ゑんら:【振り返りライブレポート】じゅじゅ ねうバースデーライブ 『ねうぱ!’19- BIRTH DAY LIVE -』〜ねうちゃんのお誕生日を存分に祝った大熱狂のライブ〜 ゑんら編

ゑんら:【振り返りライブレポート】じゅじゅ ねうバースデーライブ 『ねうぱ!’19- BIRTH DAY LIVE -』〜ねうちゃんのお誕生日を存分に祝った大熱狂のライブ〜 ゑんら編

じゅじゅのメンバー、ねうが3月28日に誕生日を迎えた。その誕生日をお祝いするために、今年も「ねうぱ!」と題した生誕祭が『『ねうぱ!’19- BIRTH DAY LIVE -』というタイトルで行われた。様々なグループが出演し、ねうの誕生日を大きく祝った。そしてステージではどのグループも大熱狂のステージを展開。会場の渋谷 WOMB LIVEは終始、高い熱量があった。そんな素晴らしいイベントに完全セルフプロデュースアイドルグループ、『ゑんら』が出演。その独自の世界観で、会場を大きく盛り上げていった。今回はねうぱ!からゑんらのステージをレポートでお伝えする。

じゅじゅ、ねうを祝うパーティーで、ゑんらの出番は2番目だった。
OPSEが流れ、独特な雰囲気が流れつつも、観客はクラップを行いメンバーの登場を期待していた。そしてどんどん熱量が上がっていった。

一曲目は表現力の高い歌唱と共に大きく盛り上がっていくキラーチューン「アンバランス」を披露した。滝口きららから木乃伊みさとへ、そして滝口ひかりへと歌い繋いでいき、楽曲がスタート。力強いベース音が会場に響き渡っていく。「ゑんら、いくよー!」と観客を煽るとその後、凄まじい歓声が会場に響き渡っていった。「オォイ!」と大きく歓声を上げ、そしてコールが響いていく。
そして木乃伊みさとが感情を存分に乗せた歌唱を魅せていく。この曲の主人公と2人の関係との間に過去の”何か”あったような不思議な世界観をメンバーは見事に表現。この楽曲とパフォーマンスは胸に突き刺さる。そんな素晴らしい表現ができるのが、ゑんらの素晴らしいところだ。3人は楽曲の世界観を体現するように気持ちを込めて歌っていった。サークルになって回り、シンクロ率の高いダンスを魅せていった。
サビではメンバー、観客が手を上げて振っていった。そして、「オォー!オォー!」と声を出し、コールしていった。3人は手を上に上げたり下げたり、流動的なダンスを魅せていく。そして更に木乃伊みさとが更に観客を煽り会場を熱くさせていった。
終盤は木乃伊みさとのこぶしの効いた力強い歌声を披露、ジャンプを観客と共にし、この楽曲を終えた。コールや歓声などでスタートから既に会場の熱量は凄まじい。

そして2曲目は「呪いの飴」。枠に囚われないアイドルだけあって、楽曲ジャンルの豊富さはゑんらの魅力の一つだ。「呪いの飴」は疾走感の溢れるサウンド乗せて、3人はファルセットを使った綺麗な歌声を出していく。そしてキラキラしたサウンドで勢いは増していった。エレクトリックなメロディーが含まれている非常に魅力の一つ。本当にサウンドも魅力的だ。そしてダンスでは、頭を振り、手を出し、ジャンプするなど、キレのある素晴らしいものを魅せていた。サビでは、手を上げて大きくジャンプ。観客もそれに合わせてジャンプして一体感が出ていた。『3秒ルールで美味しく食べてね』のパートでは、手で”3”を差し出すというフリも特徴的だ。最後まで綺麗に歌い上げ、この楽曲を終えた。この楽曲の勢いそのままに会場はゑんらの世界観の虜になっていた。

ここでMCを挟み、自己紹介を行なった後、じゅじゅのねうに向けてお祝いの言葉を贈った。また4/24に全国流通盤『妖怪ディスコ』をリリースすることを告げ、『ゑんら 10,000枚チャレンジ』を行なっていることも観客に伝えた。この『ゑんら 10,000枚チャレンジ』というのは、3ヶ月の間に『妖怪ディスコ』を10,000枚売らなければゑんらは解散、10,000枚売り上げると、ツアーファイナルとして、新宿BLAZEでライブができるというもの。
このゑんらの本気の、覚悟を持った取り組みはぜひチェックして頂きたい。そしてゑんらは高い魅力があるので、ぜひその虜になって頂きたい。

そしてライブに戻った。
次の曲は3月のワンマンライブで初披露された「君がいない」。木乃伊みさとによる作詞の楽曲で、”僕”と”君”との曖昧な関係がありながら、”君を想う”という、想像をかき立てられるのが魅力の、ゑんらにとって初のバラードナンバーだ。ピアノが中心に構成された綺麗なメロディーに対して、3人は丁寧に美しい歌声で、しっとりと歌い上げていった。そしてゆっくりとステージを移動したり、ゆっくりとサークルになって回ったりと、歌唱も含めてこの楽曲の世界観を存分に表現していった。そんな世界観の中の感情を表情に出し、表現し、端麗な姿を魅せていた。最後まで美しさが目立ち、観客の心を撃ち抜いた。それくらい素晴らしいパフォーマンス、楽曲だった。

4曲目は「迷い地縛霊」。スタートから観客はクラップをし、会場は盛り上がっていった。スタートではカクカクとした後、上半身を動かしたダンスを魅せ、そしてサークルになって回っていった。滝口ひかりの歌唱の合わせて、木乃伊みさと、滝口きららの2人はその周りを回る。後ろ向きになったところからサビに入り、それに従い振り返って、サビの歌詞『カランコロン、カランコロン』と強く歌い上げていった。手を上げて大きく振り、観客もそれをフリコピする。そして勢い、熱量がどんどん出ていった。そんなゑんらと観客の関係性が非常に素晴らしかった。終始、ゆっくりとしたパート、勢いのあるパートとうまく強弱をつけたパフォーマンスで、観客を魅了し、ゑんらのステージへと引き込んでいった。最後はクールにポーズを決め、終了した。

ゑんらのステージ最後の曲は「さよならを教えて」。こちらは昨年12月にリリースした楽曲だ。観客はリズム感の強いサウンドに合わせて、ビートを刻みながらクラップしていった。パワフルな歌唱はこの楽曲の魅力の一つで、心を震わせる。『ハローハローハロー』では体を揺らし、サビへと続いていく。そしてサビではアクセル全開するかの如く、凄まじい勢いで進行していく。拳を振って、気持ち良く歌い上げていった。ファンも手を上げ、揺れ
ていき、ボルテージは最高潮になっていた。メンバーの3人も拳を振って煽っていった。終盤では滝口ひかり→滝口きらら→木乃伊みさととソロを歌い繋げていった。最後の最後まで力強い歌唱と激しくキレのあるダンスを魅せて観客を虜にしていた。

こうしてゑんらの約25分のステージは終了した。ゑんらの楽曲、パフォーマンスは非常に素晴らしく、一度聴いて、見たらハートを掴まれるに違いない。ぜひこの記事を読んで少しでも気になった方は一度、調べてみてほしい。後悔はしないはずだ。

【セットリスト】

1.アンバランス
2.呪いの飴
MC
3.君がいない
4.迷い地縛霊
5.さよならを教えて