ゑんら:【イベントレポート】ゑんら、木乃伊みさと生誕祭「みいら博覧会」『いつものゑんらとは違ったアコースティックでの楽曲披露で心地の良い空間が広がったイベント そして木乃伊みさとに向けられた大きな愛』

ゑんら:【イベントレポート】ゑんら、木乃伊みさと生誕祭「みいら博覧会」『いつものゑんらとは違ったアコースティックでの楽曲披露で心地の良い空間が広がったイベント そして木乃伊みさとに向けられた大きな愛』

滝口ひかり、木乃伊みさと、滝口きららの3人組完全セルフプロデュースアイドル「ゑんら(読み方:えんら)」は8/30から全国ツアー「ゑんら道中」がスタートした。そんな中、メンバーの木乃伊みさとは9/9に25歳の誕生日を迎える。そんなおめでたい日を前に、木乃伊みさと生誕祭が9/1に渋谷LOFT9にて、生誕祭「みいら博覧会」が開催された。全編、ゑんらの楽曲をアコースティックで披露したり、渋谷LOFT9という会場を生かして一緒にお酒を飲んだりと終始、リラックスしたピースフルなイベントを展開。そして木乃伊みさとの誕生日をお祝いすべく、多くの人が集まり、みさとならではのプレゼントなどがされ、終始祝福ムードだった。そんなみさとへの大きな愛で包まれた、生誕祭の様子をレポートにてお届けする。

今年も木乃伊みさとの生誕祭が開催された。今年の会場は渋谷LOFT9。飲食物をオーダーできる、お酒も飲める会場で、終始リラックスした雰囲気で、心地よくゑんらの音楽を存分に味わうことができた。そして全員が木乃伊みさとの誕生日をお祝いしようと、祝福ムードが常にあったイベントだった。

イベントがスタートすると、ゑんらの3人が登場。席に座り、早速ゑんらの楽曲を、アコースティックギターとカホン(ドラムのようにリズムを作る箱のような楽器)のみで披露。つまりゑんら楽曲をアコースティックVer.でファンのみんなに届けるのであった。

最初のブロックでは、「心中ミッドナイト遊園」 「キミノセイ」の2曲を披露した。いつもと違ったサウンドで新鮮な気持ちさせられたが、ゑんら3人の美しい歌声のハーモニーは変わらない。アコースティックVer.でも聴いても非常に良いと感じるのだから、やはりゑんらの音楽は素晴らしい。そう思わせてくれた。3人の綺麗な歌声が会場に、そして観客一人一人の心に響いていく。観客は手拍子で優しい雰囲気を作っていった。

最初のMCでは、生誕祭に来場して頂いたことに感謝を述べた。その後、このような形式で生誕祭を行うことが初めてであるため「頑張ります!」とみさとは意気込んでいた。
そして飲食可能であることから、観客と乾杯をすることに。木乃伊みさとはお酒が好きということもあり、ビールを注文。滝口ひかりから「みさと!おめでとう!」と乾杯がされた後、再度楽曲を行うことになった。

次のブロックでは『10,000枚チャレンジ』で対象となったシングル「妖怪ディスコ」、感情をストレートにぶつけるナンバー「つぼみ」の2曲を披露。3人は気持ちを込めて歌い上げていった。時にファルセットを用いながら、3人の綺麗な歌声が響く。素晴らしいアコースティックの音色、ゑんらの歌声。この2つだけでも満足度は高い。

続いてのMCでは、予め観客が飲食物をオーダーした際に配られた抽選券のプレゼント当選者発表が行われた。プレゼントは木乃伊みさとによる水彩絵の具を用いたイラストだった。2名が当選し、喜びの様子を浮かべていた。また最近のみさとのイラスト制作事情について話が。最近は専らデジタルでイラストを書いているそう。だから手書きで書いた、今回のプレゼントされたイラストはレアとのこと。みさとは「私が有名になったら売ってください(笑)」と言い、きららは「すぐ(売った人が誰なのか)バレるけどね(笑)」と突っ込み、笑いを誘っていた。

そして次のブロックでは「ゑんらにおまかせよ」 「さよならを教えて」 「リンネ転生」 「迷い地縛霊」の4曲を披露。ゑんらのライブをいつも支えている楽曲達だ。3人は時に勢いをつけながら丁寧に歌い上げていく。

この楽曲披露の間で随時みんなドリンクを飲んでおり、木乃伊みさとは前述の通り、ビールを飲んでいたので、その繋がりで最近の飲酒事情を話していた。『10,000枚チャレンジ』期間、禁酒をしていたみさと。その封印されていたお酒が解禁されてからは、反動からすごく飲むようになったと話す。ライブの前日は飲まないようにしているらしいが、オフの日はよくお酒を飲んでいるらしい。

楽曲を連続で披露した後は、みさとへみんなからプレゼントが贈呈された。まずはスタッフから花が贈呈され、ファンからある物がプレゼントされた。まずはメッセージカードが入ったアルバム。そしてガスバーナーで溶かすチーズをプレゼント。お酒好きのみさとにとっておつまみにして欲しいとのことでのプレゼントである。またお酒繋がりで、色が綺麗なおちょこもプレゼントされた。担当カラーの「真紅」の色のおちょこも含まれており、みさとならではのプレゼントと言ったところだった。

その後、全員で記念撮影を行った後、年齢を重ねるにあたり、3人は今までのことを含めた、今の考えを少し語ることに。

みさとの話によると、日に日に自分が変化していると話す。だからこそ常に見ていて欲しいとのこと。
またここではあるエピソードを語っていた。みさとが21歳当時、ファンから「25歳くらいでは何していると思う?」と聞かれ、その時は「結婚でもしているんじゃない?」と答えたそうだが、結果的に25歳になってもこうしてファンと会える環境がある。もちろん、世間の25歳と言えば、将来やりたいことが見えてきて、環境を変えてしまうことも多々あるだろう。
しかしみさとはそのファンから言われたことを思い返して、今でもこうして活動を続けることができていて良かったなと心から実感していると話していた。当たり前のことだが、この活動を続けているからこそ嬉しいことも、感動することもある。だから続けていくことの大切さをみさとは説いていた。
加えて、約6年ほど近くにいる滝口ひかりはみさとに対して、5年前のみさととは違い、成長したと話していた。特に今では未来のことをよく考えていると語り、感心しているよ、とみさとに伝えた。

この話の流れで、みさとは以前、イラストレーターになると公言していたが、いつから活動するかを決めていなかった。そしてこの日中にTwitterアカウントを作成すると宣言。その夜にはTwitterアカウントが作成され、しっかりと有言実行していた。素晴らしい。

▼木乃伊みさとイラストレーターアカウント

miira. @miira_g

そしてイベントも終盤へ。

木乃伊みさとが初めて作詞したナンバー「呪いの飴」、先日、MVを公開した、ライブでのキラーチューン「アンバランス」を披露してイベントは終了した。素晴らしい生誕祭だった。

木乃伊みさとは”表現者”である。木乃伊みさとのクリエイティブな能力、独自の発想力は素晴らしく、時に多くの驚かせ、素晴らしい物を制作し、発信する。事実、ゑんらの楽曲の制作もそうだが、企画もみさと発信の物は多い。その能力の高さはただただ尊敬するばかりだ。今後もその才能に磨きをかけ、更に有名に、大きくなって欲しい。ゑんらの3人も、木乃伊みさとも可能性は無限大だ。今後もゑんら、木乃伊みさとの活躍に期待しよう。

取材・文:石山喜将(@rayiris_yi) / 写真:菊島明梨(@voulpiw)

【セットリスト】

(全編アコースティックライブ)

1.心中ミッドナイト遊園
2.キミノセイ
MC
3.妖怪ディスコ
4.つぼみ
MC
5.ゑんらにおまかせよ
6.さよならを教えて
7.リンネ転生
8.迷い地縛霊
MC
9.呪いの飴
10.アンバランス
MC