Shibu3 project:「EDWIN JERSEYS」新CMプレス発表会

Shibu3 project:「EDWIN JERSEYS」新CMプレス発表会

株式会社エドウイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林史郎)は、発売から10周年をむかえる「EDWIN JERSEYS(ジャージーズ)」の2021年秋冬版の発売に伴い、本日9月30日に「EDWIN JERSEYS」秋冬新CM発表会を開催した。イベントではCMキャラクターを務める霜降り明星の2人が登場し、CMエピソードのほか、ベストジーニスト受賞に向けたオリジナルポーズを披露。また、新CMで「EDWIN JERSEYS」のラクさ・ノビ感を表すオリジナルダンスを一緒に踊ったShibu3 project(シブサンプロ ジェクト)のメンバーもかけつけ、「せいや&シブサン」として生ダンスを披露した。

当日は、粗品・せいや、それぞれEDWIN JERSEYSにEDWINロゴトレーナーのおソロコーデで登場。JERSEYSの履き心地を問われると、粗品は「はく瞬間がめっちゃらく。適当に足をいれてもバンってのびるんですよ。そして暖かい。」と上機嫌な様子。一方のせいやは「現場でもめちゃくちゃ履いていて、今日もはいてきました。」と話した。

今年3月に公開されたCMに引き続き、今回のCMオファーがきたことについて聞かれると、粗品は「めちゃくちゃ嬉しかった。何よりエドウインさんに撮ってもらう(自分の)写真が1番小栗旬さんに似ているから。」と 回答、「いや、似てないですよ。」とせいやさんの冷静な突っ込みが入り会場が笑いに包まれた。

一方のせいやは「アメリカンドリームです!」と話し、「前回のCM(2021年3月~放映)では『足つぼマッサージ』を受け痛い思い出しかなかったのに、今回はダンスを踊れたんですよ!」と目を輝かせ、「しかも、3月にあったCM発表会でアドリブでやった『リズムネタ』をCMのダンスに取り入れてもらって!社長の発想がまさにJERSEYS!(のびやか)」と喜びを爆発させていた。

今回、初めて新CMを見た2人。CMで歌とギター演奏を披露した粗品は、楽譜がなく即興だったことを明かし「スタッフさんは僕のことをMIYAVIさんやと思ってる」(とツッコみ)。
CM内でShibu3 projectのメンバーとダンスユニット「せいや&シブサン」を結成したせいやは「みんなで何回も踊ってホント頑張りました!終わるころにはこのチームで1年やってきた位の気分になったほどです。EDWINさんとこのメンバーで全国営業回りますよ!!」と新たなビジネスプランを明かし、粗品さんも「エドウインならワンチャンあるよ」とにやり顔を浮かべていた。

イベントでは、先日ノミネートが発表された「ベストジーニスト賞」についての話題にも。惜しくもノミネート入りを逃した2人。MCより、来年のノミネート入りを狙いお茶の間へのアピールを振られると、女優の菜々緒さん風の美脚ポーズを見せたせいや。「せせ緒(せせお)です!」と満面の笑みを浮かべ、「せせ緒爆誕!」と新たなギャグ誕生に嬉しそうな表情を浮かべていた。一方の粗品はTBS系「SASUKE」のエリア「フィッシュボーン」を突破している姿をイメージしたというマニアックなポーズでアピール。せいやから「誰がわかんねん!」とツッコまれてもなおもポーズを続け、「SASUKEも出れるくらい伸びるJERSEYSやから」とJERSEYSアピールをしていた。

発表会後半では、スペシャルゲストとしてShibu3 projectメンバーがかけつけ、ダンスグループ「せいや&シブサン」で「ジャージーズのうた」のダンスを披露。ダンス前には独特な掛け声で士気を高めるせいや。ダンスが終わると、「ヤッター!!」とメンバーと両手を掲げて喜びあい、会場が笑顔と一体感に包まれた。

2021-10-01T02:31:43+09:002021年 10月 1日|Categories: Shibu3 project, ニュース記事|