【速報レポート】TIF2019 1日目: ゆるめるモ! ライブレポート@ DOLLFACTORY『ゆるめるモ!の描いた、ジワジワと深く染み込む世界に、何時しか気持ちは溶け込んで…』

【速報レポート】TIF2019 1日目: ゆるめるモ! ライブレポート@ DOLLFACTORY『ゆるめるモ!の描いた、ジワジワと深く染み込む世界に、何時しか気持ちは溶け込んで…』

世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(略称:TIF)」は今年も8/2、8/3、8/4の3日間で開催。セカイベでは速報ライブレポートをお伝えする。

今回はDOLLFACTORYにて行われた、ゆるめるモ!のステージをライブレポートにてお届けする。

メンバーの登場に会場中の人たちが、一斉に沸きだした。その熱とは裏腹に、メンバーたちは可愛らしさを振りまきながら『逃げろ!!』を緩いムードで歌いだす。ファンたちの熱した気持ちを軽くいなすように、舞台上に無邪気にはしゃぎ歌うメンバーたち。ときには逃げ出すことも勇気や大事な決断ということを知っているからこそ、彼女たちは笑顔で舞台の上をかけまわりながら「今日は逃げる しかたないでしょ」と歌いかけてゆく。その姿勢が、つい惹かれ、彼女たちと一緒にフロア中を駆け回りたい気分だった。
『ネバギバ酔拳』を、力強くパワフルに歌いながら、ゆるめるモ!のライブは熱を上げだした。ウキウキとした気持ちが次々と身体中から沸きだす。彼女たちと一緒に騒ぎ続けたい。途中、ほろ酔いした雰囲気でダンスを踊るメンバーたちの姿も。気持ちを解き放ち、自分たちのペースへ観客たちを巻き込む、そのスタイルを感じるたびに、彼女たちのライブにどんどん惹かれてゆく気持ちを抑えられない。
最後にゆるめるモ!は、『さよなら世界』を歌唱。胸をキュッと疼かせる楽曲に合わせ、会場中の人たちが一緒に胸のときめく鼓動を重ね合わせていた。次第に、ファンキーに熱を上げてゆく。とても寂しい歌詞なのに、曲が次第に熱を上げていくからか。孤独を感じる歌に触れながらも、何処か客観的な視点で彼女たちの歌を受け止め、一緒に心地好く気持ちを上げる人たちが会場には多く見受けられた。
何時だって、緩ーいのに、胸にジワジワと染み込んでゆく歌世界に彼女たちは魅了してゆく。だから、ゆるめるモ!のライブに触れたくなる。

TEXT:長澤智典

【セットリスト】

1.逃げろ!!
2.ネバギバ酔拳
3.さよなら世界

2019-08-02T15:43:30+09:002019年 8月 2日|Categories: TIF2019, グループ情報, ライブレポート, ライブ・イベント情報|