、とても嬉しく思っています。

――作詞/作曲という形を通し自分を伝える手段を得たことは、今のRe:inAさんにどんな影響を及ぼしています?

Re:inA:小さい頃からの夢だった「歌いたい」という夢は、アイドル活動を通し叶えることが出来ました。もう一つ持っていた「作詞と作曲をしたい」という夢も、今回の活動を通して形に出来たのが嬉しいという気持ちもありつつのお話にはなりますけど。「自分の言葉を、音楽を通して伝えられた」ことは、とても大きな成果になりました。中には、伝わりにくい表現もあると思いますけど、どれも全部わたし自身が記した言葉たち。わたしも大人のように、日々思うこともいろいろとあります。それが伝わる伝わらない以前に、思い感じたままをわたしなりに真っ直ぐ歌詞へぶつけ、それを楽曲に出来たことが、今はとても嬉しく思っています。
今はまだ、わたし自身の想いをぶつけたり、自分自身へ問いかけてゆく内容が多いけど。近い将来には、Re:inAの音楽を聞いてくれる人の心を動かせれば、何かしらの変化や影響を与えていける楽曲を表現していきたいなとも思っています。

――むしろ、今は…。

Re:inA:自分の気持ちを言葉にして届けたいです。

『Blooom〜ver.H31』

――ここからは、収録曲に込めた想いを解説していただきたいなと思います。冒頭を飾ったのが、初めて作曲も手掛けた『Blooom〜ver.H31』ですね。

Re:inA:『Blooom〜ver.H31』は、Future Bassというダンスミュージックのスタイルを軸に作りあげました。この曲を作った2018年頃のわたしは、ユニットのメンバーとして活動を続けながら、「どうやったら、もっと自分の個性を出せるのか」「わたしの個性とは一体何なのか」を考えることも多かった時期でした。その想いを突き詰めてゆく中、気持ちが塞ぎ込み、一人泣き明かす夜もありました。同時に、自分の弱い心に負けずに頑張ろうという想いもあったことから、「今のこの気持ちを歌詞や曲にして残そう」と作ったのが『Blooom〜H31』でした。
歌詞の中へ、「このままじゃ終われないの」や「どんな人の人生だって あなたが主役だって教えてくれた」と記したように、折れそうな心へ自分でそう言い聞かせながら、当時のわたしがいたことを思い出します。わたし自身、「自分の人生は自分が主役」というメッセージを歌にしてきたアーティストの方々の曲に励まされれば、そういう方々も好きだったこともあって、「自分もそうなれたらいいな」と思いながら書いた面も当時はありました。

――アレンジを手掛けたのは、KOHD from XYLÖZさんですね。

Re:inA:K OHD from XYLÖZくんは、前のユニット時代の楽曲の編曲もしてくださっていた、DJもやる方。彼の作る楽曲がとても好きだったことや、KOHD from XYLÖZくん自身が活動しているXYLÖZというグループの音楽も大好きだったことから、「未来を感じれる明るいエレクトロな楽曲にしたい」とお願いをしたら、今の形に仕上げてくださったように、すごく気に入ってます。ちなみに、今回新たにKOHD from XYLÖZくんにアレンジもバージョンアップしていただきましたが、わたしの歌声自体は当時のままを使っています。

『Like a NEVERLAND』

――続いては、とてもアンニュイな表情を持ったポップナンバーの『Like a NEVERLAND』。

Re:inA:大切な人と過ごす時間は、それがたった1時間だろうと特別な時間になる。そういう想いを歌詞に込めたのが『Like a NEVERLAND』になります。歌詞へ「黒い大人たちの中で生きる」と記したように、たとえ嫌な人たちがまわりにいたとしても、本当に味方でいてくれる人がいれば、そういう環境の中でさえも幸せを感じ取れる。そんな想いも投影しています。
中へ「僕の少年が呼び起こされる」と書きましたが、20代を越えたら、大人としてしっかりしなきゃいけないときってたくさんあるじゃないですか。だけど、ホンマに仲良い友だちや心許せる人といるときくらいは、無邪気な子供に戻って楽しめたらなぁと思うことが多いように、その気持ちも歌にしてみました。聞いてくれる人たちも、”君”を、その人が大切に想う人と重ねあわせて聞いて欲しいなと思います。

――編曲を手掛けたのが、福井一史さんになります。

Re:inA:編曲を手掛けた福井一史さんは、ミライスカート時代にライブ制作を手伝ってくださっていた方です。この曲はピアノやギターの音色にこだわりたいな、という思いもあり、以前バンド活動をしていらした福井さんに楽器の音色などを相談しながら編曲をお願いしました。

『Re:minD feat.Yackle』

――最後は、ラップも巧みに取り入れれば、言葉も遊びもしている『Re:minD feat.Yackle』を。

Re:inA:最初に思ったのが、「格好いい音楽をやろう」ということ。だけど、いきなり格好いいことをやろうと思っても難しい。そんな風に思い悩んでいるときに「結局楽しいが一番なんだよ」「とびっきり格好いいことをやってしまえ」という言葉が思い浮かびバーッと書き上げたのが、この歌でした。歌詞で韻を踏んでいるのも、わたしなりの遊び心を持った挑戦のように、ラップの要素も加えた歌詞にもなりました。
この楽曲の作曲と編曲を手掛けたYackleくんは、わたしと同じ奈良県出身で、まだ18歳の子。同じ地元であり、とても才能を持っていることから共演したくてお願いをしました。

ときにはDJねこさんとてしても、Re:inAの音楽を発信し続けていきます。

――Re:inAとしてのヴィジュアル面も嬉しい衝撃でした。

Re:inA:今回の4曲入りEP配信のタイトルへ、わたしは『HLGRM』(ホログラム)と名付けました。キラキラとしたメイクを施した目をクロースアップした写真をアルバムのジャケットにしたのは、ホログラムには「キラキラとしたメイク」という意味もあることが一つ。ホログラムとは、観る角度によって変わっていく図柄のこと。今回収録した4曲は、どれも異なるジャンルのように、「じつは、こんなことを思ってたんや」など、聞く人によってわたしを観る目や捉え方が変わっていくと思います。わたし自身、作る以上は、その反響が良くても悪かろうと、とにかく印象に残る作品にしたかった。とくに歌詞においては、聞く人の印象を気にすることなく自分が思ったままの言葉として書き記しました。まさに、聞く人次第でRe:inAというアーティストの見え方や捉え方にも変化が生まれる作品。なので、『HLGRM』と名付けています。ヘアスタイルも、Re:inAの活動に合わせ、あえて金髪にとガラッと変えましたからね。

――エレクトロ+スタイリッシュでポップな楽曲なのに、けっこうエグい表現もしているように、毒づいたポップス感も魅力的だと感じました。

Re:inA:Re:inAとしてはどれも、ホンマに思っていることを何もコーティングせずに、言葉も選ぶことなく、感じた想いのままに伝えています。何よりこの『HLGRM』というEPは、「一人で活動をしていく」と決めながらも悩み葛藤している気持ちや、「これからやっていく」強い決意など、楽曲に投影した音楽性も含め、Re:inAとしてやりたいことをしっかり伝えられた名刺変わりの1枚にも仕上がりました。ぜひ、一度耳にしてもらえたら嬉しいです。

――5月31日(金)には、北堀江 club vijonを舞台に『HLGRM』のリリース記念となる主催イベント「prsm」も行います。

Re:inA:Re:inAとしては数多くのライブを行うのではなく、1本1本のライブにこだわりを持ってやっていきたいなと思っています。もちろん大切なタイミイングのときには、こうやって今回のような主催イベントも開催していこうと思っています。この日のライブに関しても、こだわりを持った企画を繰り広げますので、『HLGRM』を聞いて気になった方は、ぜひ足を運んでください。これからもわたしはRe:inAとして、ときにはDJねこさんとしても音楽を発信し続けていきますから。

TEXT:長澤智典

◆Re:inA twitter
@aitani_reina

◆Re:inA Instagram
@aitani_reina

◆DJねこさん
@dj_necosan

★音源情報★

4曲入りEP配信 [HLGRM] 2019.04.24(Wed)
1.「Blooom 〜H31」
2.「Baby Crying」
3.「Like a NEVERLAND」
4.「Re:minD feat.Yackle」

iTunes / レコチョク他で配信!

★LIVE情報★

Re:inA
【公演名】prsm (プリズム)
【日程】2019年5月31日 (金)
【時間】開場18:30 / 開演19:00
【場所】北堀江club vijon (大阪市西区北堀江1-22-3)
【料金】 ¥3,000 前売 ¥3,500 当日 別途drink代必要
【出演】Re:inA / 脇田もなり / DJ ねこさん / XYLÖZ / Yackle / and more…
【プレイガイド】4/6 10:00〜

https://eplus.jp/sf/detail/2919220001-P0030001

DJねこさん
栗原ジャパンツアー 東京編
5月4日(土)
渋谷Star lounge
OPEN17:00 / START17:30
出演:栗原ゆう / メイビーモエ / 麻美ゆま / DJねこさん / and more…

2019-04-23T21:49:34+09:002019年 4月 24日|Categories: ニュース記事, ライブ・イベント情報, リリース情報|