離れていても繋がっている「人と人との深い繫がり」を描いた感動ムービーが公開!!元AKB48 大島涼花、2.5次元俳優 蒼木陣なども出演!

/離れていても繋がっている「人と人との深い繫がり」を描いた感動ムービーが公開!!元AKB48 大島涼花、2.5次元俳優 蒼木陣なども出演!

離れていても繋がっている「人と人との深い繫がり」を描いた感動ムービーが公開!!元AKB48 大島涼花、2.5次元俳優 蒼木陣なども出演!

一般社団法人 日本損害保険代理業協会(会長:金子智明)は、Web限定動画「繫がり ~離れていても 繋がっている~」を公開いたしました。本動画は、「ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン」の喜多一馬役など、2.5次元でも活躍する俳優 蒼木陣や、元AKB48で現在女優として活躍中の大島涼花などが出演。「離れていても 繋がっている」をテーマに、主人公を取り巻く、 人間関係を描いた感動ムービーとなっている。

◆動画ストーリー
就職して3年、慣れない仕事もがむしゃらにこなしてきたある日、健太は思わぬ体調不良に見舞われる。しばらく休職することとなり、1ヶ月が経過していたが、友達や同僚からの連絡は一切なし。学生時代からの親友とは、仕事中心の生活を続けたことで疎遠となり、SNSで近況は知っていたものの今さら連絡は出来なかった。そんなある日、以前仕事先で競い合ったライバル会社の営業マンから励ましのメッセージが…。その数日後には、疎遠になっていた学生時代の親友2人が突然訪れてきた。健太は、離れていても、繋がっている人達がいたことに気付き、涙を流した。

【大島涼花 出演コメント】
設定の年齢が25、26歳だったので少しでも大人に見えるようにだったり、友達を思う気持ちや励ます気持ちだったり繊細な部分をうまく表現できるように心がけました。式場を決めるシーンは初めての体験だったのでとても新鮮でした!!

「繫がり~離れていても繋がっている~」PR動画 概要

タイトル名:「繫がり ~離れていても 繋がっている~」
出演:蒼木陣、大島涼花(元AKB48)等
動画尺:3分55秒

離れていても、繋がっている!?友人やライバルとの深い繫がりとは〜ムービーあらすじ〜

主人公の健太。就職して3年、慣れない仕事をがむしゃらこなしてきた。 (00:00頃)

ある日、病気になってしまった。そのため1ヶ月間、誰とも話をしていなかった。(00:22頃)

学生時代の回想シーン。学生の頃からいつも3人で一緒に行動していた。(00:25頃)

営業成績も好調。ぐんぐん伸びているのが自分でも分かり、仕事が楽しくなっていた。(00:55頃)

いつしか仕事が中心となり、学生時代からの親友とは疎遠になっていった。(01:00頃)

仕事は順調。ライバル会社の営業マンを面罵し、案件を取るほどに腕を上げた。(01:19頃)

健太に面罵され困惑するライバル会社の営業マン。(01:20頃)

友達からも同僚からも連絡はない。SNSで親友の近況を知るが、今さら連絡はできず。(01:39頃)

疎遠となっていた親友の大樹は、地元企業へ転職が決まり、山形に戻ったらしい。(02:01頃)

もう一人の親友 真衣は結婚相手に巡り合い、挙式の準備に忙しいらしい。(02:06頃)

そんな状況の中、以前仕事先で面罵したライバル会社の営業マンからメッセージが…。(02:17頃)

思いがけない相手からのメッセージに涙が止まらなくなる健太。(02:37)

数日後の朝、疎遠になっていた親友の大樹と真衣 がお見舞いにやってきた。(03:03頃)

自分には、離れていても繋がっている人がいた。健太は、その存在に感謝した。(03:21頃)

◆出演者プロフィール

■蒼木陣(Jin Aoki)
2013年デビュー。主に舞台俳優として活躍。2015年に結成されたサンミュージックの若手俳優で構成される俳優ユニット「SUNPLUS」のメンバー。
「ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン」の喜多一馬役でブレイクし、舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』の藤原尊役で初主演。最近では舞台 弱虫ペダル 新インターハイ篇〜ヒートアップ〜の黒田雪成役としても活躍。

■大島涼花(Ryoka Oshima)
2011年9月、AKB48第13期研究生オーディションに合格し、同年12月に劇場デビューを果たす。2014年11月には『希望的リフレイン』で初めて選抜メンバー入り。2016年3月にチームB副キャプテンに就任した。2017年6月8日、同グループを卒業。
現在は女優として舞台や映画など、新たなステージで活動中。10月には舞台「白と黒の同窓会〜まさかのダブルブッキング編〜」で初主演を務める。12月に出演映画の公開と舞台出演。2018年1月と2月にも舞台出演を控えている。

◆挿入歌アーティスト

■Renow(レノウ))
シンガーソングライター。2015年9月から都内を中心に活動を開始。唯一無二の声質と、持ち前のバラード力を武器に、各方面から高い評価を受ける。2016年12月、3曲入り1st Single『そして少年たちは踊る』をリリース。2017年より、毎月『Renow cover series』を公開。2017年11月『Renow produce live vol.1』開催。

■楽曲情報
タイトル:『そのことば』
作詞:Renow 作曲:Renow 編曲:宇佐美宏

損害保険トータルプランナーとは

損害保険トータルプランナーは、損害保険に関連する法律・税務等の知識を基に、コンサルティングに関する知識や業務スキルを修得した保険募集のプロフェッショナルです。
一般社団法人 日本損害保険協会は、損害保険募集人が品質向上を図るため、損害保険大学課程を実施しています。損害保険大学課程「コンサルティングコース」は、「専門コース」で修得した損害保険に関連する法律・税務等の知識を基に、より実践的な知識や業務スキルを修得するコースで、修了・試験合格後には、「損害保険トータルプランナー」として認定されます。

■「損害保険トータルプランナーとは?」

家を買い新生活がスタートした家族。しかし、車の運転、地震、火事な ど将来の不安は尽きないもの・・・
そんな時は保険に入ろうと思ったものの保険に詳しくないので金額だけで判断しようとする。そんな時に現れたのが森の賢者ふうた君。ふうた君のアドバイスで二人の保険の考え方が変わっていく・・・

一般社団法人日本損害保険代理業協会(日本代協)とは

損害保険の普及と保険契約者の利益を守るため、常に代理店の資質の向上に努める「損害保険代理店」の団体です。本部と47の都道府県損害保険代理業協会により構成されています。本会は、損害保険の普及と保険契約者及び一般消費者の利益保護を図るため、損害保険代理店の資質を高め、その業務の適正な運営を確保し、損害保険事業の健全な発展に寄与するとともに、幅広く社会に貢献するための活動を行うことを目的としています。

■公式キャラクター「森の賢者 ”ふうた”」

2016年11月、損害保険代理店の役割や代協の活動を消費者に広く知っていただくことを使命に日本代協キャラクターとして誕生しました。消費者と代協会員をつなぎ、安心・安全のために幅広く活動していきます。「子ども110番の保険代理店」、「ぼうさい探検隊」、交通安全、地震保険等の街頭啓発活動などなど・・・

2018-01-19T12:52:12+00:002018年 1月 19日|ニュース記事|